ankoのブログ

皆さんのブログを楽しみたい

身内の名の狼たち

2016-10-14 12:12:02 | Weblog

1945年敗戦の時結核が大流行しました

感染してわたしも20歳前半は入院生活でした

結婚も遅く私には子供がありません

そこで現役の時

老後に備えてせっせとお金を貯めました

おかげで年金もあり老いても生活の質を落とすことなく

平穏に暮らしてゆけます

兄弟たちもなくなり甥姪の代です

昔人間ですから身内がうれしく近寄ってゆくと

なけなしのお金を上手に取られてしまいます

身内の詐欺など新聞で読みますけれど

世間 親戚に恥ずかしく表ざたにできない

そこを見越して私が認知症になるのを待っている

亡くなった両親はお金はいくらあっても荷物にならない

無駄使いせずにためるようにと教えてくれたが

それが正しかったのか

 

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爆買いの中国人 | トップ | 黄色い蝶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL