カフェテラス

テラスの片隅で一人心に呟くように

久米寺の紫陽花 ①

2017年06月19日 | ☆ ふるさと・大和

 

 

天気予報では、今日の最高気温が30度以上であると報じていました。

午後から予定があるので、涼しい朝のうちに出かけることにしました。

久米寺については、橿原市の観光に詳しく述べられていますので、その由緒や、久米の仙人伝説等興味のある方はご覧ください。

 

 

 

 

多宝塔と紫陽花 1

 

多宝塔と紫陽花 2

 

多宝塔と紫陽花 3

 

多宝塔を一回りして、そこに顔を見せている紫陽花を捉えてみました。

 

多宝塔の全景で、ここから塔の周りを歩きました。

 

次の画像は本堂裏の紫陽花園です。

 

 

 

 

 

 

本堂裏を離れて、散策道を歩きますと両側の紫陽花が、雨待ちなのに散水を十分にして貰っているらしく、

美しく咲いて迎えてくれます。

 

不動堂横の柏葉紫陽花が大きな花をつけています。

 

池を渡る橋もまるで、紫陽花たちに埋もれているようです。

時々近鉄電車の通過を知らせる警報機の音と、どこからともなくいい声で鳴いているウグイスの声が、紫陽花園の

静寂を破って耳に入ってきます。

涼しいうちに訪れて本当に良かったです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茶源郷 和束茶畑 歩き | トップ | 久米寺の紫陽花 ② »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久米の仙人 (東京老人)
2017-06-20 21:42:51
名前は知っていましたが、仙人さんのこと初めて知りました、樫原神宮のそばなんですね、
東京老人さんへ (anikobe)
2017-06-20 22:02:13
紫陽花の時期に近鉄電車に乗りますと、あっという間に過ぎるのですが、久米寺の紫陽花が、車窓から見えます。

久米の仙人のユーモラスな伝説、楽しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。