グランマのつれづれ

日々の思い、感じることを言の葉にのせて~

充実の一日

2017-05-12 21:15:26 | お出かけ

9時に歯医者さんへの予約・・・ そのあとは~

きょうは孫を預からないので、かねてからの念願!美術展へ~
いま開催の美術展はいろいろあるのだけれど、先ずは西の方から行動することに

JR新井口駅から、目的の泉美術館へは徒歩で結構な距離がある。
そこで考えた私は、先ごろオープンしたLECT(レクト・広島商工センター内西区扇2丁目)にも興味があり、
LECT行きのシャトルバスがあるというのでそれに乗った。
なんと大冒険!!初めてのバスは、初めての商工センター内をどんどん南へ向けて走り、海の堤防まで出て東に向きを変え、
ほとんど放水路川手前の道で左折したらLECTの建物東が見えて、まもなく正面に止まった。

ちょっとした冒険気分を味わいました。

新しい「ライフスタイル」を提案する今までにないショッピングモールだというLECTは、ゆったりとした空間です。
距離的に近くの方は、いろんな利用の仕方が出来て楽しいだろうな~と思います。
きょうは噂の「金子屋」の天丼を並んでいただきました。
(10時半過ぎ、まだお昼には早いが・・と思いながら並んだのですが正解!注文した丼の順番が来たのは11時半でした。そのあとの方たちはもっと待たれたことでしょう)

12時 泉美術館のあるXCELL(エクセル)は、LECTからワンブロック西と検討をつけていたのですが、行きにあまりに遠まわりしたので、
迷ってはいけないと結局、再びシャトルバスで始点(アルパークバスターミナル)に戻る。
そしてエクセルまで15分歩く。 (なんのことはない・・・たぶんどちらから歩いても同じぐらいだと思う)

泉美術館 開館20周年記念特別展 「いのちの旗じるし」

柚木沙弥郎(ゆのき さみろう) 
   染色家 1922年(大正11)生まれ94歳
         柳宗悦氏と共に民藝運動を推し進めた芹沢けい介氏に師事する

 

 

「いのちの旗じるし」 柚木氏が掲げる自身の決意:戦国武将が掲げた旗印と同じように、
             型染の技法で「いのち=衣食住」を表現する。

この展覧会のために、広島に思いを寄せて創られた3メートルを超える型染め「こいのぼり」が泳ぐ~

大胆にも、色彩的にも力のある元気をもらう作品に、会場で見ていた方と共感してしまい話をする。
その方から、八丁堀福屋の画廊で開催「吹きガラス展」の情報をえる・・(その方の弟さんの作品)

この後美容院にもいくが、帰宅にはまだ時間がある。
広電電車で街中へ~

第27回 西川孝次 吹きガラス展

平成29年5月11日(木)~17日(水)

三原在住 沖縄にも工房を構え、両方の地で作品を創る
     やさしく、温かみのあるどこか懐かしい感覚のガラス

普段づかいに一つ購入・・ 
食卓の花差しにもなるかな~ ガラス表面の手触り、光の反射にあじわいがある・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« If it's rainy day ・・・... | トップ | 母の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。