Annabel's Private Cooking Class あなべるお菓子教室~”豊かな暮らし”

あなべるお菓子教室ではお伝えできなかった”お話し,コツ,それに海外のレシピ”を合わせてご紹介していこうと思っています。

ルバーブとストロベリーのコンフィチュール

2017年04月19日 | コンフィチュール

5. ルバーブとストロベリーのコンフィチュール 

 

リンゴとフレッシュルバーブ※を使ったジャム 

(今まで取り上げたルバーブのレシピはいずれも、特に記載はされていませんが、フレッシュのルバーブを使ったものです。)

 

イタリアのサイト http://allrecipes.it/ricetta/2246/marmellata-di-mele-e-rabarbaro-fresco.aspx から

 

材料:

フレッシュルバーブ            375g

ダイスに切ったリンゴ           375g

砂糖                   400g

水                    125ml

シナモンパウダー             1 TBS
ペクチン            1 bag (type Cameo pectine ※ )

 


Cameo  ( カメオ ) はリンゴの栽培品種の一つで、1987年にワシントン州ドライデンの果樹園でカウドル家によって偶然発見されたものです。デリシャス系の栽培品種に似ています。これで作ったペクチンを使っています。

 

方法:
1.鍋にルバーブ、リンゴ、砂糖、水、シナモンを入れて20分間又は果物が軟らかく                                             なるまでボイルする。ペクチンを入れて更に5分間クックする。

 

2.瓶に入れて蓋をして口金を布にくるみ、ボイルした湯の中に入れる。中が真空になるまで入れておく。

冷暗所又は冷蔵庫で保管する。

 

 このレシピは機知に富んだ内容です。「ストロベリーとルバーブのコンフィチュール」のレシピには、ルバーブの平坦な味わいを補うためにベリー類を補完するレシピもあります。しかし、癖のないしかもペクチンに富んだリンゴを使ったこのレシピは、ルバーブの利点を生かし、欠点を補った優れものです。

 

 

 

 

 

ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルバーブとストロベリーのコ... | トップ | ルバーブとストロベリーのコ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (mari)
2017-04-22 09:31:56
庭に咲くハーブを上手に活用する事ができず、いつも憧れを持って拝読させて頂いております、いつもありがとうございます。
mari 様 (yoshi)
2017-04-22 18:57:16
こちらこそ読者登録していただいてありがとうございます。
これからもハーブについて取りあげていこうと思っています。ご期待に添えるよう書かせていただきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL