杏の独り言

教わったこと、見たこと、聞いたこと、感じた事、考えたこと、やったこと、イロイロ。
オバチャンの独り言です。

同級生とは・・・・

2017年05月17日 | ことば

 ここのところ、気になる言い方がある。

 昨日の眞子様ご婚約間近、のニュースでも言われていたのが、お相手の方は『同級生』。

 

 よくよく聞いてみると、『同級』ではなく大学の『同期』ではないか。

 

 では、『同級』『同期』『同窓』とはどう違うのか。

 これらはすべて、『同じ学校』であることが条件。

 『同級』とは、同じクラスで、同じ教室で机を並べて授業を受けた仲間の事を言う。

 『同期』とは、クラスは違っても同学年で、一緒に入学、卒業した仲間の事を言う。

 『同窓』とは、時期は違っても、同じ学校を卒業した仲間の事を言う。

 

 だから、卒業後の集まりも、メンバー構成により、『同級(クラス)会』『同期会』『同窓会』と名称を変えるのが正しい。

 

 ところが、最近は、学校という共通点が全く無いのに、同い年の人を『同級生』等と言っているのをよく聞く。

 この場合は、『同学年』とか『同い年』というのがふさわしい。

 

 本当、このあたり、せめてニュースではきちんと使い分けてほしいものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョット困った事 | トップ | 仕込み開始 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。