Rain or Shine~メイおばさんの宝箱

雨が降れば虹が出る、晴れた空には光が躍る。
雨でも晴れでも歩きましょう!
世界のどこかから、あなたへ贈るメッセージ

ノッティングヒルの本屋さん

2016-10-14 06:03:37 | イギリス
早春の3月
アメリカ東岸のワシントンDCから
大西洋を越えてロンドンへと飛び立ちました。

そして、フランスのボルドーへと飛ぶ前の数日を
ロンドンに滞在しました。

私たちにとって
とりわけ夫にとっては
ロンドンは慣れ親しんだ地であるだけに
巣通りをすることができなかったのです。

ケンジントンのホテルに滞在し
動き回る日々の中でふと立ち寄ったのが
ノッティングヒルの地下鉄の階段を上がってすぐの
四つ角にある本屋さんでした。


本屋さんと言っても入ってみれば
置かれているのは中古の本と中古のCDの
「古本&古CD」の店。


料理本を3冊とCDを3枚買いました。
安上がりの、とは言え、なかなか良い買い物でした。

ノッティングヒルという町も
その四つ角に立つ黄色い壁の本屋さんも
単に旅の途中の通りすがりの町と店でした。

まさかその半年後に
家族がノッティングヒルという町に住むようになって

そこを訪ねたメイおばさんが
たとえ期間限定でも
毎日この黄色い壁の本屋さんの前を通って
孫のナーサリーへの送り迎えをすることになるなんて
いったい誰が予想をしたことでしょう。

今日も良い本に出会いました。
しかも破格の値段です。


「200 twenty-minute meals」という料理本が1.99ポンド(250円)
「Extra Virginity」という
オリーブオイルについてかなり評判になった本が
2.99ポンド(380円)です!!

まさかこの町に戻って来ることになるなんて
まさかこの本屋で再び買い物をすることになるなんて

もしかしたら
たくさんの「まさか」もまた
生れた時からすでにできあがっている台本なのでしょうか。

人生というのはつくづく不思議なものです。

ところで、このノッティングヒルの本屋さん
どうやら閉店するようです。


次に来たと時にこの場所にあるのは別の店なのでしょうか。

たった2度の出会いなのに
妙にさびしい気がします。



読んでくださってありがとうございました。
どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。       ↓
       ↓
ライフスタイル ブログランキングへ

海外旅行 ブログランキングへ
―――――――――――――――――――
「メイおばさんの料理帖」はこちらです。
よろしかったらどうぞ覗いてみてくださいね。
10月13日:アイディア勝ちのフライドポテト
10月 6日:大根だって頑張ります!
http://blog.goo.ne.jp/mayobasan
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさかのロンドンで繋がらない! | トップ | 訃報と白いシクラメン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む