たつた良子のページ

安保法制(戦争法)は廃止させましょう!
憲法守る「あたりまえの」政治を!
安倍改憲を許さない!

花が咲くのに母はいない…

2017年03月06日 | 日記
3月1日に、母が亡くなりました。
葬儀にあたり、行政・議会関係者の皆様をはじめ、大勢の皆様にお心遣いをいただき、心よりお礼申し上げます。

********************************************

28日夜に倒れ、ちょうど24時間で息を引き取ってしまうという急な出来事でした。
母は、「元気印ばーちゃん」の見本みたいな人でしたから、急に居なくなってしまったという現実が、なかなか受け入れられません。

農作業が好きで、栽培、収穫、出荷と、一連の作業を、朝から晩までやっていました。
「仕事が趣味」といって、身体はきついけど、楽しんでやっていました。

 もっと気遣ってあげるべきだったとか、悔やまれることが沢山あるのです。
色々考えてみても、もう居なくなってしまって、どうしようもありません。

 しかし、母は、私が議会でがんばっていることを喜んでくれていましたので、今日の環境対策特別委員会には出席しました。

 私がまだ独身の時に、娘が日本共産党に入っているらしいとどこかで聞いて、涙を流して心配していました。
私が、はじめて市議に立候補したときには、「共産党では当選できん」と、心を痛めていましたが、精一杯当選のためにがんばってくれました。
以後、何度かの選挙の度、叔母とともに命が縮むほどがんばってくれていたのでした。

 最近は、テレビの国会中継をよく見ていて、「共産党が一番まともなことを言よる」と、志位さんや小池さん、清水ただしさんの大ファンになっていました。

 また、「ほな協力するわ」といって、晩年、日本共産党に入党してくれたのでした。

 県庁の蜂須賀桜がきれいに咲きました。

今年はいろんな所に花見につれていってあげたいと思っていましたが、出来なくなってしまいました。


 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の香りの中で | トップ | 長野県防災ヘリ墜落事故のニ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事