気ままに菓子作り

差し上げて喜んでもらえ、たまにはほめられて満足してます

花の離島・・・佐渡島トレッキング(1)

2017-05-16 00:41:09 | 山登り ハイキング

佐渡といえば、浪曲の佐渡情話や、佐渡おけさのイメージが強かった。
しかし、2011年には、日本で初の世界農業遺産に認定されて
トキの繁殖やほかの生物との共生。
2013年にはジオパークに認定され、日本海の成り立ちや、
島が作られた過程が、顕著にみられるというので、注目されてきている。
そのうえ、島には、タヌキより大きな動物がいないので、
本土で危険視されている、鹿害やイノシシによる、
自然破壊がなく、多くの植物が、足元で見られるという。
数年前から、行きたいという思いを強くしてました。
11日夜出発して、湯沢で仮眠して、
9時過ぎのフェリーで、新潟港から両津港にわたりました。

  

      


   
     

                両津港に着いて食堂でにぎやか丼

         
      

                       アオネバ登山口到着 
             お天気もいいし、さすが新花の100名山だけあって
             大勢のハイカーが、訪れてました。

       

                                 ハルリンドウ
  

      コンロンソウ                         オドリコソウ
   

     キランソウ                            コケイラン
   

      ヤマトグサ
   牧野博士が発見した植物
   あちこちで見れました。(画像悪し)
  

       ズダヤクシュ                           ニシキゴロモ
   

       セントウソウ                        ミヤマキケマン
  

             シラネアオイ
       アオイロードとは聞いてはいましたが、歓声をあげ続けていました。
           


   


    

  
   

                                       エチゴキジムシロ
    

    オオミスミソウ                          ムシカリ(オオカメノキ)
    盛りは過ぎてましたが、会えてうれしかった!!
   

          アマナ                           ユキザサ

       

                       ニリンソウ

  

       サンカヨウ                          アラゲヒョウタンボク
                                      あちこちで見ました。
  

               カタクリ
              ここの葉に ふがない 。

  

         オオミスミソウ

  

   オオタチツボスミレ                           ザゼンソウ
   

       キクザキイチゲ                          ミヤマカタバミ
       アオネバ十字路まで600メーター上がるが、花があちこちに出てくるので、
       苦しさを忘れる。
  

      ミズバショウ                           スミレサイシン
     

            全員頑張ってドンデン池から尻立山へ。
    


           

                        タムシバ

   

         ドンデン山荘へ到着 17時15分ごろ
         ここから車で約30分 秋津温泉へ
 

   ホテルの窓から水田の向こうは池なの?              夕食に出された柿のシャーベット
                                

        

                   明日縦走する金北山(1172m)

『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すみれを見に朝霧高原へ | トップ | 花の離島・・・ 佐渡島(2)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む