安東 哲 Tetsu Ando LIVE

ピアニスト・作曲家 安東哲の音楽活動を中心としたブログ。ジャンルは多岐に渡り、ライブ、作曲など幅広く活動中。

朗読劇場 vol.1 at CANTALOOPⅡ 2017.2.26お知らせ♪

2017年01月04日 | Live情報
朗読劇場 vol.1 at CANTALOOPⅡお知らせ♪
2017年2月26日(日) 15:00 open/15:30 start
会場 : カンタループ2
大分市都町3-2-30中山第5ビル大分6F
Tel.097-548-5363
Charge:1,500円(1drink付)
出演:コトコバ、山田湧水、
としょがかり(安東哲&安東美和)

今年初めての朗読ライブは、記念すべき
初のカンタループでの開催となります。
題して「朗読劇場」。
今回はコトコバと、としょがかり二組でのライブ
です。また、二組の出演の合間に、
安東 哲ピアノミニライブを企画しております。

としょがかりは今回、官能小説を上演予定。
花房観音の「妻の恋」を、決して耽美で儚げな
世界ではなく、あっと驚く視点から表現
しています。ストーリーを彩る背景の音楽も
しっとりと心に染みます。
日曜日の午後、ホッとひと息、
おとなの朗読ライブをお楽しみ下さい。

コトコバ プロフィール :
コトリ(メインコーラス)とコバク(小獏・メイン
ヴォーカル)のまったりコーラスユニット。
鍵盤ハーモニカやウクレレなど、小さな楽器を
楽しみながらライブ活動をしています。
共に本好きで、コーラスユニットならでは、
の朗読ライブもひっそり楽しく行っています。
サポートメンバーに、ネコキックの山田湧水。
ギターとウクレレ(時々コーラス)担当。

としょがかり プロフィール :
2013年より活動開始。ピアニスト・作曲家の
安東 哲と安東美和夫婦による朗読ユニット。
文学作品の情景に合わせて作曲し、映像のない
ドラマのように仕立てた朗読作品が特徴。
まさに「朗読劇場」という表現がふさわしく、
純文学から推理小説、官能小説までレパートリー
は幅広い。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Jam Session at CANTALOOPⅡ ♪... | トップ | Jam Session at CANTALOOPⅡ ♪... »
最近の画像もっと見る

Live情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。