雑感 独り善がり

日々の思いや怒りを自分勝手な考えで綴る

籠池氏の安倍さんちへの可愛さ余って憎さ百倍の仕打ち

2017-04-29 14:15:20 | 政治
森友の籠池が、のこのこと東京へ出て来て、民進党が実施したヒアリングに出て、あることないこと
好き勝手に話した件。

・いかに森友が安倍夫人の昭恵さんと昵懇な関係にあったか
・そして小学校の認可や国有地の払い下げに当たってどれほど昭恵さんの力で便宜を図ってもらったか
  (であろうだが)
・『神風が吹く』ほど、昭恵さんのお蔭で忖度してもらったとか言いようがない
・挙句小学校の名誉会長を辞任する際はFAXが送られて来ただけで辞表の提出や面談もなく失礼な話だ

などなど、まあ民進が聞けば泣いて喜ぶような話ばっかりだ。
民進は飛びつくよね。
あとは他の議員や大阪府・大阪市への恨みつらみ・・。

一体何の為に籠池はわざわざ東京へ出て来て民進にあけすけにぶちまけてるのか?
国会の証人喚問では言い足りなかったので思いのたけをぶつける場が欲しかった?
渡りに船だよね。本人喋りたく喋りたくてうずうずしていただろうから。

しかしね、私が思うには
そういうのを『恩を仇で返す』とか『後ろ足で砂をかける』と言うんだよ。
そもそも今回の一番の問題は、『無理が通れば道理引っ込む』的なあまりにも強引過ぎると思われる
籠池・森友のやり方にあったからだと思うよ。
学校を新たに設置する・申請するなんて作業は、それこそ気の遠くなるほどの書類の申請・提出だの
陳情だの面談だのが必要であろうことは内容をよく知らない素人でも想像に難くない。
財政的にも主義主張信条、認可が下りるまでの一連のスケジュール・計画なんてものは、水も漏らさぬ
ほど、きちんとしたものでなければならないはずだ。
それを、お金は足らない、でも学校は作りたい。そこからして無理がある。
だからこんなややこしい話になったのだ。セコイこと考えるし。

籠池氏を見ていると、誰か(力のある人=政治家)に頼めば何とかなる・何とかしてもらいたいと考えて
いただろうことは明白だ。自身の計画の杜撰さを棚に上げて。
籠池夫妻が財務省相手に恫喝まがいの交渉をしていたともとれる場面も多かったらしい。

念願の小学校設立が頓挫して、今は安倍さんちのことを可愛さ余って憎さ百倍よろしく散々文句言っているが、
世話になったのは事実だろう。
昭恵さんの名誉校長だって、本人快くなんか引き受けてない。無理矢理担がれて気が付けばそういう状況に
なってたってのが本当だろうよ。
昭恵さん脇が甘過ぎて、総理大臣の夫人としては大いに問題があるだろうことは周知の事実だが、それでも
諸々世話になったことは間違いない。
金銭の授受なんてあろうはずがない。そこまで昭恵さんだってバカじゃ無いと思うよ。
しかしまあ安倍さんちも変なのに関わったものだ。
下手したら、簡単に考えていたら、命取りになるよ本当に。

今の森友と言うか籠池は見苦しい。
保育園に関しては業務停止になれば子供たちが可哀想だし預けている親御さんは困るわね。
でもそれもこれも籠池が蒔いた種だ。
あまりジタバタしてもらいたくない。見ていて不細工だ。
何ごとにも引き際が肝心。
教育者だというなら、今からでもその矜持を見せて欲しいものだ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北の方だから良かった?ア... | トップ | 安倍ちゃんに恨み節の二階に... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む