あの木の下で

早乙女太一さんが好きです。
思いの丈を綴る私の「木の下」です^^

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

純粋に……おめでとうございます。

2013-04-17 21:03:24 | 独り言
もう更新することはないと思っていたけれど…………


ご結婚の発表を見て………
なんだろう?
単純に、純粋に、
太一くん……おめでとう!と
思ったのです。
なんか、振り返ってみれば
ずっと一途な想いを貫いた太一くんだったねぇ………
いろんな事が報道され、何が真実なのか?
分からなくなる怒濤の渦の中でも
結局………太一くんは一途な想いを貫いたんだなぁ………と
そう思うと、ああ、おめでとう………だね…


と、単純に思ったので
一言。
かつて沢山の夢を見せてもらって感謝している者の一人として


ご結婚おめでとう。


そして、
ドクロのゲキシネを見て
やっぱり、蘭兵衛さんは素晴らしかった
過去に類を見ないくらい素晴らしかった
この先、太一くんの蘭兵衛さんを越える蘭兵衛は
きっと居ないんじゃないだろうか?
と思ったくらい素晴らしかった

と、改めて思い
太一くんを好きになった、あの時の自分は
間違ってなかった、と確信した………ゲキシネだった事を
ここに、告白しておきます。
そう思えて、やっぱり早乙女太一という人は
才能豊かな人なのだと思えた事は
私にとっては良かったです。


これからも、益々、芸を磨かれ、輝かれますように。
ただ、それだけを願い、祈っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手のひらの宝物を手放す時。

2012-06-17 10:58:50 | 独り言
久々に更新できっとこれが最後になると思います。



去年のあの暑い夏の梅田の劇場での息苦しいほどの胸の高鳴りと動揺を
まだ覚えています。
本当に素晴らしい舞台でした。
魂のぶつかり合う、命の競演のような舞台。
そこで私は一つの稀有な宝を見つけて、その宝が愛おしくて
これから先の私の毎日を照らす、もう一つの光になるのだろうと
そう「確信」して、大事に手のひらに包んできました。



でも。。。。。。。。。。。。。。。





所詮、私たちは表舞台しか分からないし
裏舞台の真実は知りようもないし
知る必要もないし、知る意味もない。

その「全て」は表舞台に結果として、現れてくるものだと思っているから
それでいいと思ってきました。
今もそう思っています。




私にとって「舞台」で得るものは・・・・・

明日への糧となる嬉しい気持ちや
喜びや
幸福感や
心震える感動や
誰かを思い涙する切なさや
「生」への絶望と渇望
「死」の悲しみと
それでも明日は必ずやってくるという『希望』。



そういうものを感じさせてくれる夢の異空間です。



大好きな銀色夏生さんの詩を借りるなら


「暗い気分の時でさえ
 しばらくは何もかも忘れて
 天上の幸福に
 心うばわれるという
     瞬間がある」





私にとってそういう空間で
そういう時間で
明日への希望なのです。
それは舞台に魅了されて
足繁く通い始めた5年前からずっと変わらぬ私の舞台への感謝の想いです。




けれど。



夢を見せてくれるはずの板の上の人が
夢の世界を演じながら、
恥ずかしいと思ったのか
自分でもそぐわないと分かっていたからなのか
指先に施された裏舞台の
自ら隠しながら板の上に立つとは・・・・・・
舞台への、
そして何よりファンへの冒涜だと私は思ったので
もう、夢は見れません。



これが何よりの決定打です。
いろいろ騒がれているその他は、私にはどうでもいいことです。
でも、
苦悩だけを耐えて、
来るのか来ないのか分からない希望の明日を
信じて待つだけの材料が今の私には見当たりません。




私は自分の心が死ぬような恋はしたくない。

夢も見たくないので
せっかく手のひらに包んだ宝物だったけど
包んだ手のひらを開こうと思います。




だから
新米ファンはこれにて去ります。
たくさん楽しませてもらいました。
見たことない夢を見せてもらいました。
それはこれからも決して消えずに心に残ります。



きっとこれからも
恐らく、板の上に立つかの君を見に行く事もあるでしょう。
でも、それは一舞台ファンとして。
いい舞台なら、存分に楽しませて頂こうと思います。
でも、もうきっと恋は出来ません。
たった一度の「黒」で・・・・?と思われる人もおられるかもしれないけれど
でも、絶対に守って欲しい部分でした。
それ以外はすべて、かの君が幸せならそれで満足、十分、むしろ嬉しい事だとさえ
思ってきたのですから。





類い希な才能が
どうか、今以上に大きく羽ばたけるよう
願っています。



素敵な夢をありがとう。
切ない恋をありがとう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

溜め息しか出ない

2012-06-02 10:38:29 | 独り言
精も根も尽き果てました。


信じられぬ数々に
もう立ち直れそうにないなぁ…



かなりのダメージで
救いを求めたのは、昔と変わらず
類。
やっぱり何があっても、類は最強。
ピンチの時の花沢類…に癒やしてもらおう……………
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

好きな気持ちだけで十分^^

2012-02-07 02:08:23 | 太一くん
さて・・・と
何をどうするかな(笑)


バテレン関西公演を観に行ったのが・・・・いつ?(^^;)
なんか感想書く前に、いろんな事が目まぐるしく起こってしまい
気がつけば、いつの間にか節分も終わっちゃって・・・・(^^;)


会報、ようやく届きました^^
開いてすぐに「カッコイイ~~」って言っちゃった私(笑)
カッコ良いやら、可愛いやら、写真いっぱいで嬉しい会報でした^^
待ってた甲斐があったな。



「手のひら」の方にも昨日かな・・・書いたんですけど
夜中に携帯からアップして、落ち着いて寝たら・・・
朝になって飛びこんできたニュース(^^;)



最初は
「なにぃぃぃぃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
とか思ったりして、また一喜一憂してましたが(笑)
WSで流れた映像を見て・・・・最初に出てきた言葉は



「うわぁーん!カッコいい!!」でした(^^;)
ホントにカッコ良かったぁ^^
動く「素」の太一くんを見れて、嬉しかったなぁ。
短い放送の中で、さりげなく、そっと手を繋ぎ・・・相変わらずの無言で
相手を気遣いながら歩いていた太一くんの可愛い、嬉しそうなにこやかな笑顔を見て
なんか、嬉しくなってしまったんです。私。
なんかパッと花が咲いたような、清々しい気持ちになりました。
変ですよねぇ・・・・・(^^;)
少なからず「ガーーーーーーーーーーーン」とかショックを受けていたはずなのに
いえ、少なからずどころか、かなり「どよ~~~~~ん」と暗雲立ち込めていたはずなのに



大すきな彼が
見たことないような照れた可愛い笑顔を見せてる。

それはそれは、とても嬉しそうな。幸せそうな。
ちょっとはしゃいじゃってるような、そんな恋する男の子の笑顔。
それを見てたら、太一くんが幸せそうだから、もうそれでいい・・・。
って、強がりでもなんでもなく、そう思えました^^
あんなに可愛い笑顔をしてるんだもの。
すごく好きなんだね。お相手の方を。
そうやって、誰かを好きになって、思わず顔に出ちゃうくらい好きになって
「なんだ?なんだ?どうしたんだ?」と周りがうろたえるぐらいの行動をしちゃうくらい好きになって
そんな恋が出来てる太一くんの「今」を、心から応援したいと思ったんです。



そしてきっと、これからもっと深みのある男になって
もっと艶やかな色気のある女形が出来て、芝居にも、きっときっと魅力が増すだろうと。
これはもう信じるしかないって範囲ですけど(^^;)
浮かれちゃって、「おーーーい、どこ行くねーーーん!」ってなる人もいますからねぇ(笑)


でも!!!!!!
太一くんですよ。

早乙女太一ですよ。


早乙女太一が、早乙女太一である限り
私は恋して、見惚れて、やっぱりきっと足繁く会いに通うのだと思います。
太一くんが見せてくれる至福の時間を味わうために。




私はまだまだ新米ファンで、なんにも分かってないのかもしれないけど
やっぱり、どこをどう回っても、何をどう考えても、
行き着くところは、「太一くんが好きだなぁ」っていう気持ちだから
これからもその気持ちを大事にしながら、好きで好きでついて行きたいと思います^^




どうか、この宝が宝のまま守られますように。






御園座、1回じゃきっと物足りないよねぇ・・・・(^^;)
明治座もどうしよう~~~~~~~。
もーーーー。
ウキウキしてきた(笑)
なんて単純な私(^^;)



あ、そうそう。
太一くん絡みでなんかしら凹んだ時に
小栗さんの「岳」を見ました(笑)
癒されて、元気出た~~~~~~~~(笑)
いい映画ですよね。「岳」・・・。お勧めです(^w^)




そんな感じかな(^^;)
なんか変な終わり方になっちゃいましたが。
こんなん言ってても、これからもまた一喜一憂したりするんでしょうけど
でも、好きな気持ちは変わらないと思うから、それだけでいいです^^




・・・・・・・・・・・・・・・かな^^(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

関西公演 ですね^^

2012-01-24 01:35:27 | 独り言
関西でのツアー公演があると知った時には
もうそれこそ全部行きたい!!!くらいの勢いでしたが
いや、ちょっと待て・・・よぉーーーく考えろ・・・(^^;)
・・・と、自分に言い聞かせながら行く日を決めた・・・・
あの頃が懐かしいなぁ・・・・・(笑)

早く一月になれ!!って思ってたけど、
気がつけばあっという間に、関西公演(*^^*)
もう始まっているので、行かれた方の感想をちょこっと読ませて頂いたりしましたが



なんでも?


聞くところによると?



鬼十郎が・・・・


どうやら



めちゃくちゃカッコいいらしいじゃないですか!



御咲さんから、その情報を伝えるニヤけた、すでに壊れたメールもらいました(笑)



うほほほほほほほほほほほほほ(^0^)


そうですか、
そうなんですか・・・・
それはそれは、もう楽しみ過ぎて・・・・今から倒れそうでございますけども(笑)

いや~~~~~~~~~^^
はよ観たいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ



それにまたあの新春公演で拝見した、神がかった美しい女形が観れるのかと思うと
もうそれだけで・・・・・・^^
楽しみです~~~~~~~^^




全然、舞台と関係ないんですが



こちら、我が家の長男猫。
がっつり咬もうとしてるのは・・・・・・・・・・・・・・・・

ええ、ええ、私の携帯につけた太一ストラップ・・・
なんか変な音かするなぁ・・・と振り返ってみたら
ハグハグ・・・・噛んでおりました(@@;)


ぬおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー@@;
や、やめてぇぇぇぇぇぇ~~~~~~~~
・・・と思わず携帯引っ張ったら、相手も離すものか・・・とガブッっ(T_T)
なんとかなだめながら、片手に携帯、片手に猫じゃらし振りながら
ようやく救出した太一くん(ストラップ)^^;
そんな中でも、カメラ起動させてパシャった私って・・・・・(笑)




この太一くんのストラップ、可愛くて、かなりお気に入りなんですが
なんだかんだと、受難続きです。



ついこの前も、引き出しタイプのチェストの上に置いてたら
相方が一番上の引き出しを開け閉めした時に、
太一くん・・・・・下半身挟まれる・・・・・・・(--;)
思わず、「あああーーーーーーーー!!!太一が~~~~~~~~~~~@@;」と
叫んでしまった私(^^;)
その私の勢いに驚いて、慌てて「ごめん、ごめん」と救出してくれました(笑)




っていうか、私が太一、太一・・・・言うし
携帯の待ち受け、今までずーーーっと我が家の猫ずだったのに
太一くんに変えてるし、
ついにパソコンの壁紙さえも、太一くんに変わってるから
きっと相方、驚いてるでしょうねぇ・・・・(笑)
どうも今までと様子が違うぞ・・・・・って・・・(笑)
まぁ、東京まで行ったりしてるから、さぞかしビックリしてるでしょうね(^w^)




ホントに凄い人ですよ^^
早乙女太一って人は。



太一くんって
分かりにくいんです・・・・よね・・・
いろんなことが。
それは無口ということもあるけど、
舞踏にしても殺陣にしても、そのいろんなパフォーマンスでの表現が
あからさまな感じじゃないから。
余計にこちらの全神経を集中して、太一くんが紡いで見せてくれようとしているものを
感じとらなければいけない。
ホントに「心感」って事ですね。
だけど、その言葉ではないもので伝えよう、見せようとしてくれている太一くんの心を
正しく、受け取れた時に得ることのできる感動や興奮は、何物にも代えがたい。
まさに至福の時間。



凄いなぁ・・・・・・・・・って思います。


どなたかが仰ってたけど、太一くんは関わった、触れた人の「美を引き出す」って。


私たち観客の場合は美というわけではないかもしれないけど
なんというか、五感を刺激されると言うか、今まで使って来なかった心の中の繊細な部分が
目覚めてくるというか・・・・・
それが太一くんがよく使う「心感」なんだと思うんですが
体中を使って、太一くんの舞台を味わう。
だから、終わったらクタクタです(笑)
だけど、なんだろうなぁ・・・・・・あのなんとも言葉にし難い幸福感は。
今まで、演劇などのお芝居の舞台で経験してきた感動とはまた全然種類の違うもので
あれは、太一くんの舞台を生で経験した人にだけ味わわせてもらえる特典なんだなぁ
きっと・・・・。



関西公演
またその幸福感を味わえますように。
心を鍛えて、ちゃあんと感じとれますように^^



楽しみです^^

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加