全日本おれたちラリー選手権

バイクで走ったりいじったりラリーしたり。
4輪も2輪もオンもオフも大好き!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遺言

2016-10-11 01:53:38 | つれづれなるままに

はいこんばんわアンテです。 来週に中間考査があるのでこれから2週間ほど更新できません。 だから遺言です。

今日のテーマはまた養子一号についてのあれこれ。 現実にはちっとも進まないのに妄想ではどんどん進みます (笑)。

 

さて、養子一号の今のカラーはシルバー。 というかねずみ色というか。 黒いホイールとの組み合わせはハッとするほどカッコイイ (後ろ斜め下から見ると)のですが、マウンテンキャットから一時移植しているシルバーのホイールなんか合わないし、それ以外の色でもやっぱり合わない。   というわけでオールペンを目論んでいます。 幸運なことに、アンテ2号で使うかと思って買ったスプレーが2本もあります。

アサヒペンの2液ウレタンスプレー。 よくお世話になってます。 アンテ2号の青はこのシリーズのウルトラマリンというのを使いました。言ったっけ?

ミッチャクロンは余ったものです。 

これ1本あればロードバイクのフレーム全部塗れます。 それでも余った気がする。 赤と黒はそれぞれ2本目ですが、赤はなんかサーモンピンクに近かったなぁ。 金属地肌に塗ったからかも。 

これで養子一号をリニューアルさせたいと思います。 ・・・あー、オールペンと言ったけど、全部は塗らないかもしれません。 スイングアームだけ塗装とか。 ま、とりあえず塗るということで。

 

はい次。 バーとステム。 前回シフター云々言ったけど、結局バーとステムを換える方が先ですね。 なんとなく。

TRUVATIV  HUSSEFELT Riser Comp   なんかCompって付くと安っぽくなりますよねぇ。 

同じく HUSSEFELT。 このー、なんですか? あえてTRUVATIVをチョイスするっていう・・・渋さ?

こういうのもあります。 RACE FACE  CHESTER。

同じくCHESTER。 う~んこっちもカッコイイ。

でもTRUVATIVの方が安い。(ステムはおんなじくらいですが、やっぱりバーと合わせたい)

今回(?)の改造にあたっては、ハンドル周りにコダワろうと思ってます。 ワイドバーに凹凸が少ないグリップ、2フィンガーのブレーキレバーetc...

googleで検索するとカッコいいハンドル周りの画像がいっぱい出てきます。 これぞMTB的な。 でも700mmのバーってどのくらい違うんだろう・・・ 

えっ? RENTHAL!? 高くて買えるか!

高いと言えばPOC。 知る人ぞ知る・・・のかなぁ。わかんないけど段々シェアを伸ばしてきてるスウェーデンのメーカー。 メーカーの説明文が超かっこよかったので持ってきちゃいました。

 

「全力でアスリートを重大事故から守る事」 これがPOCのミッションです。POCはスウェーデンの新鋭ブランドです。素材の組み合わせや構造等の特許を取得し、プロテクション性能の向上に日々努めています。ストックホルムは安全、医学、保険、性能試験等、多くの分野においてヨーロッパで最高の技術が集まる中心地です。そんなストックホルムの郊外に位置するPOCの研究所では、素材研究者、インダストリアルデザイナー、グラフィックデザイナー、脳神経科医、脊椎損傷の研究者、各分野の専門家がそれぞれの視点から研究を重ね、優れた製品を開発しています。すべての製品はトップアスリートにより何度もテストされ、プロテクション性能が強化されます。アスリートは常に全力でフィールドに挑みます。そこには擦り傷や打撲、脊椎や脳の損傷等のリスクが潜んでいます。それらのリスクを限りなくゼロにするため研究開発が行われ、優れた製品が生み出されています。POCは製品開発にベストを尽くします。優れた安全性、品質、性能を実現する為には利益や原価に関わる事でも決して妥協はしません。

 

かっこいいでしょー! 特に最後の2文。 オラがPOCを始めて知ったのは確かDanny Macaskillの動画。そう!みんなおなじみダニー! あの人すごいよなー! 

はい逸れました。 その話はまたいつか。 ほんとすぐ逸れるね。 続いて思いついたことを。

かっこいいねー!! SAINTのクランク。 デバイスがかっこいい! 値段的には現実的でない・・・。 

MTBってパーツを見てるだけでも楽しいですよね。 パーツ自体も多いしカラフルだし。 HOPEのブレーキなんてキレイだし欲しいけど、相対的にMTBのパーツって高い。 用途的に負担がかかるからかな。 でもかっこいい!

 

話戻ります。 ペイントの話。 塗った後どうするのか。 そう、ステッカーチューン。 ステッカー貼ります。 ステッカーといってもいろいろありますが・・・

今回は養子一号なので難しいですね。 あんな折りたたみなんちゃってMTBにSANTA CRUZとか笑っちゃうし。 いやサンタクルズじゃなくてもどこでも笑っちゃいますが。 やっぱりオリジナルにしたいよね。 オンリーワンだし。 それにアンテ2号で使ったWRCのステッカー1枚残ってるわヒヒヒ

よくステッカーチューンって聞きますが、あれほんとは難しいんですよ。 車体の色とかステッカー同士の色とかバランスとか配置とか考えることが沢山あります。 完成車みたいにするのはまず無理。 よくベタベタいろいろ貼ってる人もいますが、正直かっこよくない。 別にとやかく言うことではないけど。 アンテ2号は結構おとなしめにしました。 ごちゃごちゃさせたくなかったから。 ワイヤーの色も、ステムのラインの色も合わせました。 全部で3~4色しかなかったんじゃないかな。 まぁMTBはちょっと派手にさせても大丈夫そうですが。

 

今日はここまで。 しばらく更新できませんが、次回更新したときはもしかしたらなにか買っちゃってるかも・・・☆

ではまた2週間後に!

 

 

 


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 養子一号のシフトレバー | トップ | 再開!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれなるままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。