あんしぶる通信室WEBLOG

日常を非日常を

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土日、

2009年05月11日 11時27分33秒 | 日常
何をしたという事もなく、

掃除したな、
特撮タイムはまだ見ていない、
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

何か書こう,

2007年11月30日 11時16分26秒 | 日常
明日は金沢で酒見賢一『墨攻』の読書会だ,

今晩のナイトスクープに我が家の野獣がでるらしい,

次回の関西での読書会は来年の2月16日にテッド・チャン『あなたの人生の物語』,
詳しいことはまたあとで書こう,

だいぶ寒くなってきた,
今年は雪はどうであろうか?

がんばってバイクに乗ってるけど,
もう,かなりつらい,
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

更新した,

2006年11月10日 00時29分28秒 | 日常
『グラン・ヴァカンス』読書会の情報を更新しました.
最近は読書会のお題がツマランという話題ばっかりなんで,
面白ければよいな,参考図書は『ラギッド・ガール』ですな.

EVE,26日には顔を出す予定,
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

更新、

2006年07月24日 00時52分21秒 | 日常
mixiの方にばっかり書き込んでて、
こっちに書き込んで無くてずいぶん怒られたんで、
久しぶりに読書会の告知を更新しました。
そんな訳でまだまだ未定だらけですがよろしくお願いいたします。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Business is business.

2005年12月04日 07時40分09秒 | 日常
仕事の時間だ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読売新聞の書評

2005年10月11日 02時13分59秒 | 日常
ハイドゥナン : 書評 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
10月9日の読売新聞の書評欄で『ハイドゥナン』が紹介されてた、

評者は国立天文台の助教授をしている方で、
以前はSFを読んでいたが、だんだん読まなくなった。
しかしながら、久しぶりに読んだ『ハイドゥナン』はすげぇって感じのことを書いてはります。

>実際の自然科学を知れば知るほど、次第に空想科学小説のストーリー展開の安易さと、その舞台設定のあまりのリアリティの無さに辟易していったからだろう、それ以来、今に至るまで、その種の小説を自ら手に取ることはほとんど皆無となり、また間違って手にしたとしても決して満足した事は無かった。

と言う、非常に刺激的な文章で、今までのSFと『ハイドゥナン』とは違うのだといってます。

評者がどんなSF作品を読んだのかは分かりませんし、
私もまだ『ハイドゥナン』を読んでないので、
この書評についてなんともいえないのですが、
まぁ、よみうり新聞でSFが採り上げられることによって、
少しでもSFが売れればいいなと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センキョン

2005年09月11日 20時35分30秒 | 日常
御堂筋のイチョウ並木から生まれたかわいい妖精

行ってきた,ミッションコンプリートッと,

イメージソングがかなり萌える.
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事の時間だ,

2005年08月06日 19時11分55秒 | 日常
発売日決まったようですな.
って来週ですやん.

フリクリ DVD-BOX
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋愛頭脳

2005年08月06日 19時10分24秒 | 日常
眞鍋さんと相性診断したぜ.

okiさんとkaworiさんの相性レベルはやや良しです( 相性 67 % )
人生における恋愛 ○ 問題なし
社会における恋愛 ◎ 問題なし
自己犠牲の精神 × okiさんがkaworiさんに見返りのない愛を注ぎ、いずれ朽ち果てます
ルックス ○ 問題なし
財力 △ kaworiさんの恋愛にお金を絡める姿勢にokiさんがうんざりします
安定と刺激 ○ 問題なし
駆け引き ○ 問題なし
許容と束縛 △ kaworiさんがokiさんを好きかどうか、疑わしく感じられます
将来への意識 × kaworiさんは短絡的すぎ、okiさんは先のことまで考えすぎです

とてもやや良しとは思えんなぁ.
とりあえず私が真鍋さんのことを一方的に好きで朽ち果てるようですね.
さもありなん・・・


ちなみにokiさんの恋愛観は,
恋愛感レベル 大人(14段階中5番目)

>社会における恋愛
okiさんは、恋愛より社会を優先します。恋愛について非常にリアルに捉え、ロマンチックなどという言葉とは掛け離れ、他人事のように自らの付き合いを眺めます。彼氏彼女にしてみれば、本当に自分のこと好きなのだろうかと不安になることが多いことでしょう

>駆け引き
とても駆け引き重視に偏っています。okiさんは相手に気持ちをぶつけるよりも、主導権を握ることにいつのまにか終始して、いつのまにか恋愛を終えたりしていませんか?気持ちでぶつかっていくことは疲れますが、相手を操作するだけの付き合いはただの調教です

ノーコメント・・・

okiさんと相性診断したいと言う奇特な方はこちらからどうぞ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SF大会記(1日目その後)

2005年07月20日 02時43分39秒 | 日常
1日目の企画終了後,Junnkie氏およびwhity氏,創設者と合流,
アレクセイは作家さんの集まりで別口で飯を食いに行くようなのでおいてく,
我々は中華街に飯を食いに行く.バイキング方式のお店で食す.
その場にいたのは,
ワシ,凹,duran夫妻,創設者,Junnkie,whityの7人,
味はともかくみんなで食卓を囲んでガヤガヤできて非常に楽しかったです.

その後,duran夫妻と別れ,K.H編集長と合流すべく横浜へ,
なんかもうすごい人出で,どこ入ってもいっぱいといわれ,
なんとかビルの上のほうの飲み屋にもぐりこむ.
それにしても,Junnkie,whity,K.H編集長と並んでるのは壮観であった.
DSFAのレジェンドについての話とか,
エロかったり,バカだったり,SWだったりする話を延々と.

そんな感じで1日目の夜はくれていきました.
楽しかった.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加