社会統計学の伝統とその継承

社会統計学の論文の要約を掲載します。

近昭夫「計量経済学における統計的方法の適用-その問題点をめぐって-」山田貢・近昭夫編『経済分析と統計的方法(経済学と数理統計学Ⅱ)』産業統計研究社, 1982年6月

2016-10-17 20:10:16 | 4-3.統計学史(英米派)
近昭夫「計量経済学における統計的方法の適用-その問題点をめぐって-」山田貢・近昭夫編『経済分析と統計的方法(経済学と数理統計学Ⅱ)』産業統計研究社, 1982年6月

 筆者はこの論文の課題を, 1930年代から50年代にかけての計量経済学の確立期に, 計量経済学における統計的方法の適用をめぐってどのような問題が提示され, またそれがどのように処理されていったかを, 計量経済学の成立以来の主要な研究動向にそって跡づけることとしている。以下に筆者の論点整理を, 要約的に紹介する。

 計量経済学は, 1920年代におけるアメリカの統計的経済学をその実証面で継承し, 方法論として批判的に克服することによって, 1930年代に確立した。その直接的契機として, 1930年12月にフリッシュ, フィッシャーの呼びかけで計量経済学会が創設されたこと, 1933年1月にA.コールズの援助で同学会の機関誌Econometricaが発刊されたことが想起されるべきである。この頃の計量経済学研究は, 統計的需要曲線・供給曲線の導出, それにもとづく需要弾力性の算出が中心であった。このなかで, 統計的方法を形式的に多用すると大きな誤謬が生じてくるという問題が浮上した。難問の一つは, ムーア, シュルツのやり方で需要あるいは供給に関する統計的法則をもとめても, 意味ある曲線が得られないことであり(E.J.ワーキング), もう一つは統計データへの適合度を高めるためにあてはめる曲線の方程式の変数を増やしても, それらの間に高い相関関係があると虚偽の関係式が得られてしまう, いわゆる多重共線性に関する問題である(フリッシュ)。

 1940年代に入ると, 計量経済学の中心課題は, 相互に依存しあう連立方程式の体系として構成されたモデルのパラメータを同時に推定する方法に移った。確率論に基礎をおく統計学研究の成果がそこに取り込まれた。しかし, そこにクローズアップしてきたのは, 多数の変数, 方程式からなるモデルの作成において方程式が特定できず, パラメータが適切に推定されないという問題であった。いわゆる識別の問題である。筆者はこの識別, パラメータの同時推定法の研究を, ホーヴェルモの研究などで確認している。

 次いで, 筆者は相互依存型のモデルをつくり, そのパラメータを同時推定する方法を忌避し, 経済の動態の経過分析に重きをおいたウォルドのいわゆる逐次方程式モデル研究を紹介している。

 1950年代以降は, 40年代の諸研究が理論的・数学的に整理されるとともに(計量経済学的モデル・ビルディング, 識別, パラメータの推定と検定, 連立方程式体系のパラメータを推定するための種々の方法の提示など), それらの研究の成果の現実経済分析への応用が精力的に進められた(需要関数, 消費関数の研究, 大型のマクロ計量モデルの構築[クライン, ゴールドバーガー])など。

 以上, 筆者の整理では, アメリカにおける計量経済学の展開は統計的方法の適用によって生じた問題点の解決の試みに他ならない(計量経済学においては, 統計学が最も大きな役割を果たしていると, 筆者が強調する所以である(p.142)。そのさい問題解決の仕方は, 現実経済の分析に多くの非現実的な仮定をおいて, 問題をもっぱら数学的・技術的に処理することに向けられた。具体的に言えば, 確率論的図式とそれにもとづく統計的推論の導入のさいには, 時系列の各項が独立であるとする非現実的な仮定が要請され, 手許にある時系列データは存在することが可能と考えられる無限の場合の一つの偶然的な発現とみなされた。また, パラメータの統計的推定を可能にするために方程式に誤差項を付加することが必要とされ(これ自体が恣意的な試みである), その誤差項が正規分布することなどがアプリオリに仮定された。
さらに, 識別の問題を解決するために, 一定の変数を無視したり, 内生変数と考えられていたものが外生変数, 先決変数に変えられたりした。関連して, 逐次方程式モデルでも, 因果関係の方向が主観的に一方向的なものと措定された。「モデルの作成も, たんに経済理論を数学的に表現するというのではなく, その際に統計的処理の可能性も同時に考慮して「芸術的」に行わなければならないことになったのである。現実の経済が研究の方法を想定するというのではなく, 統計的方法・統計的推論が可能となるように現実を解釈し, 現実の経済のうえに多くの非現実的な諸仮定を設定して, 数学的・統計的に処理するというやり方がとられることになったのである。したがって, 計量経済学的分析の結果は, 必然的に非現実的なものにならざるをえなくなる」(p.168)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成島辰巳「ジェヴォンスの経... | トップ | 近昭夫「W.M.パーソンズとハ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む