起きて半畳寝て一畳。漫画とフィギュアであと六畳。

アナーキーすぎるタイトルで怒られました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボクはー海賊ーなのだーうーみのーおとこーなのだー

2008-02-26 02:32:17 | Weblog
オタクの履修項目
タクのドロップアウト問題 が、親記事かな?
風原兄や:オタクの卒業?おまえは留年だろ。
TOTO山閣下:たまには真剣に己と向き合ってみる。
この辺を経由してのことなので、孫、もしくはひ孫記事です。
●とりあえず、俺の履修科目はどうなのか?

・コミック
定期購読は『時代劇コミック乱』『WJ』『KISS』『KISS+』『メロディ』『メンズヤング』『アフタヌーン』のあたり。たぶん今度から『REX』も。
立ち読み:ゴラク、アクション、サンマガ、キンマ(むこうぶち)、キンマオリジナル、ZEROSUM(ミカベル)、別冊花ゆめ(ジェニー、迷宮)、そしてコミックラッシュ(小池定路一択)
押さえるべきところは押さえてるラインナップだと思います。

・ライトノベル
これは個人的にまだ現役だと思ってる。シャナ、ハルヒは話題になったときに読破。それ以外にも秋山瑞人やフルハシは即買いだし、菅野と水菜たんは外せないよね。
あ、そうそう。オモイデ外伝1は去年。2が3月に出るよ兄や。
ところで、今一番はまっているのは時代小説。

・アニメ
見ることができる範囲でカバー。コイル、プリキュア。あとセツナ・船越・セイエイ。おでんくんは傑作。特に、おでん鍋が煮立って池の水を争う話は鬼気迫る。

・アニソン
時代と逆行しているのは認める。
Fire Bomberのライブを見るために2045年までは生きようと思う程度のオタク。
それ以外だと、ここ最近のフェイバリットはミドリカワ書房。

・西友
なんとなく昔の人はわかるよ。 EVEバーストエラーのおまけディスクで子安に死んだ。

・コンシューマーゲーム
DSとPSPでそこそこ。地味にやってますよ、しばらく世界樹月間だし。

・アーケードゲーム
大筋と違うラインで、タイムクライシス4にいまだに挑んでます。
あとD&DSOMをたしなむ程度。 三戦はタイミング逃した。

・エロゲー
スクイズをインストールだけした。
事前情報をもっと得たら買いたくなると思う。たぶんきっかけが足りない。
公爵復活希望。

・非電源ゲーム
リーフファイトとレンスト。一応SGも。
Chessはプロブレム解けなくて泣いてます。好きな定跡は白だとReti、黒だとFrench。

・立体
時間があるなら、彫刻刀とノミ持って木像を彫りたい。
実家にいたころは自分用の篆刻作ったりしてた。ちっともオタでない。

・同人
まだ引退なんかしてねぇッ!
こっそり、設定練ったり書き散らしたり。

総括:オタクというより爺だ

ここから本文。
閣下がおっしゃっていることは彼女と共にウンウンと同意した。
自分もまた『なってしまった』側だ。
現在のオタク界というのはおかしなもので、『流行』がまかり通ってるんですよね。
気がついたら好きなものがあったから夢中になってやってる。
それだけのシンプルなことだと思うんです。
江川紹子や村上龍が百万言を連ねてオタクを説明しようと躍起になっても、結局はそれだけなんです。

子供のころから見てたレッドが好きだから戦隊モノが好きだ。
中学のときに友達に薦められて、そこから腐女子になりました。
その文章にショックを受けてFateは文学ですよね!

そのことに気づいて夢中になってるときってのは全部一緒なんだ。
だって俺がそうだったもん。

ただまぁ、以前は閣下の言のとおり、『消去法でオタクになった』人のが大半だったんですよね。
『選択肢の一つとしてオタク』になった人が多数になったことで、いや。オタクがそこそこの数を得たこと、そして、オタク間の情報交換が高速になったこと(以前。つまり閣下や俺のような人間がオタクになった時代は、世間一般の人間の流行のみがマスコミに取り上げられてた。オタクはその点分散していた。しかし、ネットという場を得て、オタク内の流行が容易に全世界的に把握できるようになった。)つまり、オタク内のインフラが整備されたことで、世間の少数派であった人たちが、オタクの中で多数派になる機会を得た。 それが今の『オタク』なのではないでしょうか。
それがいいことなのか悪いことなのかわかりませんが……






なんて、俺が物分りのいいことを言うと思ったか?

細分化されて、深いところのものを良しとする人間はそれでも一定数いると思います。
俺は少なくとも佐藤雅美の「物書同心居眠り紋蔵」を読むので忙しいぜ!


ところで、兄やへ。あなたは中退や留年ではありません。というかきゅうりの大半にいえることですが。
きっと、大学を卒業して院に行ってるんです。
わりばしさんなんて院を通り越して研究者だね。骨董鑑定士ならぬ『ちゅぱ音鑑定士』
タモリ倶楽部のノリで、『わりばしさんが選ぶ、ちゅぱ音鑑賞会』なんてやってみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レンストのデッキが作れない... | トップ | 専用機・量産機 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL