Annabel's Private Cooking Class あなべるお菓子教室~”こころ豊かな暮らし”

あなべるお菓子教室ではお伝えできなかった”お話し,コツ,それに海外のレシピ”を合わせてご紹介していこうと思っています。

プラムとレーズンのシュトゥルーデル

2016年12月24日 | パン

プラムについて調べようと思ったのはもう一つの理由からです。

このページの写真( 1991年8月のGourmet誌から )の美しさに見とれたからです。ほんの少しグレイに着色された紙面を背負ったプラムはことのほか映えた色彩を演出していました。この姿を見て、一体このプラムは何という名前なのだろうと思うのは私一人では無いでしょう。

  

 

( 左から )グリーンゲージ、サンタロザ、イタリアンプルーン、イエローゲージ、チェリープラム、バーガンディプラムであろうと思われます。“アメリカ国内で調達できるプラム”という条件で、プラムの名前を挙げると上のようになりました。切り口が分かればもっと自信を持って答えられたのですが。間違っているかもしれません。

今の日本ではここまでの種類をキッチンにそろえることはできませんが、それでもこの中のいくつかのプラムは手に入れることができます。数年、といっても20-30ほど前には考えられなかったことです。それだけ作ることのできる料理-お菓子のレパートリーが広がったと言うことで、嬉しい限りです。

さて本題のプラムのシュトゥルーデルに移るとしましょう。

 

 

 これが次のページ載っていたシュトゥルーデルです。大きく崩れた表面のクラストからシュトゥルーデル生地の代わりにフィロペイストリィを使っていることがわかります。このあたりが20数年前のレシピの限界だったのでしょう。しかも、添えられたナイフは刀身が厚くシュトゥルーデルを切るには適していません。今はほとんどのアメリカのレシピではシュトゥルーデル生地を使っています( 解凍したパフペイストリィを使っているレシピもありますが )。

 

レシピを紹介しておきましょう。

 

プラムとレーズンのシュトゥルーデル

材料:

42.5 cmx30 cm大きさのフィロペイストリィ       4枚

溶かしバター                     56g

ブレッドクラム                    56g

イタリアンプルーンプラム(スライス)        120g

レーズン                      120g

アーモンド(挽いた)                 56g

グラニュー糖                     60g

コニャック                     1 TBS

粉糖                         -

 

方法:

キッチンタオルの上にフィロペイストリィをのせて溶かしバターを塗る。

他の3枚にもバターを塗る。ペイストリィの上にブレッドクラムを、縁の部分5 cm を除いて、のせる。

クラムの上にプラム、レーズンアーモンド、グラニュー糖、シナモンコニャックをのせて、タオルを使って固く巻いていく。縁を折り込んで巻く。表面に残りのバターを塗り、204℃ で25-30分間、きつね色になるまで焼く。熱いうちに粉糖を振る。

 

表面に塗ったはずのバターがその役目を果たしていません。ペイストリィが薄くて粉糖を受け止めるのに必要なだけの十分なバターがのらなかったからでしょう。粉糖は吹けば飛ぶような形で生地の上にのっています。

そのほかにも改良すべき点が散見できてとても参考になる記事と写真です。

 

レシピの中のイタリアンプルーンプラム(下)は;

小さくて濃い紫色をしていて、熟れると甘香りのするプラムです。熱を加えると赤紫色に変わります。

 

 

 

 

これに似たプラムにダムソン(下)があります。ダムソンは:大きなチェリー位の大きさで濃いブルーをしています。皮はピリッとするような渋みがあります。果肉は酸味があり生食には適していません。

 

 

 

 

ブログは来年まで少しの期間お休みさせていただきます。

皆様よいお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラム | トップ | 1980年代をみてみよう ・・・... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読者登録を (まあ)
2016-12-25 20:39:45
こんばんは。
読者登録を頂きましてありがとうございます。
素晴しい方に登録をいただいてビックリしています。
ブログ素晴らしいですね。
勉強させてください。
ワクワクします。
Annabel Lee・・・ (Tony)
2016-12-25 23:59:31
 Annabel と聞くと62年前、大学1年の19世紀米文学講義を思い出します。Edgar Alan Poeの短編詩Annabel Lee:It was a many and many year ago, In a Kingdom by the sea,・・・と幼くも美しい乙女の恋心を抒情的に歌い上げた作品でした。New York Times が彼の絶筆として発表しました。

 それはそれとして、シュトルーデルは私がとても気に入っていたお菓子。Marzipanstollen(stollenの部分はあまりにおいしいので盗まれたとでもいうのでしょうか)というドイツのお菓子に似てているなあと思います。

 専門的な事は分かりませんがレーズン、アーモンド、ヘーゼルナッツ、オレンジビール、レモンビールそしてバターが大量なのに3か月以上常温保存出来ると聞きました。1キロ以上のボリュームもすごかったです。日本ではあまりお目にかかりません。

 Tony
https://www.youtube.com/user/midorigaoka32
読者登録ありがとうございました (ひより)
2016-12-26 10:03:22
おはようございます。

この度は、読者登録ありがとうございました。
素敵なブログですね。
ゆっくり拝読させていただきます。

宜しかったら遊びにいらしてください。これからも宜しくお願い致します。
見上げれば空はいつも高い…です。 (花ゆず)
2016-12-27 00:00:57
初めまして、花ゆずと申します。
読者登録していただき、ありがとうございました。ご挨拶が遅くなって申し訳ありません。
ごくごく自分ペースな私のブログですが、どうぞよろしくお願いいたします。

こんなにたくさんの種類のプラム。自然の恵みは美しいですね。
子供の頃、実家には赤いプラムと黄色いプラムが実っていました。懐かしいです。
クラシカルな写真から甘い香りが漂って来そうですね。


おいしそう (よろずや)
2016-12-29 16:47:18
お近かったら、習いに行きたかったわ。
クリスマスに何か作ってみようと思い立ち、冷凍のパイシートを購入したはいいけれど、私お菓子作れなかったんだー(泣)
なので、作らないままクリスマスをスルーして、お正月用に何か作ってみようかな、と思案してますが、習いに行ったほうが楽しかもですね。

コメントを投稿

パン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL