日々、あんのん。

鹿児島でフォイヤーシュタインやからだを動かすことでの、
発達支援や学びやすい土台作りを日々研究。

びっくりは前進の素。

2017-02-26 07:36:12 | 算数
 うっすらと寒い朝です。
寒さが行きつ、戻りつしながら、春は来るんですよね。

 この季節は、風が強い中、満開を迎えていた、
以前住んでいた種子島の桜を思い出します。

 風が強く、さとうきびの葉音が聞こえ、柑橘類がたくさん実る家に住んでいたなぁ〜。

 昨日の教室で、まるいカラーシールを使ってお子さんと学習していました。

 まず、まるいシールが1シートに何個あるか聞くと、
はしっこから、12345…と数えて、「20!」と教えてくれました。

 次に、A4の紙にそのシールをバラバラに貼ってもらいました。
貼り終わってから、「この紙に貼った、まるいシール、いくつあるかな?」と聞くと、
再び、数えて、「20!」と教えてくれました。

 おお、そうか。
「さっき、1シート20だったから、紙に貼っても20だよ!」という段階では、まだないようでした。

 もう一度、同じシールの違う色のものを出し、再び、シールの数を聞きました。
再び、12345…と数えて、「20!」と教えてくれました。

 今度は、ここで
「今度は、ちょっと、頭を使うよ〜。このシールの数を覚えておいてくれる?」というと、
自信があるような、ないような、表情をしながらも、うなずいて
「20!」と答えてくれました。
何度か「シールの数は?」「20!」と確認して、さっきと同じでA4の紙にバラバラにシールを貼りました。

 シールを貼り終えてから、バラバラに貼ったシールの数を聞くと、
「数えるね!」と言うので、今度は、シールの横に数字を書かせて、
シールの数が見てわかるようにしました。

 そして、「20!」と最後のシールを数えて書き終わったので、
「さっき、このシートにシール何枚あった?」と聞くと、
「20!」と答えた後で、
「わ!びっくり。これと同じだ!」とシールをバラバラに貼った紙とシートを目で追っていました。

 再々度、また、違う色の同じシートを出して、
「このシートのシール何枚ある?」と聞くと、間髪入れずに「20!」と答えます。

 「本当に?数えなくても大丈夫?」と聞くと、
大きくうなずいて、「さっき、同じでびっくりしたから大丈夫!」と自信満々です。

 そこで、私が数えることにして、12345…、と数えると、もちろん、20です。
すると、その子がもう一度数えようとしたので、
「20じゃないの?」と聞くと、
「縦だったから、横はどうかなって思ったの」と言っていました。

 私の数え方が子どもの数え方と違っていて、違和感があったのでしょう。
数える方向が違っても、数がいっしょかなぁ、と思ったようでした。
数えて、「20!」と自信満々です。

 この子は、自分の数える方向と私が数える方向の違いにも気がついて、
数え直してみる、そんな細かいところにも気がつく目が育っていたんだぁ、と
私の方も内心びっくりしました。

 そして、再々度、A4の紙にシールをバラバラに貼り、
その数を聞くと、もちろん、「20!」と自信満々、にっこりしています。

 「わー!そうなんだ!びっくり!」
子どもの気持ちが動くと学んでいることも沁み込んでいくのだなぁ、と
その日のお子さんを見ていて思うことでした。

 そして、自分の気持ちが動くと、
例えば、今回のようにシールのシート縦に数えることと横に数えることを
自分で思いついてやってみようという好奇心も湧き出てくるのですね。

 こんな経験を積み重ねて、子どもと数との信頼性ができてくると、
だんだんと数の保存性もできて、算数とももっと仲良くできるかなぁ〜、
きっと、算数だけではない、色々なことを理解し、挑戦していくことにも繋がるんじゃないかなぁと
思ったできごとでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快晴。

2017-02-25 12:07:51 | 日記
朝、起きると猫たちがまだ寝ています。もう6時過ぎです。いつもは私に合わせて早起きしてくれてるんだなーと思い、猫をなでなで。それとも、寒いからなのか?

とても天気がいい土曜日です。こんな日は、家にじーっとしているよりも、ちょっとでも動いた方が元気になる気がししますね、しませんか?

歩いたり、歩きながら空を見たり、木を見たり、花を見たり……そんなことをしていたら、少し元気にならないかなぁ、と思うような本当に気持ちがいい日です。

来週の講演会もこんな日になるといいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お鼻の掃除。

2017-02-24 14:28:19 | 発達支援
 いつまでも、子猫気質が抜けない、ちぃですが、今年で、12歳になります。
 
 

 うちに拾われてきたときは、10歳違いの瓢太と小梅しかいなくて、
「遊んで〜」と飛びかかり、挑むたびに邪険にされていました。

 いつまで経っても子猫気質なので、今、一緒に暮らしている桃梅女子コンビには、
ちょっと、引いた感じで距離を置かれている気もします。

 そんなちぃが、甘えてくるので撫でながらしみじみと顔を見ていると、
幼い頃からとてもきれいな金色の目をしていたのが、
今では、薄い色になって、目の中に少し濃い色の部分もある感じです。

 私もちぃの子猫気質にうっかりしていましたが、猫の12歳というと、人なら64歳。
本によっては、「平均寿命」などと書かれているものまであります。

 お口のトラブルはありますが、まだまだ遊ぶ気満々のちぃ。
長生きしなさいねぇ〜〜〜、となでなですることでした。

 早朝の積込みの仕事がおわり、次の日の準備や片付けをしているときは、
私たちとは別の会社に属して入るけれど、顔なじみの方々と挨拶したり、
ちょっとした立ち話をすることがあります。

 そんな中で、毎回、挨拶ををかわす青年がいます。
とても人なつこく、以前からいる同僚とは色々話しをしたりもしています。

 ただ、言動の幼さや一人懐こ過ぎるので、
ちょっと同僚からは、どん引きされている部分もあるような青年です。

 先日、私が冷凍庫に用事があっていくと、その青年が冷凍庫の前に立っていました。
その青年は、私たちとは仕事の時間帯が違うので、今から、朝の朝礼や体操を待っている感じでした。

 そして、まだ、時間も早く、青年の同僚がいなかったせいもあったのでしょうが、
鼻に指を突っ込んで、いかんなく鼻掃除をしている最中でした。

 私は、目が点になりながらも、
「おはようございます。」と声をかけ、冷凍庫に入り用事を済ませて、外に出ると、
まだ、鼻のお掃除中…。

 うーん、と思いましたが、
『食品扱う仕事だから、鼻掃除やる場所、考えた方がいいよね。あと、人前だしね。」というと、
ハッ!と我に返ったようにして、呆然としていました。

 その子は、たまたま、ちょっとだけ油断したのかもしれません。
でも、やはり、職場で堂々と指を突っ込んで鼻の掃除をするのは、いただけません。

 気がつくと、横にはその子の同僚らしき、私と同じくらいか、年上の方々が、
見てみない振り、気がつかない風をして立っていらっしゃいました。
その子とは、微妙に、距離を置いて。

 本当に、ほんの少し注意をむけるだけで、本人も気をつけることができることです。
身だしなみ、ついしてしまう習慣、親しければ許してしまうことも、
気をつけて、やっていい場所、行けない場所を子どものうちから身につけさせたいですね。

 そうそう。
「手を洗っておいた方がいいよ。」と言い添えるんだったなぁ、と、
そのあと、しばらく、思うことでした。

 あれから、2日経ちましたが、
今のところ、鼻掃除をしているところは見かけませんでしたよ


 
 



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親が消化試合をしませんように。

2017-02-23 16:15:52 | 発達支援
 先日、届いた宅急便の荷物の中に、
季節外れではありますが、小さめの島バナナが荷物の中に入っていました。

 小さいので、ちゃんと熟すかなぁ、と思いながらも、
我が家のいちばん陽の当たる、あたたかい窓辺に置いていました。

 今日は、だいぶ色も付き、黄色くなっていたので、
ひとつ食べてみましたが、もうちょっと、渋さと芯のかたさがありました。

 大きさも小さいので、芯はどうしようもないのか?
もうちょっと置いたら、おいしくなるか?

 もうしばらく、バナナの観察です。

 このところ、来週末の講演会に向けて、
こよりさんの本を精読熟読、読み直しています。

 



 何度、読み返しても再発見があり、
読んだその時その時の色とりどりの線でカラフルな中身になっています。

 そして、読みながら思うのは、
子どもが困らないようにすることは、親のエゴではなくて愛だなぁ、ということです。

 ある場所で、一見、仲良く遊んでいる子どもたちがいます。
私は、その場所では一参加者でしかないので、何か言うことはないのですが、
凸凹っ子に理不尽な目に合い、助けを求めてくる子に、
「嫌なら、ちゃんと嫌だ!って強く言えることも大事よ。」と言っています。

 一方、凸凹っ子のほうは、保護者さんはいるのか、いないか、わかりませんが放置状態。
何事か感じるのか、その凸凹っ子は、決して、私の近くに来ません。

 ああ、この凸凹っ子の保護者さんに、こよりさんの本を講演会をお勧めしたいなぁ、と、
その子が走り回る姿を見るたびに、思います。

 でも、こよりさんの本を読んだ方で、
「私には、こんなことはできない」と早々に白旗をあげた方もいらっしゃいます。

 こよりさんがお子さんにしていたことは、
専門知識がいることでもなく、特別な道具がいることでもなく、
ましてや、誰かに教えてもらって資格をとらなくてはしてはやってはいけないことでもありません。

 また、こよりさんが子どもさんにしてきたことは、
お子さんの個性を殺すようなことを強制してさせていたのではなく、
お子さんが社会の中で生きるために必要なこと、
親なき後にも、自分で生きていくために必要なことだと思います。

 こよりさんのお子さんも
どこのお子さんでも経験するかもしれない試練もあり、大変な時期もあったのだろうなぁ、と
本を読むと感じましたし、何事もなく、すくすく育ったというわけではないと思います。

 ただ、こよりさんのことだから、どんなときも悲観も楽観もせず淡々と、
すべきことをし、できることをし、日々を暮らしておられたのだろうなぁ、と
ブログや本を読んで私は感じています。

 そして、どんなときにもこよりさんの本から感じるのは、
この子がちゃんと社会の中で生きていけるように!という、
お子さんへの慈しみです。

 世の中には、子どもに凸凹があっても、それは個性だし、
私にだって凸凹はあるし、それも含めて子どもも私も愛おしいという人もいます。

 でも、そこで立ち止まって、
自分や子どもをいい子、いい子とすることが、
果たして、子への愛なのか、なんなのか、私には全く理解できないなぁ、と思います。

 今度の講演会では、
親自身が、子どもの未来を消化試合のようにしてしまわないように、
そんなことも考えて欲しいなぁ、本を読みながら思うことでした。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早朝から小言。

2017-02-22 13:07:49 | 日記
 昨日は、春のような陽気の中、養生のキムチ作りでした。
縁側のある昔ながらの家で、6人で大根や人参の千切り、ニンニク、生姜のみじん切り…と、
みんなで手分けして、キムチに挟む薬念に入れる野菜を切ったり、混ぜたり…。
場所を提供してくださった方の家の柚子の木を見たり、柚子拾ったり…。

 小さいときに、味噌作りだ、梅干し漬けだ、高菜漬けるよ、餅つきだ〜〜〜と、
かまどに火をくべたり、もろぶたや大きなざるを拭く手伝いをしていた、
子どもの頃のことを思い出しました。

 塩揉みしたり、ひたすら蒸したり、むしったり、丸めたりなど、
単純な作業も多い、昔ながらの保存食作りは、
ご近所同士の社交場であり、子どもたちの手の発達にも一役買っていたかもしれませんね。

 今日は早朝の職場で、自分がすることしか見えていない同僚に、
もっと周囲を見て、仕事をしてくれないか、そうでないと仕事がやりにくい、ということを
休憩中に話しました。

 次に何をすればいいかわからずに、ただ、うろうろするだけだった同僚も、
近ごろは、しっかり、ルーティンワークを覚えて、次々に仕事をこなしてくれます。

 それは、それでめでたいのですが、
どうやら、同僚の中に「仕事をを早くする」という思いがあるようです。

 とにかく、周囲の状況は一切見ずに、自分が次にすることの一点集中で仕事をしているので、
周りは、時々迷惑を被ることになります。

 その同僚は「この前、ああだったのは」と、少し時間が経ったことに関しては、
何のことを言われているかわからないような感じになります。
なるべく、時間を置かずに、リアルタイムで、行動を思い出してもらいながら、
どうして欲しいか、ということを具体的に短い言葉で伝える必要があります。

 こうやって言ったことが、必ずしも明日の仕事で活かされないかもしれないのですが、
言わずに、イライラだけをためても改善されないので、私は伝えるようにしています。

 その同僚は注意を受けることが多く、以前は、
「いつも、私ばっかり」と、50過ぎた者が言うにはちょっとイタいようなことも、
平気で言われていましたが、今は、そんなことを言わなくなっただけでも、
少し進歩があるのかもしれません。

 凸凹があろうとなかろうと、若かろうが年がいっていようが、
注意されたことを素直に聞く姿勢と改善していく行動力は大切ですね。
 

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加