社会統計学の伝統とその継承

社会統計学の論文の要約を掲載します。

田沼肇「ソヴェト統計学論争の経過と意義」有澤広巳編『統計学の対象と方法-ソヴェト統計学論争の紹介と検討-』日本評論新社, 1956年

2016-10-17 21:22:53 | 5.ロシアと旧ソ連の統計
田沼肇「ソヴェト統計学論争の経過と意義」有澤広巳編『統計学の対象と方法-ソヴェト統計学論争の紹介と検討-』日本評論新社, 1956年

1950年前後からそれ以降, 統計学の学問的性格をめぐって展開されたソヴェト統計学論争は二期に分かれる。第1期は1948-9年で, 火をつけたのは『計画経済』1948年第3号に掲載された無署名論文「統計の分野における理論活動を高めよ」だった。第2期は1950-54年に掲載された「中央統計局における統計学の理論的基礎に関する討論会の摘要」を契機に, 引き続き一連の論文が同誌に発表された時期である。

 第1期には, 上記論文をきっかけに3つの討論会が組織された。49年5月の科学アカデミー経済学研究所で開催された「統計の分野における理論活動の不足とその改善策」, 8月の農業科学アカデミーでのネムチーノフとルイセンコ論争, 10月に科学アカデミー経済学研究所で開かれた「経済学の分野における科学=研究活動の欠陥と任務」についての拡大学術会議が, それである。

 一連の討論のなかで, 統計学を普遍的科学であるとする立場(ボヤルスキー, ストルミリン, ウルラニス, ピサレフ, マスロフなど), その形式主義的・数学的偏向に批判的な立場(オストロヴィチャノフ, ヴァルガ, スミット, ペトロフ, スハリーフスキー, ソーボリなど)とが明確になり, 趨勢として統計学の実践からの立ち遅れ, 数理統計学を重視したネムチーノフの自己批判が確認された。(科学アカデミー経済学研究所「経済学の分野における科学=研究活動の欠陥と任務」についての拡大学術会議でのオストロヴィチャノフ報告)。コズロフの論文「統計学におけるブルジョア的客観主義と形式主義に反対して」(『経済学の諸問題』49年4月)は, この当時のソ連統計学界の主流を代表する内容のもので, そこではロシアの伝統的統計学の擁護, 統計学における形式主義的・数学的偏向に対する批判, 社会統計学の「数学化」の企てに対する批判, 形式主義的な統計的分析の誤謬の指摘がなされている。

 続いて第2期。旧ソ連の代表的な統計学に関する中央統計局の機関誌「統計通報」が1950年に発刊された。この創刊号には「中央統計局における統計学の理論的基礎に関する討論会の摘要」が掲載され, こうした討論会がこの時期に組織されたことがわかる。討論会では, 統計学を普遍的科学であるとする立場からの主張もあったが(ホルンジー, ピサレフ, ネムチーノフ[上記のように一旦は自己批判したにもかかわらず, 再度, 同じ主張を繰り返した], ラビノビッチ ), 多くの論者は統計学が社会科学であり, 普遍的科学ではない, 統計学の基礎は史的唯物論と経済学であるとするソーボリの見解に集約される立場をとった。もっとも, 独自の対象をもつ科学としての統計学を認めるこの立場にしても, 統計学と経済学との区別は明瞭でなく, 継続審議とされた。また, 統計学を普遍的科学とする立場にも, それを実体科学であるとする立場にも与しない, 統計学を方法論的な社会科学であるとするドルジーニンの見解が表明され, 以後, 影響力をもつことになる。

 以上, 筆者の要約にしたがって, 1950年代のソ連統計学界での学問論争を紹介したが, ドイツでの社会統計学派, フランクフルト学派の内部で行われた論争と比べると, いささか政治色が先行し, また古典からの引用による自説の権威づけが目立つなど, 認識論的に深められていない(ような気がする)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広田純「『統計学の諸問題に... | トップ | 大橋隆憲「統計学=社会科学... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む