あれから50年・・アンヌのひとりごと

ズバリ!団塊の世代。ひし美ゆり子のブログsince・06・1・14

訃報・池谷仙克氏...

2016年10月25日 17時55分09秒 | アンヌのひとりごと
今しがた訃報メールが回ってきました。
円谷プロダクションの広報からのお知らせです。
『本日、池谷仙克さんがご持病(腸閉塞)を悪化されてしまい、お亡くなりになられたそうです。
会社あてに池谷事務所さんからご連絡をいただきましたが、
お通夜・ご葬儀は家族葬でおこなわれるということだそうです。

そのほか詳細は確認中でございますが、取り急ぎご連絡申しあげます。
ご確認のほど何卒よろしくお願いいたします。

この夏もウルトラセブン関連取材等々でお世話になっており、
お元気にお仕事をされているご様子でしたのでとても残念です。。』

まさか!池ちゃんったら再会の約束違えたままでズルイよ〜〜。
以前「映画でデート」した時の記事を読んで涙...ご冥福をお祈りいたします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東宝撮影所の同窓会!! | トップ | 暖かっ!心まで満たされた。 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
訃報・池谷仙克氏 (おさむ)
2016-10-25 18:34:47

訃報・池谷仙克氏!

『ウルトラセブン』(1967年 - 1968年)で特殊美術として

担当されましたね!

ひし美様にとっても多くお世話になられた方々の御一

人ですね!

素晴らしい作品を有難うございます!

御冥福をお祈りいたします!

Mr. Necrologia - Ikeya SenKatsu ... (Wagner Pelegrine)
2016-10-25 19:40:38
Konbanwa, Yuriko-san

SUMIMACEN!

A few times is difficult - even having translation - understand the context at all.
Then, for not making a mistake, I'm just thanking you for sharing this important event upon your life.

Oyaçuminaçai
情報ありがとうございます (バーバラ)
2016-10-25 20:19:55
調布市在住の者です。調布ジュニア映画塾のスタッフです。
池谷さんには、調布ジュニア映画塾の塾長を長年務めていただきました。
優しいあの笑顔が、素敵でした。。。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます😢
訃報 池谷仙克氏… (イビちゃん)
2016-10-26 06:30:32
コレを見て訃報を知りました。
とても残念です。
本人にこのアンヌさんとの映画デートのことを聞くと「…またかョ」というしぐさで苦笑いしながら話してくれた事を思い出します。

ご冥福をお祈りいたします。
信じられず言葉がありません (サコウ)
2016-10-26 10:51:31
今の自分にしてみたら信じられない僕のポカやミスやダメダメっぷりや非礼やらを全部笑顔で諭してくださった師である池谷さんの訃報に接しても尚、信じられない気持ちでいっぱいです。今の僕があるのは池谷さんのおかげです。本当にありがとうございました。
あまりに、、ショックです… (カンナ ハル)
2016-10-26 19:44:32
「セブン」は勿論、第二次怪獣ブームと呼ばれた頃の様々な作品。
幾多の映画、殊に実相寺昭雄監督とのお仕事などは印象的でした。
沢山の素敵な記憶を与えて貰えた池谷氏…
1986年、円谷特撮大会でお姿を拝見出来たこと、忘れません。
今はただ、故人のご冥福をお祈りします。
Unknown (中山公一郎)
2016-10-26 21:44:17
池谷さんの訃報、本当にショックでした。 誕生日が野菜の日でまダイアナ妃がパリでなくなった8月31日ということで親近感もすごく感じていましたし、、造形師としてもセブンで活躍していた(成田さんの後)ので改めて私にとってはレジェンドでした。DVDでシルバー假面を見た時、メイキングで元気なお姿を拝見していただけに淋しいです。
心よりご冥福をお祈りいたします。
ただのファンにも (リンデ)
2016-11-12 17:09:40
お優しい方でした。自分の仕事を大切にしておられて。ご冥福をお祈りいたします。
訃報 (古山和彦)
2017-01-28 16:53:46
こんばんわ。

謹んでお悔やみ申し上げます。
Unknown (山ちゃん)
2017-02-06 14:05:11
池谷さんは会社の先輩の従兄弟の旦那さんだったこともあって、今から随分前に茨城県岩井市と言うところで市民劇、平将門の演出をやっていただきました。私は制作件役者として一緒に活動させていただきました。10年暗い前に飲みでご一緒させていただいたときに、また、あのような金儲けではない地方文化創世の仕事をやろうと言われたまま、お別れとなりました。寂しい限りですが、なんとかまた、実現できればと思ってますので、天国で見守って下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。