にじいろ安場in浜松

静岡県浜松市を中心に
「LGBTを含むセクシュアルマイノリティが暮らしやすい社会の実現」
を目指す団体ですw

同性婚の「人権救済申し立て」は、どんな意味を持つのか。 LGBT支援の弁護士・山下敏雅さんに聞く The Huffington Postさん 記事より

2016年09月23日 | ACTION=LIFE
同性婚の「人権救済申し立て」は、どんな意味を持つのか。 LGBT支援の弁護士・山下敏雅さんに聞く
The Huffington Postさん 記事より

とても分かりやすい記事でした
時間のある時に参照あれ

立て続けにすみません

http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/25/lgbt-same-sex-marriage-toshimasa-yamashita_n_8194862.html

この記事をはてなブックマークに追加

無職中年ゲイが聞く、「LGBT差別禁止法」ってなに?本当にいるの?

2016年09月23日 | ACTION=LIFE
Letibee Lifeさん 記事より
無職中年ゲイが聞く、「LGBT差別禁止法」ってなに?本当にいるの?
http://life.letibee.com/2016-0915/

とても分かりやすい記事でした
時間のある時にぜひ参照してください

この記事をはてなブックマークに追加

同性婚人権救済申立弁護団(LGBT支援法律家ネットワーク有志)より 『同性婚 だれもが自由に結婚する権利』(明石書店)発売

2016年09月23日 | ACTION=LIFE
【情報提供】同性婚人権救済申立弁護団(LGBT支援法律家ネットワーク有志)より
『同性婚 だれもが自由に結婚する権利』(明石書店)発売

*****以下、ご自由に転載ください*****

2016年10月10日発売!
『同性婚 だれもが自由に結婚する権利』(明石書店)
 同性婚人権救済弁護団編

 2015年7月7日、「同性婚が認められないのは人権侵害だ」として全国455人の当事者が日本弁護士連合会に人権救済申立てを行った。
 なぜ法制化を求めるのか、どんな生きづらさ、不利益があるのか――。
 当事者たちの切実な声を織り交ぜながら、その実態を明らかにするとともに、婚姻制度にかかわる憲法や民法の論点、同性パートナーシップ制度や同性婚を認めている世界の動きも解説。
 さらに2015年6月の米国最高裁判決も収載。
 日本社会が同性婚の問題を人権の問題として認識する契機になることを願って、いよいよ刊行します!

目次
PART 1 悩み・孤立・生きづらさ ―私たちが同性婚を求めるのはなぜか
PART 2 なぜ、差別や偏見があるのだろう? ―「同性愛嫌悪」の根底にあるもの
PART 3 同性カップルを取り巻く不利益 ―かくも不平等な法律、制度、ルール
PART 4 憲法や法律は同性婚をどうとらえているか ―「憲法では禁じられている」の誤り
PART 5 世界にひろがる同性婚 ―日本との違いはどこにあるのか
《付録》 同性婚を憲法上の権利として確立した米国最高裁判決

定価:本体2,000円(+税)
発売日:2016年10月10日
A5版/並製/264ページ


--
同性婚人権救済申立弁護団(LGBT支援法律家ネットワーク有志)

http://lgbt.sakura.ne.jp/lgbt/humanrights/

twitter @sameloveinJapan

この記事をはてなブックマークに追加

Eテレ 「オトナヘノベル」本日19時25分より LGBT特集

2016年09月22日 | ACTION=LIFE

この記事をはてなブックマークに追加

ビートルズ 最高w

2016年09月22日 | おおはた君のちょっと豪華なひとり言w
ビートルズ 映画版 よかったー
絶対スクリーンだよね
一緒に歌いたかったけどすごい我慢したー
みんなも観てー

あ、セクマイ関係ないっす


この記事をはてなブックマークに追加