大胆不敵、沈思黙考、臥竜鳳雛!

一言暴言と支離滅裂な長文はお断り。
大仰なタイトルだが、有象無象な一般人の駄ブログです

初代ポケモンのストーリーを徹底考察してみたい。

2017年01月08日 | ポケモン
★ポケモンのストーリー

よくポケモンはストーリーが無いゲームだと言う人が居るが、自分はそれは違うと思う
一般的なゲームにおけるストーリーとは、映画や小説のように時間軸によって区分をされた物であるが
ポケモンにおけるストーリーは、その世界観を構成している、一つ一つのセリフによって成り立っている

普通、ドラクエなどのRPGではゲームの進展に伴って話も進み、やがては明確な目標が達成されてエンドを迎えるのだが
ポケモンの場合はそうではなくて、一人の少年のある夏の日の一日の冒険の中に、プレイヤーが物語を見出す仕組みになっているのだ

95年に出版された「新ゲームデザイン」の巻頭の文章を読むと分かり易い
概要を抜き出すと

○中学校の美術の副読本で、昔の絵画に興味を持つ。ロウソクが一本描かれているから婚礼の絵だとか、色々な意味を読み取る面白さに気づき
「TVゲームの世界でも、しっかりした裏づけと、言葉による表現を使って、読み取る行為が可能になるのではないか」と考えた
○「ゲームシステムより世界観を作っている一つ一つの言葉の要素の中に、秘密があり
そこから作っている人のメッセージや、生き様を感じとる事が出来るのです」

ゲームとは双方向性のある媒体である。
そして田尻は日本のRPGを単なる「操作できるアニメ」にしようとはせずに、体験できる装置へと昇華させた
ポケモンを遊んだプレイヤーは、勇者になって決められた物語をなぞるのではなくて
ゲームボーイの中の世界へと自ら旅立ち、そこで様々な触れ合いを通して、自分なりの物語を組み立てるのである

以下では、ポケモンのストーリーがどのような構造になっているかを分析する事にする
それにより、この怪物ソフトが如何にして多くの人々を魅了して、大ヒットを遂げたのかを推察する足がかりとしたい
ポケモンとは決してキャラクターが可愛いからヒットしたのではなく、ゲームとして優れているからムーブメントになった作品なのである


▼ストーリー考察

OP~トキワの森まで
トキワの森~ハナダ
ハナダ~タマムシ
タマムシ~セキチク
セキチク~クリア
初代ポケモンにおける物語性について


▼ポケモンについて考える

ポケモンは、生き物を戦わせる残酷なゲームなのか
果たして、妖怪ウォッチはポケモンのパクリなのか?
初代ファイヤーが「にらみつける」を覚える理由と、考察


▼豆知識

トレーナーが持っている鞭について


▼関連情報

関連書籍の感想
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初代ポケモンのストーリー考察 | トップ | トレーナーが持っている鞭の秘密 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポケモン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL