グランマのつれづれ

日々の思い、感じることを言の葉にのせて~

異変

2016-10-12 14:28:30 | 日記

中国新聞:広場 —読者投稿欄―

四季の風情乱れ困惑  東広島市の某主婦の方
   ・・・「温暖化で地球がおかしいよね」と、合言葉のようにさらりと語ってしまう。
    しかし、冷静に考えると空恐ろしいことである。・・・・
    今は一年中緊張状態のようだ。
    息苦しい空気に「あー、しんどい」と口に出る。
    どうぞ~ 未来の子どもたちのためにも、
    穏やかで優しい季節が巡り来るようにと、願わずにはいられない。
                                   (私もそう感じているひとりです)  

<天風録>  2016・10・12付け 引用

農家で「秋の一日、春の七日」という言葉を聞いたことがある。秋の一日の作業の遅れは春の
一週間分に当たるとの戒めである。日は短くなり、ここ何日かで気温も下がった。
農作物には正念場の季節になった
▲相次いだ台風と日照不足のダブルパンチで、多くの野菜が高騰している。広島市内の百貨店の
食品売り場で驚いた。レタスが一玉680円の値札をつけていた。近所の青果店では姿も見かけなかった。
「買ってもらえる値段をつけられない」と店主
▲春先の低温に日照り続きの猛暑。盆明けからは台風が次々と列島を襲い、秋雨前線も居座って農作物が
打撃を受けた。海水温の上昇などが原因とされるが、これも地球温暖化の副産物なのだろうか
▲とりわけ全国屈指の農業県・熊本が心配だ。身近な野菜では、トマトやホウレンソウの産地がある。
ただでさえ熊本地震で被害を受け、天候不順に見舞われたうえに今度は阿蘇・中岳の噴火が追い打ちを掛ける
火山灰の影響が小さいことを祈りたい
▲野菜の高値はしばらくは続きそうで、鍋の季節に向けて家計を圧迫するのは避けられない。
自然に向き合う農家の苦労に思いをはせ、食の大切さを考える秋にしては。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コイ いよいよ きょうからC... | トップ | カープ CS好発進 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。