暗~い毎日のはけ口

暗くも明るくもある毎日!
たぶんいつも通り欝な生活を大学で
送るであろうannに
どうか愛の手を!(マテ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もどれ

2012-09-09 12:45:54 | いつもはこんな人ですょw
もどってくださいおねがいします。
てんぷれひどい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

何年ぶりだーって訳じゃないけど。

2009-11-25 16:16:28 | いつもはこんな人ですょw
久しぶりにこっちを更新してみよう。

最近実験が適当な感じになってきていて、あんまり良くない。
歌の方も結局うまくないからあれなんだけど
でも今年は気になったことはとりあえずやってみるという話なので、
何がなんでも完成はさせなきゃいけないんだ。
とりあえず、とりあえず、ね。
それで完成したならうpしなきゃいけないんだけど、
あまりにも出来がひどかったら別アカでうpするしかないという。。。


あぁー肩凝る。
引っ越すと言ってまだ引っ越さずにこのまま2010年突入フラグ濃厚。
人生何が起こるか分からんね(えー

コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

自分ネタ。もはや内輪ですらない。

2009-06-26 01:24:36 | いつもはこんな人ですょw
感想。


私が言って良いのか分からないけど
聞いていてティーチャのやりたいことが見えなくなった。
内容を知っている私は聞いていて面白いけど、
勉強過程の彼らにとっては聞きづらいような気もする。
実験はみんな楽しそうにしてるけど、
講義中はどうなんだろう。
全学ゼミならもっともっと輝いた顔がみたいな。
先生ならそういう授業出来ると思うからな。
変に生命科学の授業に沿わなくて良いと思うのに。
変にパソコンに縛られなくて良いのに。


パソコンで問題を解いたりするのは良いけど、
なんとなくパソコンを使った授業って、
そういうことじゃない気がする。
はい、みんなで調べましょう。
そういうことなのかなぁ。。そういう使い方も良いのかなぁ。。
でもパソコンって個人なんだよね。
個人作業なんだよね。
電子辞書と同じだと思うんだよね。
電子辞書をみんなで引いたりしない、そういうことだと思う。

みんなはあの授業に何を求めて来るんだろう。
今度話しかけてみようかな。
先生が来る前とか。
せっかくそこにいるんだもの。
私が聞く側だったらこの授業取ってたかな。
微妙だな。初めは絶対に取ると思ってたけど、
求め過ぎたかな。ごめんなさい。ごめんなさい。

内容が飛び飛びなのだ。
毎時間ごとの内容がすごくすごく散らばっていて
体系的に知識を得ないと気持ち悪い自分にはキツイ。
ただそれだけのことなのかもしれない。
どうせ飛ぶなら思いっきり楽しい内容であって欲しい。
でも飛んでいるのにときどきすごく真面目な話になる。
真面目な話はレポートにすれば良い。


変に気負ったあの教室もなんだか罪っぽい。
入り口の良く分からない本棚。
ビデオ。でっかい薄型テレビ。

四面にプロジェクターがある意味も分からなければ、
パソコンがタッチペン付きの意味も分からない。



研究ってそういうものなのか。
深い意味あり過ぎて全然分からないや。
そういうことにお金をいっぱいかけられる今の人類って
本当にものすごく余裕があるんだな。
すごい。わたしらすごい。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

いつまで経っても

2009-06-26 01:11:14 | いつもはこんな人ですょw
道を歩くのは思った以上に困難だ。

小学校からの友人から性格が変わったと言われた。
ずっと同じつもりでいてもやっぱり変わっているのだろうか。

変わったと思っている。
そう、自分でも本当は分かっている。
その変化が良いのかどうかはわからないけど、
でも本質のところは変わってない。
絶対に変わってない。

変わっているけど変わっていないよ。
彼女はどっちを言ったんだろう。
分かってて欲しいから、今度聞いてみようか。



ちゃんと芯が通った人間に育っている。
そう願いたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢は大きく。

2009-05-03 19:13:58 | いつもはこんな人ですょw
小さいころは地球を統一して王になるのが夢だった。
理由は?
と聞かれて、

単にいばりたいだけだったのにも関わらず、
始皇帝の話を聞いてからは
戦争をなくすため!
だとかなんとかたいそうな理由を口走ったりもした。

現実問題国という概念が亡くなったらどうだろう。
民族という概念が亡くなったらどうだろう。

しかし亡くならないものに仮定の話をしても意味がない。


そうかと思えば、子供という概念はしかし、
そう昔からあるものではない、という学説を聞いたことがある。
昔の子供は小さい大人で、
親の仕事の手伝いをするのは当たり前、
私塾はあっても学校に行かせねばならない、という概念はなかった。

子供は学校に行く、大人になる前に教育を受ける必要がある、
という概念がなかったとしても、
例えばほとんどの民族で行われる成人の儀式、
これには子供と大人とを明確に分ける意義があるように思う。
実際それらの儀式を経て子供たちは
みなから認められる大人と変わるのだ。


と、自分が何を言っているのか分からなくなってきたので、
そろそろ終わりにしよう。

あぁーぁ、引越し。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加