Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

移動暮らしの無駄は自由への道?

2016-10-17 05:38:58 | ライフスタイル

これはわが友、ジェニーが最後に会った先月半ばに
走り書きをして渡してくれた小さな紙。

Back in US Oct.8
In Florida Nov. 5 – 2 weeks
Dec.19 – Jan.6 Cruise
Leave for UK Jan.16 – March 26
Malta Feb 23 – 28
Kent Mar 10 – 14

今年後半から来年3月までの夫妻の予定、いえもっと
的確な言葉で言えば「居所」です。

同じように私も私の「居所」を手帳のページに書き込んで
ピリピリと切って彼女に渡します。

もうずいぶん長い間こんなことを互いに繰り返してきました。
うまく居場所が重なることもあります。

振り返ってみれば
東京で、ワシントンDCで、ロンドンで、パリで、シアトルで
ローマで、ミラノで出会うことができました。

今年の3月にはケンジントンにある彼らの家を訪ねましたし
夏にはいつものようにワシントンDCのポトマック川に面した
美しいコンドミニアムを訪ねることもできました。

彼らもまた私たちの東京の家に来てくれたり
シアトルの家に来てくれたり
あるいはパリで落ち合ったりもします。

彼らと出会って間もない頃
まさか我が身が同じようになるとも思わずに
ジェニーに聞いてみたことがあります。

「そんな移動暮らしでは荷物を運ぶのも大変じゃない?」

すると彼女が一瞬不思議そうな顔をしてこう答えました。

「全然大変じゃないわよ。
 人は無駄と言うかもしれないけれど、車もPCも服も靴もそれぞれの場所に置いてあるの。だから飛行機に乗る時は身軽なのよ。」

そしてこう教えてくれました。

「メイ、何かがなければダメというのはその『何か』に縛られているようなもの。何がなくても大丈夫という気持ちになればあなたも『自由人』だわね(笑)。」

メイおばさん、まだまだ自由人への道半ばですが
少しずつわかってきたことは
自由に暮らすためにはこだわりを捨てること
そして上手にチャンネルを切り替えることかな?
などと思う昨今です。

今日はケンジントンの彼らの家の前を通りましたけれど
ジェニーのメモによれば二人は目下ワシントンDC。

ところでこうした移動暮らし
時によって「いいですねえ」などと言われることもありますが
とんでもない、無駄が多すぎます。
時差の間を行き来しなければならないために
たぶん老化も早いと思います(涙)。

冷蔵庫の中を整理するだけだって大変です。
ちなみにこの写真は
ワシントンDCを発つ直前の冷蔵庫です。



読んでくださってありがとうございました。
どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
10月16日:ロンドンの土曜市場のコロッケお握り
10月14日:トンボのボトルで一緒に飛んで
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訃報と白いシクラメン | トップ | なぜかパリのディズニーラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む