カフェテラス

テラスの片隅で一人心に呟くように

道明寺天満宮

2017年02月23日 | ちょっとおでかけ

 

 

 

 

 

 

毎年、梅の便りを聴きますと、必ずお詣りする天満宮です。

大阪や京都の北野天満宮までお詣りしていたのは、自由に動ける元気な時でしたが、今では道明寺天満宮の観梅が、春のお出掛けの楽しみとなっています。

出かけたのは1週間ばかり前の、快晴で温かい日でした。

写真を見ていますと、青い空がとても綺麗です。

お詣りをしてから、本殿裏の梅園へ行きました。

それは次回に。

今日の戻りの寒さが、満開の梅たちにとってどうなのかと、今年の気象の気まぐれを、悲しく思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和民俗公園・古民家のお雛様

2017年02月22日 | ☆ ふるさと・大和

 

 

梅林で観梅の後、公園内を一巡するのは止めて、下へ降りてきました。

県内の各地から移築した古民家の、並びはいつ見ても懐かしいものです。

お雛様を飾ってあるのは、臼井家です。 

 

白壁と藁屋根の民家は、昔まだ国民学校時代に、母に連れられて金剛山の麓というより、今住んでいる所から見たら、金剛山にごく近い、水沢(みなそ)という集落の母方の祖母の家まで、お盆になると歩いてお墓参りに行った家が思い出されます。

その頃は、食糧不足の頃で、白いご飯など配給生活では食べられなかったのですが、そこでは、「よう遠いとこから歩いてきたなぁ。」と言って、大きな竈で炊いた、眩いほど白いご飯の美味しかったことが、農家の造りを見ていますと、遠い昔がとても懐かしく甦ってくるのです。

 

 

 

 

この日は、ボランティアの方が、竈に割り木をくべて沸かしたお湯で、温かいお茶を頂くことができました。

 

 

ボランティアの方が、せっせと作った竹トンボも、懐かしい遊び道具でした。

父が作ってくれるのを見て、弟たちも小刀を使って竹トンボを作り飛ばしあっていたのも、

幼い頃の思い出に繋がって、古民家は昔の暮らしへと誘ってくれます。

 

明日25日から、博物館の方で、ひなまつりが始まりますが、それまでは臼井家だけに雛飾りがありましたので、

次から次へと多くの人たちが見に来ていました。 

 

 

 

春1番の春の嵐の前の、温かい日の民博の散策でした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やまと民俗公園・梅林

2017年02月21日 | ☆ ふるさと・大和

 

 

大和民俗博公園で、菜の花を黄色に感動した日のことです。

菜の花畑に着く少し手前に「みんなで育てた梅林」があります。

早咲きの紅梅が、今満開を迎えて訪れる人に春のプレゼントのような、香りを与えてくれます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅梅の方が早咲きのようです。

白梅はあまり開花していないようです。

でもこの辺りはとても梅の香に満ちていますので、梅林が満開になる日も近いことでしょう。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大和民俗公園の春1番

2017年02月19日 | ☆ ふるさと・大和

  

土手にしっかりしがみつく様に根を張ったタンポポは、早春の逞しさを物語っています。

 

 タンポポから目を離して、顔を上げた向こうに、菜の花が春の歌を歌っています。

 

昨年もここは菜の花畑でした。

でも昨年の花ではなく、今年の花がいち早く花を咲かせて待っていてくれたのは、素敵なお出迎えでした。

 

 

菜の花の周りでは、カメラマンさんが花1輪と語っているように座り込んで、長く見つめ合っています。

きっといいマクロのお花がカメラに収まっていることでしょう。

 

 

 

菜の花畑の周りの落葉樹は、まだ冬の姿で枯草色です。

でもこの黄色に元気を貰えた散策の人たちは、軽やかな足音を残して去っていきました。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

温かい国の花たち

2017年02月18日 | ちょっとおでかけ

 

 

 

 この日は、ぽかぽか陽気でコートも薄手のもので十分でした。

空には雲一つありません。

温室の中に入りますと、汗ばむくらいの感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

温室の中の花は、華やかです。

みんな花の名前がついていましたが、覚えないままに眺めるだけにしました。

中でも、薄紫の花が好きでした。

これだけでも名前を撮って置けばよかったと、今頃思っています。

  

温室を出たら植え込み花壇がいくつもあります。

その中に小動物や、鳥が遊んでいます。

これはきっと夜のライトアップで目立った存在になることでしょう。

クリスマスローズの咲く期間は長いのですね。

あちこちに、元気な花を咲かせていました。

 

 

 

出口の方へ散策していますと、花時計の花壇がありました。

もう少し高い位置からでないと、針の位置がどこを指しているのか、はっきり分かりません。

背の低い私には、困った撮影となりました。

でも寒い日の後の小春日和は、花の文化園でのとても楽しいお出かけでした。 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加