あんみつとシナモン

ハイキング・山散歩・観光旅行・
美味しい店・美術鑑賞・等々
おすすめしたい事だけを
載せています。



上野芸大のオークラレストランに行こう!

2013年12月27日 | グルメ(都内)
10月初旬に行ったレストランのこと
今頃紹介します

上野 東京芸術大学大学美術館のミュージアムカフェです。




ここはホテルオークラが経営しているようです。



カウンター席は6席。



テーブル34席。



ここは芸大美術部 大浦食堂(学生食堂)の
2Fにあります。
吹き抜けのカフェから下を覗くと
芸大の学生さんが食事をしていました。
この中に未来の佐伯祐三や坂本龍一、
フジコ・ヘミングウェイがいるかも…




2013年・秋限定のランチは奈良の味めぐり
大和鶏の照り焼き丼(温泉卵付き)味噌椀香の物




ランチにはデザートとして 柿の葛餅付きです。

以上は1,800円のセットでした。

お食事は他にエビマカロニグラタン・サンドイッチ・カレー
       ハンバーグ其の他
     カフェはアラモード・ケーキ・あんみつなど色々ありました。

とりあえず、オークラ系なので、味はまあまあです。

上野で芸術鑑賞の後は、ここでお食事かお茶してもいいのでは?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹沢山系の弘法山に行こう!

2013年12月26日 | 山登り
良い天気が続くので12月中旬陽だまりハイクをしてきました。
場所は桜で有名な秦野盆地の弘法山権現山
いつもはお花見ハイキングで来ますが、
今回は木の葉が落ちて展望が広がる
晩秋の道を歩いてきました。

コースは小田急線秦野駅から歩き
鶴巻温泉駅まで歩く、一般的な駅から駅の便利なコース



秦野駅から歩いて約35分。
弘法山公園入り口から登山道は始まります。




コース最初の山、浅間山への登りはかなり急坂。



雑木林の中に鮮やかなモミジ



登りは25分程で終わり東屋やテーブルのある広場、
ここが浅間山山頂。




休憩には早すぎるので、次の権現山に向かいます。
ここも、少し急な登り。




15分程で権現山山頂。
権現山山頂は広く、南端に二層の展望台があります。




ここに登れば、今日は360°の絶景。
富士山、丹沢山塊、箱根、相模湾、江の島、
湘南平から高麗山の丘陵、秦野市街等々…




そうです!春は霞でなかなか見ることができない
富士山が今日はこんなにハッキリと(感激




やっぱり、関東の富士見百景 選定地ですよね。



富士山を見ながらゆっくりランチしたら
ゆるやかな坂道をくだり、弘法山に向かいます。




権現山から約35分で弘法山着。
弘法大師が修業をしたという伝説がある山。
大師の木像を安置した大師堂、参拝します。




最後の山、吾妻山は大師堂の脇の雑木林から行きます。
ミカン畑の脇を通ると、ミカン農家の方が
道の脇でミカンの即売をしている。勿論安い。




緩やかなアップダウンの道が続きます。
善波峠を過ぎると、尾根上の小さな広場が吾妻山
弘法山からここまで約60分。



ここから穏やかな山道をさらに下り
里山の雰囲気が感じられたら山道は終わり。
東名高速道路の下をくぐって鶴巻温泉駅まで。


浅間山権現山(243m)~弘法山(237m)~吾妻山
4っの山を通り抜けるコースは
浅間山の登り口だけが少し急なだけで、
他はのんびり散策ハイキング。
下山は鶴巻温泉で日帰り入浴もいいですね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由が丘のシャポン・ファンでランチを!

2013年12月23日 | グルメ(自由が丘周辺)
                  



自由が丘、熊野神社の参道右脇にあったレストラン
たしか以前はイタリアンだった気がしました。
久しぶりに通るとフレンチレストランになっていました。

表にメニューと料金表が貼ってあり
それを見ていると、中からマダムに声をかけられました。
その熱心な誘致でランチを食べることにしました。

料金的には以前のイタリアンよりはお手頃かも。
なんせ、前の店はコース料金をみて、
「特別な日に来ましょうね」と後ずさり
その後、特別な日はありませんでした。

で、このフレンチのお店はシャポン・ファンという名前。



それほど広くはない店内だけど
落ち着いた、大人のレストランという感じ。




店内から入口を見る。
窓からは隣の神社の木々が借景となり
エンジ色のテーブルクロスとよくマッチする。




「足元お寒くないですか?」とマダムが
かわいいチェックの膝掛けを貸してくれました。

今回はちょっとはりこんで 2,900円のランチコース。




            前菜
私は、三種(マッシュルーム・人参・ホウレン草)
   有機野菜の温製テリーヌとツブ貝の香草焼




           前菜
同行者①は信州ブランドサーモンの自家製スモーク
   ベジタブルピクルス添え




           前菜
同行者②は森のキノコのゼリー寄せ、エストラゴン風味
   帆立貝のカルパッチョ・ヨーグルトソース




           スープ
ブラウンマッシュルームスープ
スープは別料金。
+525円でたのみました。



           主菜
同行者①は本日のお肉料理。
私はちょっと苦手のラム肉ステーキみたいです。

   


           主菜
同行者②仔牛フィレ肉ステーキ




           主菜
私は、本日の鮮魚シェフスタイル
たらのベーコン巻でした。




           デザート



        コーヒー又は紅茶
勿論私は紅茶党




最後はお見送りしてくれた、
かわいくてイケメンのホールスタッフさんをパチリ

代官山からここ自由が丘に移ってきて
まだ2年目だそうです。

ここのオーナーシェフ森田幸二さんは
「ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ」
という称号を持っているそうです。

確かに、味はいいです。
女性向きの量だから大きな男性には足りないかも。
もう少し、タイミングよく料理が出てくると
評判のフランス料理店になりますね。



                   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光 霧降高原を歩こう!

2013年12月20日 | ハイキング
11月初旬に日光霧降高原をハイキングしました。


今回のコースはで表しています。

 日光駅→(バス)→霧降高原…合柄橋…畑原…大山…猫ノ平
 …マツクラ滝…玉簾滝…丁字滝…隠れ三滝入口→(タクシー)→日光駅



10:07
日光駅から約30分でレストハウスのある
霧降高原バス停に着きます。


10:16
少し車道を下り反対側に渡ると
大山ハイキングコースが始まります。


10:39
指導標に従い、気持のよい笹の道を歩く。
この後は雑木林の急な道を下ります。



10:54
T字路の分岐に出る。左の大山方向へ。


11:07
紅葉した樹木の間からなだらかな稜線の
大山が見えます。
橋は無いのに、沢が合柄橋という地名の場所を
通り過ぎます。



11:38
大山の西斜面は牧場。牧柵を通り抜けます。
通り抜け用の門の幅は50~60cmくらいか?
太った人や牛は通れませんね。



11:47
柵を越すと大山の登りが待っています。
草原の斜面につけられた踏み跡を登っていく。



11:56
紅葉した男体山や女峰山をバックに登る。
振り返るとひと足登るごとに展望が広がります。


12:09
広大な大山山頂には東屋が。
標高1158m。休憩・ランチには最高の場所。
5月から10月に来れば放牧された牛に会えますよ。



ここでランチタイム。
日光方面にハイキングや登山に来る時は
地元の食材で作ったお弁当を東武日光駅で
購入することにしているんです。



12:31
ランチが終わったら、猫ノ平に向かいます。
この草原、見えるところすべて霧降牧場。



13:00
猫ノ平手前までは牧場の車道と交差しています。
紅葉に囲まれた道。



13:07
猫ノ平に向かう草原の道。


13:14
猫ノ平近くの紅葉。


13:21
丘の上、気持よく続いているクマザサの道。


13:30
猫ノ平、見晴らし台に到着。
東屋で小休止。しばし景色に見とれます。



13:40
この猫ノ平で、牧場は終わり。
あとはマツクラ滝・玉簾滝・丁字滝に向かい下ります。



14:18
                  マツクラ滝
          


14:42
                    玉簾滝


14:54
              丁字滝


三つの滝を堪能したら、県道に出ます。
バスは少ないので
携帯でタクシーを呼び、日光駅にもどりました。


日光周辺は紅葉の見どころとして名高い地域です。
そして、紅葉を楽しみながらの
ハイキングは気分最高です。
色鮮やかで美しい秋の色を見にまた来年も来たいです。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原宿「ASOKO」に行こう!

2013年12月16日 | 日記

うかつでした。
最近 巷で評判の雑貨や原宿にあること
最近まで知りませんでした。


大阪発の雑貨店ASOKO原宿店は9月27日にオープン

一番近い駅、副都心線の明治神宮前駅には
東横線でそのまま行かれるから簡単でした。




まさか、まさか、オープンから約80日経っているのに
まだこんなに行列しているなんて
ガードマンに聞くと、50分位で入れるみたい。
それって以前より、待ち時間が少なくなったということ
う~ここまで来たら頑張って並ぶぞ~


開店早々に行くと、整理券を発行するそうな。
たとえば10:30に整理券をもらうと、
入店時間は二時間後だったりするらしい。
その間、他の店をショッピングしたり、ランチしたりして
時間をつぶすとの情報あり。




行列が入口に近づくにつれ、
ガラス越しに店内を覗きます。
ショーウィンドウに飾られた商品は
生活雑貨がメイン。
カラフルでオシャレな色合いの小物が多いようです。



40~50分でやっと入れた店内は
白を基調にした以外なほどシンプルな内装です。
商品は棚の上に見本が1個。
手にとってしっかり確認して(欲しかったら
棚の下にある商品をカゴに入れます。




DIYやホビーコーナー、キッチン用品、ステイョナリー、
アウトドア用品など、ASOKOオリジナル商品もあります。
店内は人数制限していても、混雑で落ち着いて見ていられない。
30分位で会計を済ませ、専用出口へ。




どうしてもいるわけじゃないのに、
でも、あってもいいか~程度の商品を3点ゲット。
バスケット…420円
15枚入りプラスチックパーティ皿…210円
パソコンのブルーライトを50%cutするPCめがね…1050円
   ※これは欲しかったんです。

次はASOKOのそばにできた、フライングタイガーにも
トライしますわ










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山種美術館で古径と土牛を鑑賞しよう!

2013年12月12日 | 芸術鑑賞


広尾の山種美術館では12月23日まで
小林古径の生誕130年を記念して
古径奥村土牛の作品を紹介しています。

一見すると二人は表現方法や描写に
違いがあるようようにみえますが
古径土牛は同じ梶田半古に入門していたこともある
兄弟弟子になるのでどこか共通する画風も感じ取れます。


6歳年上の古径土牛は尊敬し、手本にしていたようです。

あの有名な土牛「醍醐」の桜は
古径の7回忌の法要帰りに立ち寄った醍醐寺の桜(というより幹?)
にかなり魅了されたようです。

珍しい作品に古径の現存する唯一の油絵画が展示されてます。
セザンヌに影響されているように見えます。

山種美術館土牛の作品を135点も所蔵しているとのこと。
まだまだ、これからも貴重な作品を展示してくれると思います。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤野「東尾垂の湯」に行こう!

2013年12月09日 | 日記
中央本線藤野駅を起点にしたハイキング
山歩きをした後は
温泉に入って疲れを取りましょう。




お薦めの温泉は、
のんびりとした山の中にある
源泉100%かけ流しの東尾垂の湯
(ヒガシオタルノユ)



中央本線藤野駅から無料送迎バスで約15分。



温泉の入口です。
はお湯を抜いて清掃するため
朝一番(10時)はきれいで、
空いているし、おすすめです。




本来はタオルやバスタオル付きで850円ですが
タオルなしで平日550円という入浴料金もできました。




靴は脱いでキー付きの靴箱に。
館内は最近リニューアルされたばかりらしいので
きれいです。




脱衣所はけっして広くはないけれど
清潔感があります。




内湯は大・中・小と3っの浴槽があります。
それに露天風呂、ミストサウナ
浴槽にはジャグジーが付いているので人気です。

温泉はお肌がつるつるになります。
ここのコンセプトは美容と健康だそうです。

適応症は神経痛・筋肉痛・関節痛・其の他
ハイキングあとには、やっぱり入らなくっちゃね。

お風呂上がりには和室でのんびり休憩しましょ。
ビールもツマミも食事もここで頼めるから
山歩き後の反省会はここでできます。

休憩室の畳の上で大の字になって爆睡している人もいます。
気持よさそ~ぅ でした。

ハイキングや登山の後…とは言いましたが
都心から約1時間の近さで
源泉100パーセントかけ流しなら
温泉だけにわざわざ来るくらいの価値はあると思います。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉を歩こう!

2013年12月06日 | ハイキング
12月5日(木)晩秋の鎌倉を散策してきました。
でも、けっこうハードな山道があり、散策というよりは
ハイキングに近いですね。

今回のコース
 北鎌倉駅…明月院…亀ヶ谷坂切通し…寿福寺…
 …源氏山公園…葛原岡神社…佐助稲荷神社…
 …葛原岡神社…浄智寺…北鎌倉駅




11:03
明月院本堂。
円形の悟りの窓からは、本堂の後庭園が見える。
後庭園は秋は紅葉、初夏はハナショウブが美しい。
ここは拝観料(300円)と別に500円が必要です。



11:08
明月院庭園内


11:10
明月院庭園内にあるお地蔵様も
クリスマスファッション



11:14
明月院庭園内。 竹林とモミジ


11:33
明月院を出たら、県道21号線を歩きます。
長寿寺の脇から始まる亀ヶ谷坂切通しに入ります。


11:34
坂の途中から長寿寺庭園を覗くことができます。
長寿寺は非公開寺。
しかし、期間限定で一般公開をしています。



11:50
亀ヶ谷切通しを抜け、横須賀線を渡り
寿福寺の境内に入ります。



12:07
寿福寺のお墓の奥から、
源氏山公園に続く山道が始まります。



12:14
広い階段を登ると、


12:20
源氏山公園に着きました。
左奥に見えるのは源頼朝像。
源氏山公園でランチしましょ。



13:06
ランチ後に日野俊基郷を祀る葛原岡神社
参拝しました。



13:10
ここは恋愛成就の神社?
縁結び石の男石と女石。



13:35
銭洗弁天を通り越すと
朱塗の鳥居が建ち並ぶ佐助稲荷神社に到着。



13:40
佐助稲荷神社境内の一番高いところにあるのが社殿。
そこから下の拝殿を見下ろす。



13:50
佐助稲荷社殿裏の険しい山道をさらに登ると
雑木林に囲まれた尾根道。急な階段もあり。
 


13:52
鎌倉って、こんなに自然に囲まれているんだ…
それに登ったり下ったり、以外と厳しい山道です。



13:56
葛原岡神社に戻る道、高台の大きなお屋敷が目にとまりました。
東南に向いた建物の窓から見える景色は…
                    



13:57
由比ヶ浜から材木座海岸まで見渡す素晴らしい景色。
左手の小坪の高台からは、朝日が美しく登るのでしょうね…
贅沢ですね


14:28
葛原岡神社にもどり、
そこから始まる葛原ヶ岡ハイキングコースを歩き
浄智寺まで下ります。



14:35
そろそろ浄智寺が見えてくるあたりの
サザンカと竹林。



14:42
今日のハイキングコースの締めは浄智寺
総門から見上げた、石階段と中国風鐘楼門様式の山門。
6~7月はアジサイが石階段の両側を囲み
絵や写真には最高の構図です。


帰りはまた北鎌倉駅に戻りました。


鎌倉には数えきれないほど来ているのに、
今回もまた初めての道がありました。
鎌倉って奥深い








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し芋を作ろう!

2013年12月01日 | 日記


親戚がサラリーマン退職後
野菜作りにはまり、
最近は本業農家顔負けの野菜を
作っては送ってきてくれます。

一週間位前には玉豊という品種の
サツマイモが届きました。感謝

玉豊は干し芋にするのが一番と
手紙に書いてありました。

あまり甘くないサツマイモなので
干すことで、甘みがでるとのことでした。

干し芋は、
食べられる程度にふつうに蒸かし
 (この時点でつまみ食いをしたら、甘くておいしい)
皮をむいて
棒状に切るか、厚くスライスするかお好みにカット
乾燥網に並べて軒下などに吊るす
3~4日で食べられます。

私は、食べる時はオーブンでちょっと炙ります。

幹線道路近くに住んでいますので
ベランダに食べ物を干すことに(少々の)抵抗があります。
田舎の美味しい空気でできた干し芋ならもっと旨いのかな~

乾燥用の網は、しっかりした作りなのになんと百均ですよ。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加