カフェテラス

テラスの片隅で一人心に呟くように

茶源郷 和束町

2017年06月16日 | ちょっとおでかけ

 

 

 茶畑を観に行くのだという人の車に便乗させてもらいました。

信楽へ行く時に何度か通過した場所です。

両側に山の迫る道。

その山の上まで至る所に茶畑を見ることができました。

昔ここを通過した時には、こんなに美しい茶畑があったのかしらと、なかなか思い出せなくて、その頃はいつも

朝宮茶の茶畑の傍に駐車スペースがあったので、その辺りの美しく育てられた茶畑を、カメラに納めていたのを思い出しました。

 

霜よけの風車が、畑の至る所にあります。

これも一つの茶どころの風物詩として捉えました。 

 

手前の屋根のある所から、望遠で撮っていました。

丁度休憩のお茶をしたい時でしたので、その敷地の中からの撮影でした。 

 

 

目に入る、和束茶の看板などを今度いつ来るか分からないし、これでお終いかもしれないので、できるだけ多く撮り置きました。 

 

「日本で最も美しい村」連合というのがあるらしく、和束町もその一角を担っている様で、道路標識にこんなのがありました。 

 

民家はきっと茶農家の方のお家でしょう。

工場らしい建物も見えました。

こうして画像を見ますと、前後を茶畑の斜面に挟まれたようで、本当に美しい村だと、もっと方々を歩きたく思いました。 

 

 

 

幾何学模様のような茶の並びと、それぞれ違った色あいを見せているのは、刈り取った時期が違うからなのかしらと

いくら見ていても、いくら歩いていても、感激が湧いてきます。

膝の痛さもすかっり忘れて茶畑の美しさに、惹かれっぱなしの私でした。 

 

黒いシートと、白いシートをかけ分けた茶畑について、どなたか人が見えたら尋ねたかったのですが、

お昼時でしたので人影は見えません。

水田ばかりを見慣れている私にとって、山の茶畑は凄い魅力的な風景で、わくわく感いっぱいで、撮りまくっていました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雲 色づきが見えた空 | トップ | 空が燃えるひと時 朝は優し... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とんとん・とん)
2017-06-17 07:17:09
京都府相楽郡和束町のお茶畑撮影に行きたいと思いながら・・今年はいけませんでした、
お茶の緑は見ているだけで気持ちいいものです
ブログを見ているといった気持ちになれました、ありがとうございました
とんとん・とんさんへ (anikobe)
2017-06-17 14:34:05
お茶畑を見つめていますと、気持ちが洗われるようないい気分になりますね。
畑のお世話はずいぶんと大変でしょうが、その大変さが、あのような美しい情景をつくりだしてくれるのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。