現代医学的鍼灸治療

針灸師および鍼灸ファンの医師向けに、現代医学的知見に基づいた鍼灸治療の概要を説明する。

バネ指に対する運動療法とテーピング

2006-03-21 | 上下肢症状
1.バネ指の病態生理と症状
 手掌側、指先〜MP関節にかけて靱帯性腱鞘がある。この腱鞘の肥厚により生じた狭窄性腱鞘炎中、「指が一定の角度に達すると、自動運動が制限され、これを自動的・他動的に強制屈曲させると弾撥性に屈曲するもの」をとくにバネ指とよぶ。
 
 腱の肥厚部は、指を屈している時には腱鞘外にあるので症状はないが、指伸展時には腱鞘内に潜り込もうとする。しかし輪状靱帯が肥厚していると、それができないので運動制限が生ずるわけである。朝、起きると片側の手で指を伸ばすようにしないと、指が伸びないなどと訴える。
 通常の狭窄性腱鞘炎は手背側に生ずるのに対し、バネ指は手掌側に生ずるという特徴がある。

2.バネ指の治療
 肥厚した腱を腱鞘内に滑り込ませることは不可能なので、滑り込まなくでも指がある程度伸びるようにする目的で、腱の元にある筋を伸張させる治療を行う。結節局所への鍼灸は効果がない。また早期自然治癒を目指して、就寝前に指をテーピング固定するという方法も考案されている。 
 施術により改善する例は多いものの、結節が大きく硬化したものは自然萎縮があまり期待できないので、手術の対象となる。手術成績は非常に良い。

1)代田文誌の運動療法
 代田文誌は著書の中で、「鍼灸治療はバネ指にあまり効かない」と記し、つぎのような運動療法を推奨している。
 「障害指の屈筋を中心に、患者の手首を術者の片手で固く握りしめ、その状態で患者に指を屈伸させるよう命じる。自力で屈伸できない指は術者が解除し、十回〜数十回屈伸させる。握る時も伸ばす時も、全力をだして強く行わせること。この運動をやらせていると、今まで自力では屈伸できなかった指が、突然に自力で屈伸できるようになる」

 上記方法を行ってみると、施術中は確かに指は伸びるようになるが完全に伸びきるまでに至らない例がほとんどである。患者の大部分は自宅にて熱心には運動をやらないこともあり、やはり完治させることは難しいと感じる。

2)就寝前の指のテーピング固定
 この方法は、私の先輩の原正之先生に教わったものである。腱肥厚部を無理に腱鞘内に入れようとする動作が症状を悪化させている。日中は意識的にこの動作を回避しているが、就寝中にはこの動作をしてしまうので、起床時にバネ現象は強くなる。したがって就寝前に指を伸ばさないようなテーピング、すなわち患指の腹側の3関節を縦走するようなテーピング固定を行うとよい。
 肥厚した腱は、免疫力や修復組織等の働きで自然に萎縮する。良性肢位の維持により、自然治癒を妨害しないことが大切である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ド・ケルバン病には偏歴運動針プ... | トップ | 緊張性頭痛は、後頸部と頭部の圧... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考にしてます (Junjun)
2011-06-06 21:01:17
毎日テーピングしてますが痛みも和らいでもしかしたら自然治癒も期待できそうですあまり引っかからなくなりましたよ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL