カフェテラス

テラスの片隅で一人心に呟くように

道明寺天満宮 ②

2017年02月25日 | ちょっとおでかけ

 

 

  

道明寺天満宮お梅園は、満開の木もあれば、あと半月ぐらいかしら、と思われるような状況でした。

梅林の中に入れませんので、散策道のロープの外からの撮影です。 

 

 

この枝垂れ梅は全く蕾です。

その日から1週間経っていますので、そろそろ開花する頃でしょうね。

 

紅梅の開花を白梅が演出の手伝いでもするかのように、開花と蕾が背景となっていて美しく思えました。

 

観梅橋の上の観梅台に立って、体の向きを変え乍ら目の下に咲く花たちを写しました。

  

 

 

 

 

 

 

   

 

青い空と空に向かって咲く古木の梅は、「おじいさんの木」と書かれて他の大木と共に、道明寺天満宮の梅林の

主のような威厳を保ち続けて今年も元気でした。 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

道明寺天満宮 観梅 ①

2017年02月24日 | ちょっとおでかけ

 

 

 

 

参道から境内を見ますと、梅の花の開花の色は見えません。

けれど、風に乗って仄かな梅の香りに嬉しくなってきました。

 

社殿に近づくにつれて、紅白の古木が美しい花をつけています。

 

 

枝ぶりから、かなりの古木の風貌が見られます。 

 

 

梅園の入口近いところに咲く、紅梅の色の優しさがいいですね。

この辺りでメジロをよく見るのですが、この日はどんな鳥も全く見えなかったです。 

 

 

梅園に続く通路の梅も、形よく剪定されています。

 

 

すっかり開花した木が出迎えてくれます。 

 

 

右の紅梅に比べて、しだれ梅は未だ3分咲きくらいでしょう。

これが満開になったら、この辺りは見事に華やいできます。

 

 

ここから梅園です。

カメラを持った人達が多く行きかいます。 

 

 

梅園に入るまでに、お猿さんの大道芸を見ました。

障害物をうまく飛び越えたので、拍手・拍手 可愛かったです。

毎年来ているけど、こんな大道芸は初めてです。

参道でシイタケや、ユリの根のお商売をしていたおじさんも、ここでお猿さんを見るのは初めてだと言っていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道明寺天満宮

2017年02月23日 | ちょっとおでかけ

 

 

 

 

 

 

毎年、梅の便りを聴きますと、必ずお詣りする天満宮です。

大阪や京都の北野天満宮までお詣りしていたのは、自由に動ける元気な時でしたが、今では道明寺天満宮の観梅が、春のお出掛けの楽しみとなっています。

出かけたのは1週間ばかり前の、快晴で温かい日でした。

写真を見ていますと、青い空がとても綺麗です。

お詣りをしてから、本殿裏の梅園へ行きました。

それは次回に。

今日の戻りの寒さが、満開の梅たちにとってどうなのかと、今年の気象の気まぐれを、悲しく思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和民俗公園・古民家のお雛様

2017年02月22日 | ☆ ふるさと・大和

 

 

梅林で観梅の後、公園内を一巡するのは止めて、下へ降りてきました。

県内の各地から移築した古民家の、並びはいつ見ても懐かしいものです。

お雛様を飾ってあるのは、臼井家です。 

 

白壁と藁屋根の民家は、昔まだ国民学校時代に、母に連れられて金剛山の麓というより、今住んでいる所から見たら、金剛山にごく近い、水沢(みなそ)という集落の母方の祖母の家まで、お盆になると歩いてお墓参りに行った家が思い出されます。

その頃は、食糧不足の頃で、白いご飯など配給生活では食べられなかったのですが、そこでは、「よう遠いとこから歩いてきたなぁ。」と言って、大きな竈で炊いた、眩いほど白いご飯の美味しかったことが、農家の造りを見ていますと、遠い昔がとても懐かしく甦ってくるのです。

 

 

 

 

この日は、ボランティアの方が、竈に割り木をくべて沸かしたお湯で、温かいお茶を頂くことができました。

 

 

ボランティアの方が、せっせと作った竹トンボも、懐かしい遊び道具でした。

父が作ってくれるのを見て、弟たちも小刀を使って竹トンボを作り飛ばしあっていたのも、

幼い頃の思い出に繋がって、古民家は昔の暮らしへと誘ってくれます。

 

明日25日から、博物館の方で、ひなまつりが始まりますが、それまでは臼井家だけに雛飾りがありましたので、

次から次へと多くの人たちが見に来ていました。 

 

 

 

春1番の春の嵐の前の、温かい日の民博の散策でした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やまと民俗公園・梅林

2017年02月21日 | ☆ ふるさと・大和

 

 

大和民俗博公園で、菜の花を黄色に感動した日のことです。

菜の花畑に着く少し手前に「みんなで育てた梅林」があります。

早咲きの紅梅が、今満開を迎えて訪れる人に春のプレゼントのような、香りを与えてくれます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅梅の方が早咲きのようです。

白梅はあまり開花していないようです。

でもこの辺りはとても梅の香に満ちていますので、梅林が満開になる日も近いことでしょう。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加