Annabel's Private Cooking Class あなべるお菓子教室~”豊かな暮らし”

あなべるお菓子教室ではお伝えできなかった”お話し,コツ,それに海外のレシピ”を合わせてご紹介していこうと思っています。

ハーブ

2017年03月21日 | ローズマリー

13.デオドラント

ローズマリーデオドラントと言えば、ローズマリーエッセンスを使った、どちらかというと商業ベースに乗ったスキンケア―グッズを思い浮かべますが、ここでは極めて自然で、素朴なデオドラント (チンキ) について述べようと思います。ローズマリー成分がニオイのもととなる菌の繁殖を防いで、快適な素肌をキープする、体臭や加齢臭のもととなるバクテリアの繁殖を防いでくれます。

( チンキとは、ハーブをアルコールに漬けて、ハーブの有効成分を抽出したものを指します。ヨードチンキ (ヨーチン) やタムシチンキを思い出す方もおられるかもしれませんが、これらは正確に言えばチンキではありません。)

  

 http://womenslifestyle.com/antiperspirant-pit-falls-reasons-to-change-to-natural-deodorant/ から

 

ローズマリーデオドラント

 

材料( 200 ml分 ):

無水エタノール               200g

ドライローズマリー              7.5g

ドライペパーミント              5.0g

ドライローズ                5.0g

ドライセージ                3.0g

 

(無水エタノールの代わりに、上のレシピに精製水を入れて作った40%アルコール水又は40%ウォッカを使ってチンキを作ることはできますが。ローズマリーに含まれるウルソール酸を効率よく取り出し、軟膏にすることができません。美容に効果があるというウルソール酸はアルコール溶性、融点289℃でワセリンに溶けない脂質不溶性だからです。) 軟膏にしないのであれば作りやすく、使いやすい(しかも飲みやすい)ウォッカに漬けるとよいでしょう。

ローズマリー軟膏を作るにはローズマリーを無水アルコールに漬けてウルソールをアルコールに溶かし、ワセリンと混ぜて加温します。アルコールが蒸発してワセリンの中にウルソール酸が残ることになります。

 

方法:

1. ハーブ類をすり潰し、瓶に入れる。無水エタノールを加える。

2. 1-3ヶ月静置する。

3. コーヒーフィルター又はクッキングペーパーで濾過する。密閉容器に入れて保管する。

 

 

この項少し続きます。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハーブ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。