日々、あんのん。

鹿児島でフォイヤーシュタインやからだを動かすことでの、
発達支援や学びやすい土台作りを日々研究。

祖母力。

2017-04-21 22:16:42 | 発達支援
 近ごろ、梅ちゃんが激しく寝言を言います。

 

 ぐっすり眠っているのに、突然「にゃん!」とか「ぐぅううううう」「にゅにゃっ!」と鳴きます。
あまりにも大きな声で鳴くので、近くで寝ているちぃが驚いて起きるくらいです。

 どんな夢を見ているのでしょうねぇ。

 今日は積込みの同僚とドライブに行きました。

 その道中、同僚のお孫さんの話しを聞きました。

 「もうね、それはしてはダメ!といっても、もうね、言うこときかんのよー」と、
にこにこ朗らかに話していました。

 また、兄妹喧嘩をして妹が
「学校いかない!」と駄々をこね、じいちゃんが手を焼いて、
積込み中の同僚に電話をかけてきて、早引きしたことがありました。

 その時の様子を話してくたのですが、
「学校いかない!」といって、家の玄関で泣くお孫さんに、
「○○ちゃん、学校はいかないといかんのよ!」とランドセルを持って歩くと、
とぼとぼ、後ろをついてきたそうです。

 そして、学校について「教室に行くよ」というと、
「遅れたからいやぁ〜〜〜」というお孫さんに、
「○○ちゃん、遅れても行くのよ、学校は!」とずいずいずいと教室に行くと、
また、うしろをとぼとぼついてきたそうです。

 そして、「帰ってくるのを待ってるからね〜〜」と、家路に着いたそうです。

 家に帰ってきたお孫さんは、朝のことなどけろっと忘れていたようだった、と
わっははははは〜〜〜と、大笑いしていました。

 話しを聞きながら、親とはまた違う感じでお孫さんをかわいがる、
おばあちゃんの何とも言えない、無償の愛情を感じることでした。

 そして、理屈抜きの「学校はね、行くのよ!」の単純明快な感じが、
ともすれば、子どもの心情を細やかに考え過ぎる親御さんの心情とは一線を画しているのが、
これまた、いいなぁ〜と思ったのでした。

 ああ、私もこういう祖母からの無償の愛情をもらっていたなぁ。
そして、明治生まれの祖母もまた、物事を複雑にせず、単純明快に考える人だったなぁ、と
懐かしく思い出すことでした。

 祖母。
なんだか、ありがたい存在だなぁと思うことでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人員削減の積込み一日目。 | トップ | 体を動かす。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (げんママ)
2017-04-22 12:19:26
う~ん。わかります。理屈抜きの・・・ってやつ。
職場に入ってきた新人とかも、理屈ばっかりいって、結局自分のことばかりだったり。理屈抜きでやる、なんて経験が無いんだろうな~と思います。

げんちゃんも、理屈抜きで、ちゃんと従うように、・・・ママはこわいから 汗

まゆたん先生の夏のコメント、今またなるほど~と思ってます。ブログにそのことを書きました。まゆたん先生は、ほんとにすごいと思います。

げんママさん (まゆたん)
2017-04-22 20:03:36
理屈抜きで、「とにかく、やる!やってみる」という単純さ。学校も「行くのよ!」というもう、
なんの疑いもない単純さ。近頃、珍しい感じになっていますよね。なんか、賢くなりすぎてるのか、弱くなっているのか、ふーむ、と思ったり。祖母世代の有無を言わせぬ単純さも大事だなぁ、と思うのですよね。親でないからこその単純さがいいなぁ、と。

ブログ拝見しました。私が会った時のげんちゃんの印象ですね。今は更に色々なことができてて、成長してますよね。「やってみなくちゃ、わからない!」で色々挑戦しているからこそですね。

岡目八目ですよ、げんママさん。日々、接しているとメッキがはげるんですのおほほほほ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL