雑感 独り善がり

日々の思いや怒りを自分勝手な考えで綴る

井山裕太7冠て 凄い人だ

2017-11-18 02:01:31 | 日記
先日、結構”いい話だな~”とテレビを観ていて思うことがあった。
囲碁界の井山裕太7冠のこと。
いつも観ているバラエティの番組で、井山さんが出ていた。
バラエティに出るんだ・・・。
将棋の世界の人はそれなりに名前も何人か知っているのだけれど、囲碁に関しては知識も興味も
ほとんど無いから、7冠達成と言うのを新聞読んで知っていた位。

史上初の囲碁界の7大タイトル全制覇した人で、それも2度も。
囲碁界が産んだモンスターらしい。
観ていて思ったのは、慣れないバラエティに出て話ちゃんと合わせて、初めてのゲームも
結局は勝って。
頭の良い人なんだなと感じたし、やはり何と言ってもキングは人柄からして違うんだねと言うこと。
穏やかそうで人柄も真面目そうで28歳にしてあの落ち着き。大人だな と感心したよ。

そして何と言っても、彼の”哲学”が良かった。
それは、”常識的な手よりも自分を信じる”
”相手が誰であっても変わらない。好きなように攻めて勝ちたい”
いい話だ。
その日は孫たちが泊まりに来ていたので、録画しておいて翌日の日曜の午前中に孫たちの横で
録画を観ていた。
・常識よりも自分を信じる
・好きなように攻めて勝つ
その話を孫にしたよ。
『これ大事だね』と。
常識に囚われることは無いよ、自分を信じて自分のやり方でやりたいようにやればいい。
そして結果を出す。
ただーし!ここ大事だから。
自分でその選択眼を磨くこと!間違った判断をしない為にも、正しい選択が出来るようになる為にも
いっぱい本を読んで、色んな勉強して、それが出来る人にならなくっちゃねと。
おばあちゃんの話を真面目に聞いて『うん』と言ってくれるんだけど、分かってるよね。

あの井山7冠は、7冠になるべくしてなったと言うか、取るべくして取ったと言うか、
そういう人だと思った。
若いのにたいした人だな、人間的にも凄い人だなと感心しました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の変な指導者たち | トップ | ”誰かに怒られるから しては... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事