アンテナ1番ドットコムのブログです(#^.^#)

広島でアンテナ工事専門で日々格闘?しています(#^.^#)

電波測定及びお見積りも無料にて行っています。^^

今日午後の部は、広島県の某所にエアコン移設工事にお伺いしました~(^^♪

2017年02月11日 | エアコン工事 広島県 広島市 他

今日午後の部は、広島県の某所にエアコン移設工事にお伺いしました。

ホームページからのご依頼です。^^

 

今回は、事務所のリホームに伴いエアコンの移設工事です。

ご挨拶を済ませ工事開始です。

エアコン自体は、1年位前に家電量販店さんで購入取り付けをして

貰ったそうです。

 

ただ家電量販店さんの施工自体が、あまり信用出来ないとの事で

当社にご依頼をと言う事になった様です。

 

ダイキンさんのエアコンで3.6キロタイプですね。

配管カバーを外して撤去準備です。

やはり何時もの事ながら 貫通スリーブ使用されていませんね。

配管カバー内も1年しか経過していませんが、断熱材もズレてきていました。><

この輪っかが、貫通スリーブの代りでしょうか??

3.6キロタイプのエアコンですが、室内機と室外機を繋ぐVVFケーブルは

1.6×3Cのケーブルを使用して有り 2.0×3Cのケーブルを使用して欲しいです。

右が、VVF2.0×3C 左が、1.6×3CのVVFです。

室外機側に冷房強制運転の方法が、書かれていました。

室内機の運転ボタンを5秒以上長押しです。

ポンプダウン開始です。

これで撤去完了です。

なるべく使用出来る部材は、使用してコストダウンです。

背板を水平器で見ながら固定です。

穴開け完了後 今度は、本当の意味での貫通スリーブを差し込んでいます。

配管カバーもお客様お手持ち品を使用しますが、先ほどの様に配管カバー内で

ズレたり抜けたりしない様にコーテープを巻いて仕上げて置きます。

室内機の完了です。

ウオールカバーは、段差が発生しているのでシリコンで補修をしています。

配管接続後 電動真空ポンプに真空計をセットして真空引き作業開始です。

その間は・・・・・

ドレンテストや・・・・・・

アース工事などなど^^

真空引き作業完了後 真空計の置き針処理です。

赤い針と黒い針を合わせてそのまま規定時間放置します。

規定時間経過後 針にズレが、生じていない事を確認後

バルブを開けてガスを流します。

外は、こんな感じで仕上げました。

電気工事も行い電圧チェック

試運転開始です。

今日も寒いので暖房運転で暖かいですね。^^

 

ご依頼ありがとうございました。m(__)m

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日午前の部は、広島市東区... | トップ | 今日1番目は、広島市安佐南区... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わかりやすい (ティータン)
2017-02-12 17:23:16
これ程、具体的な画像ありの説明は初めてです。
応援します(*⌒▽⌒*)
ティータンさん 初めまして^^ (アンテナ1番ドットコム)
2017-02-12 19:05:06
ティータンさん 初めまして^^

広島でアンテナ工事専門で毎日走り回っています。
ただエアコン工事のご依頼も多いのが不思議??
ここを覗いてくれる皆さんに少しでも参考になればと
毎日の工事をなるべく詳しく記載しています。

ティータンさんのお家でアンテナ工事やエアコン工事を
して貰う時は、少しは参考になるかな??^^

今後とも宜しです。^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エアコン工事 広島県 広島市 他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。