社会統計学の伝統とその継承

社会統計学の論文の要約を掲載します。

内海庫一郎「統計学の対象と方法に関するソヴェト学界の論争について」『経済評論』1953年

2016-10-17 21:17:05 | 5.ロシアと旧ソ連の統計
内海庫一郎「統計学の対象と方法に関するソヴェト学界の論争について」『経済評論』1953年

筆者は旧ソ連で1950年前後に展開されたソヴェト学界の論争について,多くの論稿を表し,この論争を批判的に吸収した代表的統計学者である。執筆された論稿の主なものをあげただけでも次のとおりである。「ソヴェト統計学論争」「オストロヴィチャノフ報告とわれわれの評価」(『科学方法論の一般規定からみた社会科学方法論の基本的諸問題』1962年),「ソヴェト統計理論の現段階」(経済統計研究会訳『ソヴェトの統計理論』Ⅱ補論,1952年),「ソ連統計の動向」(『統計』1956年8月号),「ソヴェト統計学論争」(大阪市立大学経済研究所編『経済学辞典』岩波書店,1965年),そして本稿である。それぞれの論稿の内容は,書かれた時期,掲載場所によって,微妙に異なる。本稿は1952年の『経済学の諸問題』誌上で,統計学の対象と方法に関する論文がかなり自由に発表され,論争の内容が詳細にわかるにいたった時点で書かれたものである。

 最初に終戦直後におけるソ連の統計学の発展が要約されている。ここでは,コズロフ論文および無署名論文が『計画経済』誌上で,ソ連における統計学の立ち遅れとその原因が「形式主義的―数学的偏向」にあるとして,ネムチーノフ『農業統計とその一般理論的基礎』,クレイニンの統計学教科書を直接の対象に批判を加えたことが紹介されている。続いてネムチーノフ=ルイセンコ論争と48年の討論,1950年2月に中央統計局の実務家たちによって開催された「統計学の理論的基礎に関する会議」と1954年3月に科学アカデミー,中央統計局,最高教育省の共同主催による「統計学の諸問題に関する科学会議」における論争を要約している。

筆者はとくにチェルメンスキーの次の論点整理を評価している。「統計理論の主要問題は(1)統計科学の基礎はなんであるか,(2)統計学の対象は何であるか,(3)統計学の方法は何であるかの3つである。・・・統計学は社会科学であり,党派性をもつ科学であり,階級科学である。このことは統計学の科学的基礎が大数法則ではありえないことを意味するものであり,その基礎は弁証法的,史的唯物論とマルクス経済学である。多数の統計教科書の著者たちは,確率論を統計学の基礎とみる点で誤っている。確率論は数学であって,統計学ではない。」「統計学は社会科学であるから市民的統計学者が主張し,若干のソヴェト統計学者もそう考えているように,自然および社会の大量現象がその研究対象であるとするのは誤りである。統計学が経済学と異なる点は,経済学が社会現象の理論的分析を行うものであり,統計学は種々の国々の社会および経済現象の個々の事実や類型の研究を含めて経済諸関係の特定の具体的分析を任務とする点にある。統計的方法の基礎は社会および経済現象の具体的分析,統計的観察に先行する分析である。この分析はグループ分けの基礎でもあり,特定の問題の統計的研究のエッセンスである」。52年論争の主要論点はここに示されているが,新たな論争では数理派批判のあとにどのような統計学の教科書を作成するか,また48年論争の打撃から立ち直った修正数理派の巻き返しにどうこたえるか
がポイントとなった。

 52年論争の紹介で,筆者はコズロフ的見解,チェルメンスキー的見解,ドルジーニン的見解を個々にとりあげて詳説している。ただし,筆者はそれらのどれらにも賛意を示していない。

コズロフは統計学が方法論的科学と主張し,原則として歴史的に具体的な社会現象および過程の水準(規模)と数字的相互関係に関するもの,これらの水準と数字的相互関係の変化にあらわれる社会発展の合法則性の解明を「独特な研究対象」とする。統計学の理論的基礎は,マルクス・レーニン主義の学説で,その方法は唯物弁証法である。ネムチーノフはコズロフを「統計通報」派とみなすが,「統計通報」派は彼をその実体科学の内容の点でも,方法論の点でも受け入れない。

 「統計通報」派の代表的論客であるチェルメンスキーの見解はコズロフのそれに近いが,筆者はむしろ両者の相違に着目している。チェルメンスキーはコズロフを2点で批判する。第一はコズロフが「単一国民経済計算制度」の「統計的組織の諸問題」の究明をおろそかにしていること,第二は統計学の対象を社会現象の数量的変化の面に限定し,質的変化の数字的表現を無視していることである。

ドルジーニンは,かつて数理派に属していたが,この当時は数理統計学の全面的否定論者である。ドルジーニンにあっては,統計学は社会科学であり,その基礎は史的唯物論とマルクス経済学であり,これらに立脚して数理統計学批判の立場を非妥協的に貫こうとしている。

 筆者は続いて,ホルンジー,ピサレフ,ネムチーノフ,ラビノビッチの「修正数理統計学」派の論客の見解を検討している。彼らは統計学の対象を自然現象と社会現象に共通の大量現象(非決定論的現象)と考える。大量現象を研究する統計学は,その特殊な操作と方法を援けとして,対象の合法則性を解明する(実体科学説)。ネムチーノフはかつて統計学の基礎に大数法則をおいていたが,48年論争の後に自己批判した。しかし,ここでは,大数法則がグループ分け以後の段階で有効であると述べた。方法の問題に関しては,統計学の方法は特殊な課題の解決に適用された唯物弁証法であるとされ,具体的にはグループ分けと大量(数)観察であった。ネムチーノフはこの点に関して,「概して統計は補助手段としての数学的方法を広汎に利用しないですますことはできない。しかし統計科学にはそれだけに固有の独特な一つの方法がある。統計的方法は大量観察,数値計算,範疇計算,一般化指標などの研究操作の組み合わせである」「統計的方法における指導的研究操作は範疇計算の操作である」と述べた。

 筆者は「むすび」で次のように書く,「ソ同盟の統計学が,その最も数学的な翼をふくめて,確率論基調の数理統計学から離脱したこと。そのことは1952年論争の積極的意義の一つである。しかし,その離脱過程はいまだ過渡期の状態にあり,数理派的思考基地はいぜんとして強固である場合がおおく,他方において非数理的な翼の側は社会統計学派的諸見解の裡を彷徨しつつあるようにみえる。彼らのこの系統の統計学にたいする学史的知識は十分でなく,また,それらと自己をいかに区別すべきかをしらないもののようである。これらがこの論争の消極的意義の一つである。また,彼らの「作業仮説」たる弁証法的,史的唯物論の方法は,近頃諸多の学域において多くの具体的有効性を発揮しつつあるときくが,われわれの論争では範疇計算=グループ分けの導入以外にはいまのところ見るべき成果をあげているとも思えぬ。その有効性の発揮は,この論争の将来の問題であろう」。(p.100)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内海庫一郎「ソヴェト統計理... | トップ | 山田耕之介「標本調査とソヴ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む