Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

憂さも垢も流します!

2017-09-15 01:33:10 | ライフスタイル
メイおばさん、およそ物ごころつく頃から運動がだめ。
小学校の通信簿は、体育だけがドスンと落ちこんで(涙)。

これではならじと、中学生になるや
憧れのテニス部に入ったはものの長続きせず。

道具を使わないスポーツならばいいのでは?
と期待したところで
かけっこも腕立て伏せもからっきしだめで。

もう無駄な望みは切り捨てて
ダメならダメであきらめて歩いて行きましょう
と、悟ったのでありました(笑)。

そんなメイおばさんの人生がガラリと変わったのは
かなり後半になってからのことでした。

なんと長年「金槌(かなづち)」だったはずのメイおばさんが

ところで「金槌」なんて言葉、今の人たちにもわかるのかしらと心配になって検索してみたら
おっ、使われているようではりませんか(笑)。

ということで続けます。
それまで「金槌」だったメイおばさんが
ある時から足の届かない所でも泳げるようになったのです。

なにしろあれは
水着とゴーグルとキャップだけの道具なしでいいものですから
もうそれはそれは夢中になってしまいました。

そしてふと気づいてみれば、大人になってのかなりの年月
かなりの頻度で、いろいろな国のいろいろな町の
いろいろな所でお魚さんになってきたのです。

東京暮らしの間でもせっせとプールに通います。
とはいえ車で10分のプールは
いつ行こうがまず人がいっぱいで
ぶつからずにまっすぐに泳ぎ切ることもなかなか難しく
とっぷり疲れてしまうのです。

それがここシアトルでは何という贅沢でしょう。
エレベーターで三階分上がればそこは
窓の向こうにダウンタウンの摩天楼とオリンピック半島
晴れていれば雪をかぶったレイニア山
そしてワシントン湖が見渡せる
24時間365日泳げる温水プールです。


しかも外デッキにはブクブクと泡が水面を白くする
まるで露天風呂、いえ、まさしく露天風呂
ただし水着で入るお風呂のような露天風呂(笑)。


いい湯だなとばかりにうっとりする目の前には
晴れてさえいれば雪をかぶった美しい山々。
見上げれば高い空には飛行機が行き来をし。

24時間365日の室内温水プールでは
よっぽどのことでもなければさぼる理由も見つからず

かくしてメイおばさん、たいていは起きてすぐの6時から7時頃に
誰もいないプールでひとり、黙々と数を数えながら
25往復をする日々となりました。

いつ行こうが、洗い立ての真っ白な大きなタオルが使い放題
シャワーブースには押せば出てくるリキッドソープと
シャンプーとリンス。
シアトル暮らしの一番の贅沢です。

そんな生活を続けていたら
とうとうこんなになりました。

ビヨーンと伸びきった水泳キャップに穴が開いて

穴の向こうに美しい景色が見えます。


けれどもぽっちゃりしていた足は細くなりました。
血行も良くなったのか肌の調子もよくなりました。
どんなに食べても太らなくなりました。
泳いだ後の濡れ髪で失礼します(笑)。


そして何よりよいことには
水の一かき毎に、この世の憂さも心の垢も
流せるようになりました。

こんなお気楽なメイおばさんでも
あるもんなんですよね、憂さと垢(笑)。


読んでくださってありがとうございます。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ

―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
9月15日:シンプルでも売れ行き上々~ギリシャ風田舎サラダ
9月13日:Moon Drops 月の雫?
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笹の葉に乗せた想い | トップ | 上る人と下る人 水の人と陸の人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライフスタイル」カテゴリの最新記事