グランマのつれづれ

日々の思い、感じることを言の葉にのせて~

カープ 日本シリーズ進出に王手

2016-10-14 23:29:05 | 日記

13日、プロ野球セ・リーグクライマックスシリーズ(CS)ファイナルシーズン第2戦

広島東洋カープは 3-0 でDeNAに勝ち、アドバンテージ1勝を含めて3勝とし、日本シリーズに王手をかける。

1回 田中の二塁打、丸の右前打で先制
3回 丸の犠飛で、田中がホームベースにすべり込み加点
8回 田中右越えのソロホームラン

先発の野村祐輔投手は6回3安打無失点の好投
続く、今村、ジャクソン、中崎と継投してDeNAを無得点におさえる。

 

<球炎>  山本修

(ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥教授は「ビジョン」を重んじて研究に向き合うという)
広島を日本シリーズに導くのは、一戦ごとの明確な勝利像に違いない。
攻撃プランははっきりとしていた。
一回も三回も菊池に送りバント、「一点ずつ」の意思表示である。
言い換えれば「大量得点は不要」まず一点、もう一点、あと一点を加え、
継投で逃げ切る。この一戦のビジョンである。
                  (もう一つ、山中教授は「ハードワーク」を重要視する)

第二戦は、本当に解りやすいそしてその通りに点を重ねていった・・・
監督の采配がよくわかる試合運びだったように思います。

14日、セ・リーグファイナル第3戦  0-3 で負ける。

8回 2死満塁 チャンス到来に新井が凡退 (ミラクルを期待したが、逆転ならず)
    一番田中の4度の出塁を生かせず、無得点に終わった。

   黒田博樹投手は5回までに3失点 流れを呼び込むことができなっかた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カープ CS好発進 | トップ | カープ日本S進出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。