たつた良子のページ

安保法制(戦争法)は廃止させましょう!
憲法守る「あたりまえの」政治を!
安倍改憲を許さない!

「徳島県気候変動対策推進条例」は地球を救う!…か?

2016年10月19日 | 日記
10月18日(火)
環境対策特別委員会でした。
今議会に提案されている「徳島県脱炭素社会の実現に向けた気候変動対策推進条例」について問いました。

本条例の付則では条例制定の意義が、格調高く宣言されています。
その一部です
「…県民や事業者をはじめとするあらゆる主体が気候変動対策の推進役となり、脱炭素社会の実現に向け、環境首都としての進取の気概を持ち、本県こそがこの危機(気候変動の脅威)を救うべく、地球規模での気候変動対策を牽引していくことを強く決意して、この条例を制定する。」とあります。

 地球規模の課題に立ち向かうのですから、相手が国であれ大企業であれ、言うべきことは言い、そのための予算もしっかりとつけていくべきではないか、本条例が、真に徳島の、日本の気候変動対策に役立つものなのか、役立つ条例であってもらいたい、という立場で次の項目を質問しました。

〇「気候変動への適応に関する基本的施策」の分野別の中に「水害、土砂災害その他の自然災害の予防に資する施策」とあるが、本条例に基づくこれらの施策の総事業費はいくらと見積もっているか。

〇森林等による(温室効果ガス)吸収に関して
 必要な森林整備面積、森林整備の主体と人材確保など

〇再生可能エネルギ-の導入について
 現状と今後の計画、太陽光発電の導入の状況、一般家庭への設置の促進など

〇温室効果ガス排出削減計画書作成について
 事業者数、内容公表について
 石油等での発電事業者にLNGへの転換を求めるつもりはないか

などを問いました。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 委員会に向け準備 | トップ | 今年も届けます「母親の願い」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む