日々、あんのん。

鹿児島でフォイヤーシュタインやからだを動かすことでの、
発達支援や学びやすい土台作りを日々研究。

進路を考えるのは子ども。

2017-06-14 21:11:53 | 養生・薬膳
 窓を開ける季節になりました。
今年は、特に、エアコンをいれなくても涼しいので、どこの家も窓を開けているのだと思います。

 すると、かっぽん!とビールだか酎ハイだかの間をあける音が開け放たれた窓から聞こえます。
2本、3本、4本…。
缶をあける音がするたびに、おおー、よく飲むなぁ、と思いながら、
その音を聞いています。

 夏らしい、夕方からの音です。

 お話会をしていると、身体を動かしながら、ぽろりと、
お子さんの進路についての声を聞くことがあります。

 中学生くらいのお子さんを育てていらっしゃる方からは、高校への進路について。
高校に通っていらっしゃるお子さんなら、大学、就職のこと。

 親御さんの悩みはつきません。

 でも、話しを聞いていると、
「あれ?お子さんはどう思っているのかなぁ」と思うことがあります。

 親なので、自分のことのように心配することでしょう。
ときに、お子さんは、今のことで精一杯で先のことなど自分では思いつかないかもしれません。

 そんなときは、中学なり、高校なりを卒業したら待っていることを、
お子さんと考えてみるのも良いかもしれませんね。

 お子さんの頭越しに、行く高校も、入る会社も、いつの間にか決まっていた。
そんなことにはならないようにと願うばかりです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月のあんのんお話会のお知ら... | トップ | 高校は「入試」がありますよ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

養生・薬膳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL