Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

ウィンザー城の思い出その1

2017-05-13 23:41:40 | イギリス


「ここは世界で最もロマンが香る城である。」

こんなフレーズで始まる「ウィンザー城」公式ガイドブックの一行目。
続く説明は

「ウィンザー城」は11世紀末にウィリアム征服王(在位1066~87)によって建造されました。以来39代にわたる君主の城館となっており、常に居城として使用されてきたイギリス諸島で最古の王宮です。」


なんでも現在のこの国の首長、エリザベス女王がこの城に公式滞在するのは、復活祭と毎年6月の特別な礼拝の年二回だとか。


ロンドンから公共の交通機関で行くには電車かバスですが
私たちは車で行きました。
高速が混んでいなければものの30分で着きます。

ここはなかなか素敵な場所です。


郊外だけあって、同じ衛兵交代を見るのも
自然に囲まれて、すぐ目の前で、と言った感じ。

ガイドブックによれば
このウィンザー城の城内には
主任司祭と聖ジョージ会の参事会員、ウィンザー騎士団を含めて
なんと160人余りの人たちが。

そして、お城の中に暮らすのは
メンテナンス要員、ハウスキーパー、ポーター、時計師、厩番、御者、家具修理師、聖歌隊員、聖職者、警官、兵士、フラッグマン、監視員、図書館員、博物館員、製本師、保存監理員、文書館員など、200を終える人々が常時働いているのだとか。

メイおばさん、その人数よりも
「うわあっ、そんなにたくさんの職種があるんだ!」
と驚きましたよ(笑)。

お城の面積は10.5ヘクタールといいますから10万5千平米!


と言ったってなかなかピンときませんが
とにかく広いと思いましょう。


その証拠に
225室の寝室を含む951の部屋があるそうですし
公式晩餐会が開かれるホールのテーブルには
160名が座れるそうですし、、、、、


まあ、それが「王室」、それが「お城」というものなのでしょうが。

さてさて続きはまた次回。
衛兵交代の時に気になってしょうがなかったことにつてもまた次回。

読んでくださってありがとうございます。
どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ

「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
5月13日:金曜日はイタリアンテイクアウト
5月12日:まさかのデーツとアーモンド

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャスミンの季節 | トップ | 今年もまた母の日に思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む