オレンジの日記

日々の暮らしの中のささやかな幸せを綴りたい・・・!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドクターセクレタリー。

2012年10月21日 | 日記
自分が何をわかっていなかったのか少しわかり

ドクターと患者さんのお話が聞こえるようになり

内科のご高齢の患者さんと、若い先生の、噛みあわない会話が聞こえてくる

消化器の診察だったけど、検査画像には、腰の骨も写っていた。

患者さんもそれをご覧になっている。患者さんの足は大変お悪い。車を押していらっしゃる。

「先生、私の腰はどうでしょう。」

「ああ、それはね、整形行ってください!」

けんもほろろ、バッサリ、って感じ。馬鹿野郎。!はいらん。

今、必要なんだけど、その診察。

私は黙って後ろにいました。

イギリスの先生というのは全身を診ます。


「ナベショーのシニアライフ」というガーデニングブログを時々見ています。

ナベショーさんは、今は退職して、ミツバチを育てたりとか、

いろんな作物を作ったりしているのですが

以前はとある会社で所長をされていて、リストラなど(とてもつらい立場にいらっしゃいました。)

でも、今は、会社は、若い人が終身雇用で安心して働ける会社になっている、との事でした。

今働いているかつて同僚の顔も、明るい、とおっしゃっていました。

今の日本にそんな会社がどれだけあるのでしょうか。

リストラをしないで、業績順調の会社も一部あります。

私たちの職場、どうしたら、そのようになるのでしょうか。



人生で何が一番大切でしょうか。

お釈迦様は、おっしゃいました。

大切なのはたった一つの事だと。

答えは今、あなたの心の中にあるのですよと。

世の中には辛い事が多いです。

お釈迦様もこの世は苦であると申しました。

しかし、こうも、おっしゃったのです。

「この世は苦である。

しかし、この世は美しい、命は甘美なものである。」

お釈迦様の最後の言葉です。

私たちは、縁あって、この世に皆生まれました。

何故、この世に送り出されたのかわかりません。

でも、今は旅の途中で、皆それぞれいろいろな事を抱えています。

自分の中の光を信じる事、今の私にはそれしか言えません。

私もまだ、迷っている途中だし、わからない事だらけなのです。

皆様、オレンジのブログはしばらくお休みします。

私のブログに長くお付き合いいただいてありがとうございました。

皆様にメールいただいたりして、元気が出たこともたくさんありました。

人は一人で生まれて一人でまた、この世の余命が尽きると去ってゆくものですが

優しい何かに触れ合ったとき、こんな私でも生きていて良かったと思いました。

皆さん、本当にありがとうございました。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フウセンカズラを金網からとりました。

2012年10月20日 | 日記


この子は、前に写真に撮った子では?ここで育ったようなんです。フウセンカズラにまぎれてわかりませんでした。居心地良かったのかな。フウセンカズラを取ってしまったので、家がなくなりました。ごめんね。ほかにも植木いっぱいあるので、そこで新しい家を見つけてね。

職場で、挨拶をしたとき、ふと思う。挨拶は、禅から出た言葉で、「一挨一拶、その深浅を見ることを要す。」という意味なんだそうですが、その意味を知るには、挨拶を返さない相手にもし続けるというような、決して返しをあてにしてはならないものなんだそうです。よくわかりません、、、。決して返事をしない相手にずっと挨拶が出来るものでしょうか。返しがなかったらがっかりするのは、本当の挨拶ではないそうですよ。見るのは自分の心か、相手の心か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかる人にはわかってしまうこの景色。

2012年10月16日 | 日記


奈良のさる場所の、天皇陵でございます。



コスモスも揺れている。



神戸方面で、オリジナルフランス菓子を作っている方が、薔薇のお菓子を作っていた。真っ赤なバラのフランス菓子。最後に、色をつけたバターを吹き付けているのだ。食べてみたいもんです。うちの電子レンジが壊れて、新しいのを買いました。ロールケーキが焼きたい!!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書。

2012年10月09日 | 日記


ガーデニングが好きで、だから、表紙と題に惹かれて買いました。しかし、、!しょっぱなから、なかなか、ユーモアのある、楽しい先生のようなのである。最初思ったのとイメージは違うけれど、(もっと、病人さんとの真面目なコミュニケーションとかね、、、)面白いです。

先日の3合炊きケーキ、レシピ書いておきます。簡単なので。

薄力粉・・・55g

卵白 ・・・M3個

卵黄 ・・・M2個

砂糖 ・・・55g

塩ひとつまみ

サラダ油・・35cc

水  ・・・35cc

レモン汁・・10cc

炊飯器の内釜にバターかマーガリンを塗っておく。

① 卵白に砂糖の半量を入れ、つやが出て、ボールごとひっくり返しても大丈夫なくらい泡立てる。

② 卵黄に残りの砂糖を入れ、白っぽくもったりとなり、砂糖が溶けるまでかきたてる。

③ 卵黄に、塩一つまみ入れる、サラダ油、10㏄位ずついれ、かきたてる。水、レモン汁も準じていれてそのつどかきたてる。

④ 卵白をもう一度軽く泡立て、卵黄をさっくりと混ぜる。

⑤ 小麦粉をさっくりと混ぜる。

⑥ 炊飯器を普通の炊飯スイッチを入れて焼く。一度焼いてみて竹串をさして、何もついてなければOK。だめなら、もう一度押して焼く。

人気ブログランキングへ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

流れに身をまかせよ。

2012年10月09日 | 日記
テレビで、「素敵な人生の終わり方」でしたでしょうか?映画をしていまして、人の生き方というものを説いていました。亡き淀川長治さんではありませんが、映画って、なんか、あまりにも仰々しいところがあるよな~と思うところもありますが、映画のセリフに、感激しました。それは、

人生に喜びを見い出せ、目を閉じて、流れに身をまかせよ。

というセリフです。自分の奥底に問いかけるようなセリフだと思います。逆に、人生に喜びを見い出すような身の任し方だと、間違いがないと思う。




秋、ですな。丹波ではきれいな紅葉が始まっているそうです。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加