気ままに菓子作り

差し上げて喜んでもらえ、たまにはほめられて満足してます

イエローナイフ&カナディアンロッキー(2)

2016-09-18 21:42:02 | 海外旅行

9月11日イエローナイフ(14:00)からカルガリー空港着(16:30頃)
その後バスにてバンフ目指して2時間ほど走りました。
バンフは、滞在していたイエローナイフより、気温が高いはずでしたが、
数日前から急に下がり、前日には雨が雪に変わったので、
雪景色と黄葉が、同時に見ることができラッキーです。
バスの中で現地ガイドがバンフの概要を話す。
バンフは、ロッキー山脈の氷河が、流れ出て出来た町。
アルバータ州にあり、地下資源が豊富で、
大変財政が豊かで州税が免除されている。
車窓からアルバータ牛の放牧地が広がり、
菜の花畑が広がっているようだ。
バンフは大陸横断鉄道の建設中、温泉を発見。
利権をめぐって争いごとが起きたので、
保護区となりカナダの第1号の国立公園となった。
3000メートル級の山並みがつながる。
その足でサルファー山のゴンドラに乗り、
山頂からロッキーの山々を眺めました。
                             

 

 

 

        

           フェアモント バンフ スプリングホテル
           バンフのシンボルともいわれる、100年以上の歴史がある高級ホテル
           我々は対岸の小高い丘から眺めました。
           泊まったのはINNS OF BANFF

 
 
             名物のアルバータ牛の夕食
 


    

                                                   翌日今回の旅で初めてのホテルでの朝食
        最後の観光 カナディアンロッキーとコロンビア大氷原観光に出かけます。
               9 月12日8時半出発

            
      高速道路を走っているときは、周りのの山は何も見えず、
      見えたらまた説明しますというガイドの話。
      ところが下車地のレイクルイーズが近づくと、どどーといきなり雪をかぶった山
      テンプル山だったのでしょうか?
 
       

                    レイクルイーズ
         ビクトリア女王の娘 ルイーズにちなんで名づけられる。
         氷河から溶け出た粒子が、湖に流れ込んだことによって、エメラルドグリーンの色になる。
         ちょうど無風状態だと、鏡に映ったような景色。
         これも一瞬にして見えなくなるので、なんと幸運なことか?
  


   

                                   ホテルのトイレを借りる。
                                   トリカブトの仲間
  

     ヤナギランのような花                         ?

 


  
     
             ヘクター湖 大きな湖らしいが全容は見えず。

           


 
     

                 ボウレイク
            山と山の谷間から氷河が流れ出た、ボウ氷河が水源の湖
            透明度が高く、氷河から削り出される粒子が、太陽の光によって
            反射され、ターコイズブルーに見える。
    


     

    
    

           その後北上しペイトレークヘ         
     

   

          
        ジャスパー国立公園にあるコロンビア大氷原 アサパスカ氷河の入り口
        アイスフィールドへ到着 
        さすがロッキーの1番人気の観光地とあって人人人
   

         昼食は中華バイキング 
  

                           タイヤの直径が1.5mで1本50万円するそうです。
          4月17日から10月25日まで運行
          ハイシーズンには1日5~6千人もの人が訪れる
          雪上車に乗ると、およそ20分で、氷河の上に降り立つことができる。
 

  アサバスカ氷河は、コロンビア氷原の2パーセントに過ぎないが
  名古屋の面積と同じというから、大した広さである。
  でも年々5メーターほど後退している。
  溶ける湧水を口に入れると若返るというので、なめてみました。
  15分ほど滞在して、再び雪上車に乗って引き返す。
  ガイドをつければ、この氷河を歩くこともできるようだ。
  バンフ市内に戻る途中、バスの中から変わったものを見る。

  

    森林限界が2重にあるという (?)            高速道路に6か所あるというアニマルオーバーパス
                                 野生動物を自由に行き来させるため。
 

     バンフ郊外にあるボウ滝
    マリリンモンロー主演の「帰らざる河」の舞台となった、観光名所

 

                                   大陸横断鉄道旧駅舎か?
 

                                   この辺りで自由解散となる

         ぶらぶら土産物屋さんや、特産のアンモライトを物色しながら
         予約したカナダ料理店へ出かける。
         

 

    アルバータ牛のステーキ                    大西洋産のロブスター
    食後30分ほどかかってホテルにたどり着く。
    翌朝食事のとき、ツアーの人に災難があったが、
    天気の恵まれ、ほんのわずかではあるが、カナダの大自然にふれ、
    次回は花の季節6~7月のトレッキングと、
    もう1度レベル5以上のオーロラを撮ってみたい。
            
           

                    カルガリ空港
               トランクの重さを23k以内になるよう
               気を付けたが26キロになってました。
               でも団体だから超過料金なし。
               3脚とかカメラのレンズが重かったのか?
               13:00に出発 9月14日14:20成田着
               湖はわかったが、山をなかなか特定できまかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         
    
                   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イエローナイフとカナディア... | トップ | 富士山山麓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事