雑感 独り善がり

日々の思いや怒りを自分勝手な考えで綴る

京都の街は変な”着物もどき”を着た外国人で溢れている

2017-04-23 01:29:21 | 国際
今日久し振りに京都へ行った。
『都をどり』にお誘いいただいて観に行って来たのだが、お食事が美味しいだの都をどりがキレイだの、
申し訳無いがそんなことよりも気になったのが街の様子。
京都の街はもうずいぶん前からおかしいが、今日見た京都は更に異常だ。非常におかしい。
新聞やニュース・ネットで見て知っていたが、着物を着て歩いている?観光している?外国人の数が半端じゃ
ないのだ。
そしてそのレンタルらしい着物、見ているこちらが恥かしくなる。

あれが着物と呼べる代物か?と言う位、生地も柄もおかしい。
生地は実際に触った訳では無いが、遠目で見ても安物の化繊のペラペラだということが分かる。
浴衣?と一瞬分からなかったもの。
それと柄のひどさよ。
あれは着物とは言わんでしょ、あんな柄。
明るい原色に近い、花柄ばっかりで、これでもかっ!と言う位着物一面に花花している。
色も柄も決まりごと一切無視。あれは和服じゃない。まがい物の着物。
あれを日本の伝統的な着物だなんて言われると、思われると、日本の恥だわ。
”引きの美学”ってものが分かってないというか、まあそんなことは多分どうでもいいんだろうな・・・。
ぞっとするよ、本当に。
レンタル屋もレンタル屋だ。安く安く・・なんて考えると日本が失われるってことに気が付かないのかな?
そんなことどうでもいいの?商売が成り立ちさえすれば?
京都の街にそんな外国人が溢れている。ほとんどアジア系よ。欧米人はそんなことしてない。

この間ネットで見たけれど、中国人の観光客が減っているらしい。期間を短く切り上げて早目に帰る人も居るらしい。
その理由がふるっている。
外国に来てまで同胞の顔を見たくないと。
右を見ても左を見ても自国の人間ばかりで、日本とは思えないそうだ。
だからイヤだと。

よく言うよね。
そうやって中国人だらけの日本にしたのは一体誰なんだよっ!
中国人以上にイヤなのはこっちだよ。
しかしいい傾向だ。
どんどん帰って、出て行って。そしてもう来ないで。猫も杓子も来なくてよろしい。
本当に日本の良さを理解出来る人だけでいいよ。
本当のお金持ちだけでいいよ。文化度の高い人だけでいいよ。
日本中が荒らされ汚されて煤けてしまう恐怖がある。既にすすけているが。

都をどりの会場では観に来ている女性にちらほら和服。
どれほどホッとするか。全然違う。先の外国人らと同じ種類の衣類を着ているようにはとても見えない。
”粋”って言葉がぴったりと来る。やっぱり本物の和服はいい。ちゃんと着こなしている和服姿は美しい。
このブームもいつかは終わるのだろうが、一刻も早く終焉を迎えますよーに。
京都の人はプライドが高いから、こんな状況をバカにして呆れて無視しているんだろうな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一触即発の北朝鮮。拉致被害... | トップ | テロ等準備罪の拡大解釈。笑... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事