あんみつとシナモン

ハイキング・山散歩・観光旅行・
美味しい店・美術鑑賞・等々
おすすめしたい事だけを
載せています。



ヴェネツィア展に行こう!

2011年11月28日 | 芸術鑑賞


今、江戸東京博物館では今年の12月11日まで
「ヴェネツィア展」を開催しています。

13世紀の黄金時代、
世界中の富裕階級に愛され栄華を誇っていた…
その黄金期の宮殿や人々の生活が、
絵画・服飾・通貨・などと一緒に
見ることができます。

「イタリア最北端にあるヴェネト州、
そこにあるヴェネツィア。
湿地に造られ、
500年前の景観を保持する街。
かつて『アドリア海の女王』と呼ばれていたこの街が
世界文化遺産に登録されたのは1987年。
ヴェネツィア湾に浮かぶ18の島々は
約400の橋と150以上の運河で結ばれている。
車が通らないので交通手段は船と徒歩
特にカナル・グランデ通りは、
歴史的建築物など美しくロマンチックな街並。
当時の街並みがこれだけ残っているのは
奇跡とも言われているそうな。
近年は丸太の杭を潟に打ちつけて
建物の土台にしてしていた工法の欠点と
地下水の汲み上げによる
地盤沈下が大問題になっている。」

「ヴェネツィア展」のサイト
http://www.go-venezia.com/






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一年中クリスマス!

2011年11月24日 | 散策

富士五湖の山中湖湖畔には一年中クリスマスの気分になれる
サンタクロースミュージアム クリスマスの があります。


 サンタや妖精、天使などは勿論、
                    世界のクリスマスに関してのコレクションが
                    展示されています。




ここに来れば北欧やドイツに行かなくても、
直輸入品のクリスマスグッズを購入できます。

一年中館内はクリスマスとは言いますが、
やはりこれからの季節に行くほうが
よりいっそうメルヘン気分になれます。


 山中湖の「クリスマスの森」のサイトはここからhttp://www.cnm.co.jp/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉台に行こう!(富士五湖・西湖)

2011年11月17日 | ハイキング

11月上旬に富士山北麓の紅葉台と
足和田山(五湖台)
ハイキングしてきました。
足和田山は標高1355mと
さほど高い山ではありませんが
富士山・樹海・富士五湖など
すばらしい眺望が売りです。
今回の紅葉台入口バス停から足和田山は
東海道自然歩道紅葉台コースに指定されています。





コース紅葉台ドライブイン…紅葉台…三湖台…
…足和田山(五胡台)…紅葉台…紅葉台ドライブイン





富士吉田方面から富士パノラマラインを走り、
紅葉台入口バス停を右折してしばらく行くと
「紅葉台ドライブイン」があるので
そこに車を止めハイキング開始(9:00)




ひだまり雑木林の中を、のんびりと行く(9:05)




「紅葉台」着。(9:15)
標識がある広場は富士山麓屈指のビューポイント。
この先のレストハウスは屋上が展望台になっているが
有料(150円)なので今回は同行者誰も
「登ってみよう」とは言わずパス。



 
 

三湖台着(9:50着)
樹海越しに眺める本栖湖や富士山は、
絵のような美しさ。
このコース中一番広大な眺めでした。
東屋もあるし気持ちがいいので、
ここでオヤツタ~イム
たっぷり休憩後は最終目的地の
「足和田山」(五湖台)に向かって出発(10:20)




アカマツ、カラマツが多い林は
尾根沿いのゆりっくりとした登り道。
展望はないが、
紅葉した樹々が美しい広い登山道。


              
        
 

「足和田山」(五湖台)着(11:30)  
二等三角点の周囲に方位盤やベンチがある。
立派な展望舎もあり、
富士山の眺めは最高。
河口湖方面はカラマツなどが
成長して眺望は今一つ。
ここで(待ってました
ランチタ~イム
帰りは来た道を(またまたのんびりと)
が待つ「紅葉台ドライブイン」に向かって
下山しました。
 





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ドコモダケが豊作?

2011年11月06日 | 日記


私の自慢の コ・ド・モ・タ・チ
いえ、ド・コ・モ・ダ・ケ
これだけ集めるのに
結構携帯を買い換えました…
な~んて言うのはウソです。

みんな、それぞれ手に色々な物を持って
集まってくれました。

…… 







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

サントリー美術館に行こう!(南蛮美術の光と影)

2011年11月05日 | 芸術鑑賞

六本木・東京ミッドタウンの
サントリー美術館では12月4日(日)まで
南蛮美術の光と影・泰西王侯騎馬図屏風の謎
開催されています。

16世紀半から17世紀初頭にかけて、
ポルトガルやスペインから来た南蛮船は、
日本に貴重な文物をもたらし、
宣教師はキリスト教を日本に伝えました。
キリスト教とともに
西洋画法を学んだ日本絵師が描いた
重要文化財の「泰西王侯騎馬図屏風は
初期洋風画の傑作と言われています。

面白いのは、
この屏風を光学調査しているところ。
デジタル高精細撮影・近赤外線撮影・
透過エックス線撮影・蛍光エックス線分析などで
下描き線や筆致の様子、
顔料などを明らかにしていました。
制作経緯の謎に迫っていて,
一味違った美術展でした。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年 秋のイギリス

2011年11月01日 | YouTube投稿

恥ずかしながら 初めてYoutube
作品を投稿してみました。
昨年10月中旬に行ったイギリスです。
紅葉を求めて、
エジンバラからロンドンまで
旅をしてきた時の写真です。

主な都市は
 エジンバラ、湖水地方、ハワース、
  コッツウォルズ地方、ストラトフォード・アポン・エイボン、
  ロンドン、その他

B・G・M も付けてみました。

  
         







コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加