カプアン通信

カプアンとは
なんちゃっテリア
カプアとアンジェロのコンビのこと
カプアンたちの日常と
犬好き親爺の犬話閑話

外苑のモグラ

2014年01月30日 23時24分22秒 | カプアンの散歩



ひさびさに、いつもより遠方の散歩をしました。

前回の、TOYOTOWNに行ったのと同じ日です。
いったん家に戻って、カプアンたちに朝ごはんを食べさせてから
再び出かけました。

と言っても、ほんとは、歩いて行けるくらいの場所なんですが
カプアンママが疲れていて歩きたくないと・・・




着いた場所はいつもの神宮外苑。

散歩は後回しにして、人間のランチを先にすることにしました。




キハチも空いていましたが・・・




今回はひさびさのロイヤルガーデンカフェにしました。




こちらのお店も空いてました。すこし時間が遅かったからかもしれません。

いつも、犬がたくさんいるので、カプアンたちが大人しくできるか
心配でしたが、この日に限っては、他にワンコはいませんでした。




料理が運ばれてくるたびに、気にするカプアン。

あんたたちのごはんじゃないよ。




パンの匂いにひかれたのか・・・。

パスタランチ
グリーンサラダ、野菜のトマトスープ、自家製パン




カプアは家でも、食事をする我々の横に「ピッ」と背筋を伸ばして
お座りをします。
我々は「軍人さん」と呼んでいます。




パンチェッタと有機玉葱、茄子のトマトソース スパゲッティ

おいしゅうございました。
しかし、前回の話じゃないですが、この日本的なランチは
炭水化物だらけですよね。(笑)




カプアンたちには、パンをちょっぴりおすそ分けしました。




東京は、変わった人が多いです。

このリヤカーのような車にはワンコ3頭の席があり
一番後ろの子は頭巾のようなかぶり物をしています。
もう一頭は車の向こうで、オシッコをしています。




なんだあれは?

アンジェロもカプアも頭に「ハテナ」が浮かんでいます。




デザートも食べてしまいました。

アップルパイ、アイスクリーム寄せ




ティラミスとベリー

ちょっと食べ過ぎました。




お店を出ると、いろんな人に騒がれました。

そんなことは慣れっこのカプアン。




よちよち歩きの小さい子が「わんわん わんわん」
としゃべってたので、触らせてあげました。
こういうときは、アンジェロはほんとに優しく対応します。
お顔を舐めてあげたら、キャッキャと喜んでました。




いちょう並木の散歩




空を見上げると、ちょっと幻想的です。




いちょう並木の終わりへんから青山方面を見る。




目的地の「林」に着きました。
とくに名前の無い広場です。

いちょう並木と東宮御所の間の林で、
真ん中付近に、明治天皇が由来の「御観兵榎(ごかんべいえのき)」という
木があります。

おそらく、都心で、皇居と赤坂御所をのぞけば
最も木が多い場所のひとつだと思います。




カプアの足元の土が掘られてますが
たぶん、モグラの穴ですよね?
私は、まだモグラを見た事はないのですが、
この広場にはこんな穴がたくさん開いています。

モグラは不思議な生き物です。
穴の外で死んでいることがあることから
「太陽の光に当たると死ぬ」という言い伝えがあります。
ネットで調べると、たしかに地上は苦手で曇りの日で1時間くらい
晴れている日だと15分くらいしか、地上では過せないそうです。

そして、モグラは大変な大食漢で、1日に自分の体重と同じくらいの量の
食べ物(ミミズや昆虫の幼虫)を食べるそうで
12時間(4時間という説もある)食べ物を食べられないと餓死するそうです!

穴の外で死んだモグラは、仲間外れになり地上に追い出され
猫に襲われたか、餓死したモグラだそうです。
ちょっと哀れ・・・。




不思議な木を発見!

幹の根元に、たぶん、他の木の「根」が
ぐるっと巻かれています。




この「切り株」は前来たときはなかったです。
直径1メートルくらいあります。




アンジェロが、不機嫌な顔をしてるのは
木の種(実?)が顔にいっぱいついてしまい
お母さんに無理やりむしり取られたから。




それを見て、笑うカプア。




遠景中央やや左に、競技場の照明灯が見えます。
これは、もうじき解体される国立競技場です。

中央やや右のドーム状の建物は「聖徳記念絵画館」。
中央から左側に、2020東京オリンピックのメインスタジアムが
建設される予定です。かなり巨大なものになるそうで
景観が悪くなるのでは、といった論争が起きています。

カプアンママが、
「オリンピックのときこのへんにお店がいっぱいできるの?」と聞いてきましたが
この土地は「明治神宮」つまり神社が管理してますので
たぶん、過剰な商業施設は建たないでしょう。


きょうは東京地方は雨が降りました。

前も書きましたが、私は、雨が嫌いではありません。
冷たい雨は嫌いですが、雨の日は気温があがることが多い気がします。

矢野顕子さんがtwitterで「Rainy Mood」というサイトを
ご紹介してました。
雨の音をずっと聴き続けるサイトだそうです。

ひと雨ごとに、暖かくならないかな、と思います。










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第195回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

2月16日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!


●古新聞紙については
お手数ですがチラシの混入のないようにお願いいたします。
●毛布については
化繊の毛布は使用後の処理が困難なため、綿毛布または厚手のタオル等を募集しています。
※綿毛布については、1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、
適当なサイズにカットしていただけるととても助かります。
薄手のものでしたら新聞紙見開きページサイズ(縦約54cm x 横約 80cm)の大きさ
厚手のものでしたら新聞紙サイズ(縦約54cm x 横約 40cm)の大きさ

各いぬ親会会場へお持ちください。ご協力よろしくお願いいたします。
*ちばわん問合せ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(担当:しろた)
(★を@に変換して下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジーンズ!?

2014年01月28日 18時47分14秒 | カプアンの散歩



土曜日にカプアンママも一緒に、
みんなでちょっと遅めの朝の散歩に出かけました。

この日は、とても暖かだったので
すぐに犬たちのダウンベストを脱がせました。




オールヌードで散歩したのは
今年はじめてじゃないでしょうか?




赤坂サカスのTOYOTOWN(アイススケートリンク)の前を
通りました。




いつもここに立っている、つるべ師匠と、たけし師匠

つるべ師匠、すこし太った?
たけし師匠、すこし老けた??




TOYOTOWNの市長の部屋があります。

なぜか、ジーンズショップのような外装。




実は、もう2週間くらい前のことですが
朝の散歩のとき、
それまでは「ピンクのクラウン」が展示されていた場所に
紺色のへんな質感の車があるのに気がつきました。




大昔、私が子どもの頃は、よく塗装がはげたような
錆びついたような車をよく見ました。
そんな、艶のないような、全体に霜が降りたような外観でした。




でも、近づいてみたら!

ジーンズをまとったカローラでした。
このジーンズ、実際に
実車から型紙をとってデニム生地を裁断して作ったそうです。

しかし、ぱっと見が地味だ・・・
雨が降ったら乾きにくいだろうし。

これなら、緑の車のほうがまだいいな。




バイオディーゼルで駆動するフォルクスワーゲン
(NATIONAL GEOGRAPHIC)




話変わって・・・

1週間くらい前の朝散歩で、近所の神社に行ったら
消防車が停まってました。




火事? と思ったら、消防訓練でした。

消防訓練のことを「fire drill」って言うのをはじめて知りました。




訓練のなりゆきを見守る犬たち。




消防署のおじさんたちの脇を通らしてもらおうとしたら
大きな男の人が大好きなアンジェロが
おじさんたちの輪の中に突進してしまい
おじさんに飛びついたりしてしまいました(汗)

おじさん同士「おまえが臭いからだよ」なんて
和やかに笑いながら、
緊張の薄い訓練になってしまいました(汗)




忘備録として・・・

今朝、久々に目標体重(67キロ)を達成しました。
先月の12月17日以来です。
年末年始は、暴飲暴食で太りましたが
この間のMAX体重は、12月23日と1月4日が、68.4キロでした。

毎朝、体重計に乗って、一喜一憂する私を見て
家人が「女の子みたい」とつぶやきました。(汗)

私の場合、写真のとおり、けっこう1日で1キロ近く変動します。

昨夜、テレビの番組で、炭水化物抜きダイエットをすすめるお医者さんが
炭水化物は全く取らなくても問題ない
むしろ長生きする。と主張してました。
たしかに、私の場合、ごはんの量を若干減らしただけで
5キロ程度のダイエットができましたが
元々、ごはん、パスタ、ポテトなど大好き人間で
炭水化物抜きダイエットなんて絶対できそうもありません。
そんなことしたらストレスで寿命が縮みそうです(汗)









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第195回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

2月16日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!


●古新聞紙については
お手数ですがチラシの混入のないようにお願いいたします。
●毛布については
化繊の毛布は使用後の処理が困難なため、綿毛布または厚手のタオル等を募集しています。
※綿毛布については、1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、
適当なサイズにカットしていただけるととても助かります。
薄手のものでしたら新聞紙見開きページサイズ(縦約54cm x 横約 80cm)の大きさ
厚手のものでしたら新聞紙サイズ(縦約54cm x 横約 40cm)の大きさ

各いぬ親会会場へお持ちください。ご協力よろしくお願いいたします。
*ちばわん問合せ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(担当:しろた)
(★を@に変換して下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

動物界にいるミグノンの友森さん。(2)

2014年01月26日 22時52分14秒 | Change

前回の続きです。

東京都の殺処分数はかなり減ってきてますが
その分、これからが難しい局面だと思います。
これまでも、拙ブログでご紹介したように、犬の処分数は全国的に減少してますが
猫の処分数はあまり減っていません。

そのへんのお話を、ほぼ日取材班が、
東京都動物愛護相談センター職員の佐竹さんにインタビューしてますので
ちょっと長いですが、ご紹介します。

※今回のほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツからの「引用」は、
ほぼ日刊イトイ新聞様に許諾をもらっております。再引用はお断りいたします。


第6回のコラムその4

(青文字は東京都動物愛護相談センターの佐竹さん。紫文字はほぼ日スタッフさんの会話です)

殺処分数は、どうでしょうか。

減ってきてはいます。
平成5年で「19,602頭」、
平成23年で「2,190頭」です。
殺処分数というのはつまり、
ここに入ってきた動物のなかから
飼い主さんに返ったり譲渡したものを除いた数です。


(資料を見て)記録があるなかの、
昭和58年がピークですね。
「56,427頭」か‥‥。
2190まで、ずいぶん減りましたね。
けどまだ、2190いるんですね。


そうなんです、そうなんです。
ここまで、減らしてきてる事実があるんですが‥‥
たとえば、子犬。
20年前に2300くらいいたのが、
平成23年にセンターに入ってきたのは2頭です。
殺処分数でいえば、0。
この2頭とも、もらわれていった。


おぉ、すごい。やった!

東京都の場合、ですけどね。
ところが、問題は、猫なんです。


猫!

殺処分頭数の、9割以上が猫なんです。

子猫「1,438頭」、成猫「549頭」か‥‥。
犬について、
東京都はお手本になっていくといいですよね。


昔は犬ってみんな、庭先につないで飼っていました。
そして、
「面倒くさいから、散歩に行ってきなさい」
といって、勝手に放しちゃって
交配して子どもが生まれたりしました。
不妊手術もあたりまえではなく、
「高い」「かわいそうだ」といって、
やらない人がいっぱいいました。
ですから昔は子犬、子猫がいっぱい拾われたんです。
ところが現在、特に東京23区の場合は
室内飼育がほとんどです。
逆に、外で飼ってる人のほうが少ない。
東京都ががんばってるとかそういう話ではなく、
意識やライフスタイル、都市構造の変化、
ということもあるのでしょう。


なるほど。

殺処分数にしても、関東近県はだいたい、
2,000から3,000くらいなので、
東京都が特段低いわけではないんです。
減らしていかなきゃいけないのです。
これまでは、社会の変化にともなって
急激に減ってきました。
でも、こういう曲線って、たいてい
少なくなるとなだらかになってくるものなんです。


うーん。

ここから先、減らしていくのが、
たぶん、そうとうむずかしいと思います。
東京都は、これを減らすために、
今後、どうしていくんだ、という話なんですが‥‥。


猫が。

猫なんです。

子犬は0。子猫は1438。

そう。



東京都はもうだいぶ前から、子犬の収容はひと桁台です。
以下のグラフは、東京都動物愛護相談センターのサイトに掲載されているものです。



別表に、昭和57年度以降毎年の、動物取扱数の推移の詳細が掲載されています。

たとえば、統計最初の昭和57年度と、最新の平成24年度を比べると

昭和57年度 
成犬12,980頭 子犬9,367頭 成猫4,773匹 子猫32,698匹 うさぎ等6匹 
総取扱数59,824頭

平成24年度 
成犬783頭 子犬6頭 成猫660匹 子猫1,629匹 うさぎ等6匹 
総取扱数3,084頭


子猫の取扱数の減少もすごいですが
子犬にいたっては、昭和58年度から昭和60年度まで
毎年1万頭以上扱っていたのが、平成22年度以降はひと桁です。
この取扱数というのは、迷子なども含みます。

ちなみに、千葉県の状況はというと、
県では毎年の詳細な統計資料が公表されていませんので
ALIVEさんの統計資料を参考にさせていただき
子犬の統計を東京と比較すると
平成23年度の統計ですが

所有者からの引取り
千葉県(子犬)189頭 (成犬)330頭 犬合計519頭
東京都(子犬)0頭 (成犬)196頭 犬合計196頭

所有者不明の引取り
千葉県(子犬)47頭 (成犬)2頭 犬合計49頭
東京都(子犬)2頭 (成犬)546頭 犬合計548頭

捕獲
千葉県 犬合計2,283頭(子犬成犬分けせず)
東京都(子犬)0頭 (成犬)191頭 犬合計191頭

ご覧のように、東京都は所有者不明の犬の引取りは
千葉県よりずっと多いのです。ただし、捕獲は少ないです。

これは、私の想像ですが、東京は迷子犬が多く
一般市民がつかまえて交番などに届けるケースが多いのでは、と推測します。
そして、東京は捨て犬は少ないので、都の職員による捕獲は多くないのでしょう。
迷子犬は多いですが、返還も多いので
殺処分された犬の比較をすると

千葉県が上記合計2,851頭中 1,176頭が処分
東京都は上記合計935頭中 197頭が処分
となっています。

なお、犬の一般譲渡数は千葉県のほうが多いです。
千葉県1,300頭 東京都350頭

また、猫についていえば、千葉県と東京都の平成24年度のデータで
一般譲渡猫 千葉県422匹 東京都356匹
殺処分   千葉県3,364匹 東京都2,296匹
一般譲渡数も、殺処分数も千葉県も東京都もそれほど変わりません。


これらのデータでわかるとおり、
犬についてはかなり殺処分ゼロの未来が見えてきています。
東京都で平成24年度の一般譲渡された犬は312頭、殺処分された犬は160頭で
合計すると472頭です。
この数は、ちばわんが譲渡の多かった年、譲渡された頭数より少ないです。

ミグノンさんのように譲渡数の多い団体がいくつかあれば
東京都の犬の収容室は空になるはずです。
減り方を見ると千葉県も同様なので、たぶん東京都にちかいくらいにはなるはずです。

問題「猫」なんです。
東京都は対策を講じています。そのお話はぜひ、ほぼ日でお読みください。

動物界にいるミグノンの友森さん。(ほぼ日刊イトイ新聞)


さて、もうひとつだけ、非常に悩ましい問題ですが

「善意の迷惑」についても
糸井さんと友森さんが話しあっていますので、
こちらも引用させていただきます。(第2回より)
(青文字は友森さん。紫文字は糸井さんの会話です)

(前略)
保護期間として定められている「1週間」で、
処分はしていないんですよ。
なのに、苦情の電話があいかわらずすごい。


どういうこと?

「あれは処分するのか」
というような電話がかかってくるんです。
センターは、行政機関だから
「1週間」の保護期間のあとは処分するといって
引き取ることになっています。
もちろん告知もするし、譲渡会もしますが、
譲渡できなければ基本的に処分です。
そうすると「あそこは犬を殺す」と言われて苦情になる。


Twitterでも
「この収容犬が期限になって、明日殺されます」
というのが流れたりするけど。


そういうものに触発されて、いろんな人が
「救えないんですか?」
という問い合わせを行政機関にします。
センターはどうすることもできないのです。
さらに「あの団体に引き取らせよう」と
盛り上がることもありますが、
愛護団体にもそれぞれの事情や予定があるし、
すぐには引き取りに行けません。
もちろん、処分はさせたくないけど、
誰かに言われたからって、
その犬を引き出せるわけじゃない。


そういうタイプのことは困るね。

悪意のない行為だし、
処分をなくしたいという気持ちは
私たちもほんとうに同じだから
そういった指摘や意見に対する
批判はしないようにしてきました。
だけど、あまりにつづくと
「それがセンターや愛護団体の活動の
 さまたげになっていることもある」
と言いたくなるときもあります。
ボラさんたちも
「いつもあれで困ってる」と言ってます。




友森さんは、東京都の殺処分を減らす「鬼」のようになっており
福島の被災犬被災猫のレスキューにも取り組んでますが
東京の保護を優先させるために
メンバーである東京の預かりさんには、関わらせなかったといいます。

また、都心に小さなシェルターをいくつも作ることを提案していて
実際に始めています。

ちばわんにはちばわんの
ミグノンにはミグノンのやり方があり
その地域や団体にあったやり方を考えてますので
どちらが良いということはないと思います。

なかなか他団体の内情はわかりづらいので
今回は勉強になりました。

ほぼ日では、このコンテンツの感想もご紹介してます。
いい意味で、多くの読者に「刺激」になったようです。
          ↓
「ミグノンの友森さん。」を読んで


快く、引用、転載を許可してくださった、ほぼ日刊イトイ新聞様
ありがとうございました。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第195回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

2月16日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!


●古新聞紙については
お手数ですがチラシの混入のないようにお願いいたします。
●毛布については
化繊の毛布は使用後の処理が困難なため、綿毛布または厚手のタオル等を募集しています。
※綿毛布については、1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、
適当なサイズにカットしていただけるととても助かります。
薄手のものでしたら新聞紙見開きページサイズ(縦約54cm x 横約 80cm)の大きさ
厚手のものでしたら新聞紙サイズ(縦約54cm x 横約 40cm)の大きさ

各いぬ親会会場へお持ちください。ご協力よろしくお願いいたします。
*ちばわん問合せ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(担当:しろた)
(★を@に変換して下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

動物界にいるミグノンの友森さん。(1)

2014年01月24日 22時53分17秒 | Change

東京に
一般社団法人ランコントレ・ミグノンという動物愛護団体があります。

2007年より、東京都動物愛護相談センターから犬猫、うさぎ等の受け入れを開始し
現在、毎月2回の譲渡会を行っています。
2011年に、東日本大震災の被災犬・猫・うさぎ・鳥のレスキューを行うために
千葉県東金市に被災動物シェルターを建設しました。
2012年に、東京に犬シェルターを、昨年は、猫シェルターを作りました。

代表の友森玲子さんは、なかなかの有名人で
糸井重里さんのtwitterによくリツイートされますが
友森さんの周辺では、毎日さまざまなドラマが起ります。

犬猫保護団体にはドラマはつきもので、私がお手伝いしているちばわんでも
嬉しいこと。悲しいこと。毎日いろんなドラマがあります。
ミグノンさんは、とくに代表の友森さんの行動がラジカルなことと
東京という土地柄、他県とはまた違ったドラマがあるようです。


ミグノンさんと友森さんのことは以前から気になってましたが
今月の6日から21日にかけて全11回の連載で
ほぼ日刊イトイ新聞に、糸井重里さんと友森玲子さんの対談が載りました。
そのうち第3回から第10回までは、ほぼ日取材版が取材した
東京都動物愛護相談センターの取材記事も掲載されています。

もうご覧になった方も多いと思いますが、まだの方もいらっしゃると思います。
他団体の記事ではありますが、興味深い話も多いので
文章の一部を「引用」させてもらいながらご紹介いたします。

※今回のほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツからの「引用」は、
ほぼ日刊イトイ新聞様に許諾をもらっております。再引用はお断りいたします。



掲載ページ全体はこちらから
    ↓
動物界にいるミグノンの友森さん。(ほぼ日刊イトイ新聞)


友森さんは、若いときから動物関係の仕事についてました。
現在のご本人の肩書きは
東京都動物愛護推進員/トリマー/動物看護士/ペット栄養管理士/
サプリメント管理士/リンパケアマスター
だそうです。

糸井さんから、
「やんなきゃなんないということをとにかくやっちゃう人。
そうするとお金とか人とか、全部ついてきちゃう」

と紹介されたことがあります。
糸井さんに聞く「働き方ブーム」の裏側(2)
(PRESIDENT Online)

↑ご覧のとおり若くて美人な方です。

ほぼ日の対談を読んでいて、これは興味深いな、とまず思ったのは
友森さんが深夜営業のペットショップに入り、子犬が欲しい「ふり」をして
店員さんの反応を見たときのお話です。



典型的な深夜営業のペットショップ(※本文とは関係ありません)


第3回 友森さんの、譲渡のお店。より一部引用させていただきます。
(青文字は友森さん。紫文字は糸井さんの会話です)

そういえば、この前、
深夜営業してるペットショップに
ふらっと入ってみたんです。
生後5ヶ月くらいの犬が7万円均一で販売されてて、
「7万円だ、欲しい」
と言ってみると
「抱っこしますか」
とすすめられて、抱っこしました。


まずはお客さんに抱っこさせるのが
マニュアルとしてあるんでしょうね。

そうなんです。
そして、実際にどういうふうにして売ってるのか、
聞いてみようと思ってこう言いました。
「7万円なら買えるかも。
 餌代は、どのくらいかかるんですか?」
と訊くと、
「ちっちゃいから、ちょっとしか食べません。
 月に1000円くらいです」
という答えでした。
「でもこれ、毛が伸びませんか?
 トリミングにもお金がかかりますよね」
と訊いたら、
「安い店だと3000円くらいですよ」
とのこと。
「そうなんだ。じゃあ、飼えるかも。
 でもだめだ。仕事で、いつも家に帰るのが
 夜の11時くらいなんですよ」
「子犬は1日3食だけど、朝出る前にあげて、
 帰って来てすぐに食べさせて、
 夜寝る前にあげれば、それで3食ですから、
 12時間くらい留守の人でも余裕で飼えます」
それはありえないです。
「散歩とか、行く余裕ないな」
「小型犬は、あんまり散歩しなくていいんです。
 行くとしたら、週に2回くらい、家の周りだけ。
 チョロッと出すだけで、逆に、
 あんまり引っ張りまわさないでください」
「あぁ、散歩は休みの日だけ行けばいいのか」


それ、信じるよね。

信じます。
「ちょっと見積もり出しますね」
と言われたので、待っていました。
そうしたら、飼育セットとケージで4~5万円、
犬の生体保証の保険が約4万円、‥‥その保険は、
入っていると、犬が死んでも代わりの犬が来るし、
購入後1年のあいだにかかった医療費は、
お店が負担してくれるんですって。
ワクチンが1万円で3回打ってるから3万円、
マイクロチップが8千円。
全部足したら、7万円の犬が
19万8千円くらいになってました。


はぁあ。そうなんだ。

「それじゃ買えません」
と言ったら
「10回払いまでは手数料無料でローン組めます。
 月1万9千8百円で、餌代入れて2万ですよ」
ということでした。
「考えます」
と言って帰ってきました。


そうやって売ってるんだね。

知識がないと、飼えると思っちゃいます。

売ってる人のことを専門家だと思うからなぁ。

うまいことすすめてくれましたよ。
あの人、うちの譲渡会にほしいです(笑)。



ペットショップの店員のトークは突っ込みどころが満載ですが
ごはんを朝と深夜だけでいいとか、散歩をあまりさせないで
なんていうのは動物虐待にもなりかねません。

そして、死んでも代わりの犬が来るとか
犬を売るのと同時にいろんなものをまとめて買わせるなんてのも
恐いなあと感じました。
でも、犬飼育初心者の人なんか、信じちゃうんでしょうね。


それから、勉強になったのは、東京都の職員さんのお話でした。
東京は、収容犬が少ないこともありますが
「殺処分」を減らし「積極的な譲渡活動」へ転換しようとしています。
そのお話も引用させていただきます。(第4回のコラムその2より)

(青文字は東京都動物愛護相談センターの佐竹さん。紫文字はほぼ日スタッフさんの会話です)

本所の犬舎は、昭和49年の建物なんですよ。
「昭和25年にできた狂犬病予防法」に
もとづいて建てられたままなのです。
建て替えといっても、代替地や予算の問題がありますから
なかなか簡単にはいきません。
たとえば横浜市などですと、
近年に建て替えがありまして、
現在の動物愛護の感覚に沿うような
施設を作ることができています。
それはつまり、
「譲渡活動を積極的に進めていく」という方向です。
私たちも、そのように
この収容施設を変更していきたい気持ちがあります。


譲渡活動を積極的に、というと、
たとえばどんなことですか?


ひとつは、譲渡につなげるために、
保護した犬をもっと
長期間飼育できるようにすることです。
犬舎と運動場がセットになっていたり‥‥。


いま、犬舎はいくつあるんですか?

室内に大きな犬舎が6つあります。
昔は、その日入ってきた犬を
どんどん放り込んでいって管理していました。
いまは引き取り頭数が少なくなってますから、
そういうことはありませんが、
譲渡に至るまで長期間飼おうと思っても
なかなかそれができません。
中型や小型の犬舎もありますが、数は限られています。
ですから、職員はみんな、工夫しながらやっています。
室内だけではかわいそうなので、
長くいる犬は、昼間は外に出したり、
できるだけ散歩に連れて行ったりしています。


設備が充実すると、譲渡できる期間も長くなるから、
実現させていきたいところですね。


あとは、ここにいる犬のストレスが、
ぜんぜん違うと思います。


あぁ、そうか。

いわゆる、普通の家で飼われているのと近いような環境に、
もしできるのであれば、と思います。
ここのちいさなケージにひと晩入れっぱなしで‥‥
そういう生活じゃないですか。これはちょっと違いますよね。



収容犬を散歩に連れて行っているという話は
すこし驚きました。収容数が極端に少ないのかと思って
千葉県のデータと比較してみました。

千葉県の動物愛護センターの平成24年度の犬収容数が2,429頭です。
(他所属からの転入も含む)
東京都動物愛護相談センターの平成24年度の犬収容数は789頭です。
東京の収容数は千葉の1/3くらいです。極端に少ないわけではないですね。
でも、もしかしたら職員数が多いのかもしれません。
ほぼにちの記事では、「狂犬病予防員」としての獣医さんが本所に16名、
多摩に14名、城南島に7名で、
3箇所の合計は獣医も含め全員で60名ほどの職員だそうです。


友森さんがいまのように継続して
動物愛護センターに引き出しに行けるようになるのに
あるきっかけがあったそうです。
このお話は「う~む」と考えさせられるものがありました。

第6回「だいたいわかった」の1年。より一部引用させていただきます。
(青文字は友森さん。紫文字は糸井さんの会話です)

自分で団体をやりはじめた当初は、
行政のことも信頼してなかったし、
自信がなくてたくさんの数は保護できなかったから、
引き取る犬を選ぶのがすごく怖かったんですよ。


あぁ、なるほど。うん、うん。

すごく気負っちゃって。
「選んだ子しか助けられない」
と悩みながら選んでいました。
「選ばなかった犬は間接的に私が殺してるようなもんだ」
と思って通っていました。


そりゃ、つらいよね。

けれどもそのうち、行政だって
極力処分しないでやってることもわかってきましたし、
いろんな団体さんとも交流ができて、
「あの団体は、こっち系の犬を持っていくんだな。
 じゃあうちは違うのを持っていこう」
などと引いて見るようになりました。
いろんな人たちから、
「よく行けるわね」
「私は動物が好きだから、
 愛護センターなんてところ、足を踏み入れられない」
なんて言われるんですが、
いま私は、センターのことも信頼してるし、
ほかの団体もそれぞれがそれぞれの方法で
助けるだろうと思ってるし、
自分のところもある程度引き取れるぞ、
くらいの体力ができました。
そうしたら、けっこうたのしんで
センターに引き取りにいけるようになりました。

そういうことがわかりはじめたのには、
きっかけがあったの?


そうですね、ありました。
初期の頃、気負うわりにたくさん保護できないから
そのぶん何かしなくちゃと思って
電話の応対を申し出たんです。
私はその頃、センターが持ちこみをちゃんと断らないから
収容が増えてるんだ、と思ってました。
「持ちこませちゃだめだよ」
とセンターに言ってたんです。


つまり、持ち込む人が思いとどまるほうへ
うながすのがいいと思ったんだね。


そうなんです。
自分が引き出せないもんだから、
入口閉めちゃえばいいと思っていました。
「電話を全部うちに回してください」
なんて偉そうなことを言って、
センターに引き取り依頼の電話が来たら
うちを案内してもらうことにしたのです。
区役所にも、保健所にもそう言いました。

でも、自分でやってみたら、わかりました。
電話をかけててくる人は、とことん飼えなくなって、
もう後がなくなっている人たちなんです。
私が中途半端に
「じゃあ、こうやったら、飼えるんじゃないですか?」
などと言ったところで、聞く耳も持たないし
「もう、そういう状況じゃないんです」
と言うばかりです。
えらそうに「とめてみせる」と言ったけど、
彼らは結局、持ちこむんですよ。


そうなんだね。

「なんだ、愛護センターの人が
 無能だったんじゃないんだ」
と、そのときにわかりました。
最初の1年以内で
「あの人たちは、やるだけのことをやって、
 いまこの状態なんだから、私たちは口を出さずに、
 とにかく1頭でも多く引き取ればいい。
 そうすると収容動物が減って、
 動物の環境もよくなるから、とにかく黙って出そう」
と思いました。



もちろん、地域によって動物保護の現状は違うでしょうし
誰でも、友森さんと同じ行動ができるわけではありませんが
もしかしたら、これから、ボランティアをはじめようと考えている人に
活動のヒントになるお話かもしれません。



長くなりましたので、次回に続きます。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第195回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

2月16日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!


●古新聞紙については
お手数ですがチラシの混入のないようにお願いいたします。
●毛布については
化繊の毛布は使用後の処理が困難なため、綿毛布または厚手のタオル等を募集しています。
※綿毛布については、1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、
適当なサイズにカットしていただけるととても助かります。
薄手のものでしたら新聞紙見開きページサイズ(縦約54cm x 横約 80cm)の大きさ
厚手のものでしたら新聞紙サイズ(縦約54cm x 横約 40cm)の大きさ

各いぬ親会会場へお持ちください。ご協力よろしくお願いいたします。
*ちばわん問合せ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(担当:しろた)
(★を@に変換して下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着ぶくれ犬~リフレクター

2014年01月22日 23時50分19秒 | カプアンの散歩




きのうの夜の散歩です。




雨か雪になりそうなので、こんな格好になりました。




しかし世間に、ここまで着ぶくれた犬は居るでしょうか?

いつもの防寒着の上にビニールのレインコート・・・
カプアはしっぽの先をレインコートに中に入れる変なスタイル。




レインコートも防寒仕様のものです。




これは、大雪仕様ですね。




散歩の途中で猫を見つけ気にするカプアン。

きっと、猫も着ぶくれた犬だ。と笑っていることでしょう。


さて、夜の散歩に威力を発揮するオリジナルグッズが発売されました。

不肖、犬のおやじが制作にちょっとだけ関わりました。




リフレクター商品の企画製造の歴史がある、大阪のメーカーさんと共同開発しました。




反射素材は、世界で初めてマイクロプリズムテクノロジーを開発した反射材
「リフレクサイト」のラインナップのなかから、
世界最高水準の反射性能を持つ「J400」という反射素材を使用しています。
すんごい反射します。




文字が汚くて面目ない・・・

迷子札としても使えるように、名前や電話番号を記入する欄があります。
記入欄はシルク印刷で白インクが塗ってあり、
通常のボールペンなどでも記入できますが、
耐久性のためには、極細の油性サインペンでの記入をお薦めします。




首輪などに取り付けるための、黄色の「ろう引きストラップ」が付属されてますが、
結束バンド(コンベックスなどのナイロンバンド)に取り替えていただければ、
より外れにくくなります。
※穴の直径は2.5ミリです。巾2.5ミリ以下のバンドを使用してください。




素材はビニールのような素材ですので、軽く、角が当たっても痛くなく
かつ丈夫で、犬猫への負担になりません、

汚れた場合は、中性洗剤を水で薄め、柔らかい布につけて拭いていただければ、
簡単に汚れを取ることができます。
塩素系漂白剤は使用しないでください。
ドライクリーニング、アイロン掛けはおやめください。


この商品はSay NO Projectを広めるために作られた商品です。
Say NO Projectとは多くの犠牲を伴う生体販売の現状を訴え
意識改革を行なう事で、動物の命を守ってあげるための活動です。
詳しくは↓バナーをクリックしてください。




いまなら、Say NO Project告知キャンペーン中につき
商品原価を大幅に下回る1個100円で販売中です。

ちばわん各地いぬ親会フリマコーナーで発売されます。
また、下記「ちばわんチャリティグッズショップ」でも通信販売しております。
(送料は別途かかります)

http://chibawan.●cnk.net/product/5
(●をoに替えてください)
※goo.blogは上記4文字が嫌いらしく、この4文字があるとブログアップできません。

わんこ友だちへのプレゼントなどにいかがでしょう?
なお、売り切れの際はご容赦ください。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第195回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

2月16日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!


●古新聞紙については
お手数ですがチラシの混入のないようにお願いいたします。
●毛布については
化繊の毛布は使用後の処理が困難なため、綿毛布または厚手のタオル等を募集しています。
※綿毛布については、1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、
適当なサイズにカットしていただけるととても助かります。
薄手のものでしたら新聞紙見開きページサイズ(縦約54cm x 横約 80cm)の大きさ
厚手のものでしたら新聞紙サイズ(縦約54cm x 横約 40cm)の大きさ

各いぬ親会会場へお持ちください。ご協力よろしくお願いいたします。
*ちばわん問合せ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(担当:しろた)
(★を@に変換して下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1月の定例いぬ親会(第194回)

2014年01月20日 16時14分33秒 | いぬ親会



きのうの日曜日、今年最初の定例いぬ親会に行ってきました。

行く途中の首都高速で、何度も「強風注意」の電光表示をみました。
実際、橋の上などで、ハンドルを取られそうになる横風を受けましたので
嫌な予感がしましたが、やはり、
会場の江戸川河川敷は強風が吹き荒れてました。

写真のようないいお天気でしたので、風さえ吹かなければ
気温もそこそこあったと思うのですが、なにしろ風が強く
アルミの椅子が倒れたり、書類は広げられないし、参りました。

そんな寒風にも負けず、きのうは60頭以上のワンコたちが
本当の家族と出会うために参加しました。
ごく一部になってしまいますが、参加わんこたちをご紹介します。

名前をクリックすると預かりさんのブログにリンクします。
ぜひ、ふだんの様子もご覧ください。




シューちゃん
お菓子シリーズだから、たぶん「シュークリーム」のシューちゃん
もうね、このまま食べちゃいたいくらい可愛いのです(笑)




シャルちゃん
名前の由来は「シャルロッテ」かな? シューもシャルも生後約3ヶ月。
センターで命を落したり、寒い時期、収容部屋で過さなくてよかった・・・。




マリアちゃん
もしゃもしゃの毛が風でさらにもしゃもしゃに・・
小さなアンジェロにしか見えなくなってきました(笑)




シャコタンくん
雑種の魅力いっぱいの男の子。性格も花丸。




コッペちゃん
こちらもチビチビの子犬さんに見えますが
生後5ヶ月の女の子。落ち着いた賢そうな子です。




ラスカルくん
女の子だと思ったら、男の子で、子犬さんかと思ったら4~5歳とのこと。
でも、見た目のまんま、穏やか~で、優しい子です。
トライアル決定だそうです!おめでとうございます!




イブちゃん
いぬ親会といえば、寝ている姿が多かったイヴちゃんですが
前回の品川いぬ親会に続いて、この日も活動的でした。がんばれ!




グラくん、グリくん
小さくてびびっていた頃から知ってますから、すらっとした青年になった姿は
感慨があります。小さい頃参加したいぬ親会写真は→ここ
約半年前のいぬ親会ですが、卒業した懐かしい顔や
いまも参加しているワンコの、今よりちょっぴり若い顔が見つかります。




ドビーちゃん
写真で見ると、「黒ラブ」さんにも見えますが
推定3歳、13キロとラブより小柄なMIX犬です。姿勢が良く賢そうな子です。




ピグミーくん
超個性的なおしゃれな柄のわんこさん。
極度なこわがりだったそうですが、いぬ親会にがんばって参加しました。




みぽちゃん
預かりさんもみぽちゃんもお久しぶりでした。
前は、私に突進してきたみぽちゃんでしたが、少し落ち着いたかも。




紅牙(こうが)くん
写真で見るとちょっとつり目で頑固そうに見えますが、そんなことは全くなく
私に飛びついてきました。人間大好きな小柄な秋田犬です。




ルーくん
私の顔をじつと見つめる様子は、まだ子犬なのに哲学者のようです。
この雰囲気、どこかで見た、と思ったら。
「ローデシアンリッジバッグ」もこんな雰囲気の犬です。
希少犬ですが、希少さにかけてはルーくんには負けます。




くるるんちゃん
すごい元気な女の子。他のわんことプロレスごっこしたり
カメラを向けたら突進してきました(笑)




おもちちゃん
年末にセンターから引き出してあげた2ヶ月の女の子。
もう一頭一緒に出してもらった「おはぎちゃん」は栄養失調状態だそうです。
生まれた子は全力で命を助けるべきですが、まず、飼い主のない子が増えないように
不妊去勢の普及が必要だと思います。




ミミちゃん
可愛いお顔なのに、吠えられちゃいました
男の人が苦手なんだそうですが、私の格好は、砂ぼこりと強風を防ぐために
帽子と、大きいサングラスをしてマスクもして、フードつきのダウンパーカー・・・。
知りあいのボランティアさんたちから
「不審者(変質者?)」扱いされてしまいました(汗)面目ない。
ミミちゃん、恐がらせてごめんね。




アースちゃん、ファロくん
アースちゃんは和犬のような凛とした雰囲気の子。
ファロくんは、疥癬治療や足の手術を乗り越えた我慢強い男の子。
どちらも素晴らしい家庭犬になると思います。




いまりちゃん
プロフィールに、「黒柴そっくりなMIX」と書かれてましたが
見た目は「黒柴」そのものですよね? ちょっと顔が細いかな?と思いますが
違いがほとんどわかりません。前はもう少し慎重な性格の印象でしたが
「このおじさん知ってる」と思ったのでしょうか? 逃げませんでした。




ピースケくん
毎回、いぬ親会では、仮父さんにべったり。
とても甘えん坊なピースケくんです。

そういえば、風が強かったので、小さいわんこさんを
預かりさんが自分の着ているジャケットの中に入れて
頭だけ出しているワンコさんがけっこういました。
ワンコを暖める意味もありますが、
預かりさんもワンコの体温できっと温かだったと思います。




毎回「開き」になってくつろぐママちゃん。(笑)
人間大好き。人間との接し方がすごくうまく
つかずはなれずの生活ができるご機嫌なワンコさんです。




ママちゃんは、捕獲されたとき子犬を1頭連れていたので
「ママ」という名前になりました。でもまだ3歳です。
今回、卒業したママの「子ども」が会いに来てくれる。
というので、どんな子だろう。小さい子かな?
と楽しみに待ってました・・・




どーん(笑)ママの子の「チーズちゃん」です。
なんと、ママの1.5倍の体重21キロの女の子でした。
お父さんが大きかったのでは?と言われてますが
子犬が親犬より大きいのはよくあることです。人間も?

見た目は強そうですが、ママちゃんと同じで人間が好きそうな様子は
見ていてすぐわかりました。
ママちゃんにも、素敵な家族ができるといいですね。




もう一頭。想い出深い卒業生が!

お絹ちゃん改め姫ちゃんです。
下記「定例いぬ親会バナー」のモデルにもなっています。(左から2番目)
姫ちゃんも、放浪時代、まだ若いうちにお母さんになりましたが
捕獲されたときは、そばに子どもの姿はなかったそうです。
元預かりのみる母さんは、お絹ちゃんを「苦労人」キャラで紹介してましたが、
卒業して家族ができ、シッポもピンと立って
すっかり「お姫さま」の風格が出ました。

よかったね、姫ちゃん。

姫ちゃんの1年半もの仮家時代の記録は「こちら」
なんと、さっきの「チーズちゃん」の先住犬の「さんちゃん」は
みる母さんちの卒業とか。
いぬ親会は、親戚、関係者同士がたくさんです。


寒い中、定例いぬ親会にいらした皆さま、ありがとうございました。
次回いぬ親会は、同じ場所で2月16日開催予定です。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第195回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

2月16日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!


●古新聞紙については
お手数ですがチラシの混入のないようにお願いいたします。
●毛布については
化繊の毛布は使用後の処理が困難なため、綿毛布または厚手のタオル等を募集しています。
※綿毛布については、1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、
適当なサイズにカットしていただけるととても助かります。
薄手のものでしたら新聞紙見開きページサイズ(縦約54cm x 横約 80cm)の大きさ
厚手のものでしたら新聞紙サイズ(縦約54cm x 横約 40cm)の大きさ

各いぬ親会会場へお持ちください。ご協力よろしくお願いいたします。
*ちばわん問合せ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(担当:しろた)
(★を@に変換して下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キョウダイ れもんちゃん

2014年01月18日 22時33分33秒 | アンジェロの紹介



きょうはアンジェロファンの皆さまにとってビッグニュースです。

アンジェロの生い立ちは、たびたびご紹介してますが
9年前の2005年の夏に、千葉県のある公民館前に
段ボール箱に入れられて捨てられてました。

キョウダイと見られる2頭と一緒でした。
(写真手前の黒いのがアンジェロ、
これを含む3枚は卒業後、元預かりさんからいただいた写真です)




一頭は毛色の明るい男の子(写真左)仮宿での名前は「ボッシュ」

もう一頭は焦茶色の女の子(写真中央)仮名は「エラン」

そしてこっちを向いているのがアンジェロです。仮宿での名前は「ルーフ」

みんな変わった名前ですが、預かりさんは車マニア(女性!)で
若い頃はポルシェに乗っていたような人で
ご主人のお仕事も車関係でしたので、預かりっ子たちは
途中からみんな車関係の仮名がつけられました。

「ボッシュ」はドイツの自動車部品メーカー
「エラン」は、イギリスのスポーツカーメーカーの乗用車の名前
「ルーフ」は、ポルシェのチューンナップメーカー




「ボッシュ」は卒業して「栗乃介」という名前になって
一回だけ会ったことがあります。→ここに写真があります。

「エラン」は卒業後「れもん」という名前になったことは知ってましたが
一度も会ったことはなく、どうしてるんだろう。とずっと気にしてました。
上の写真は、ルーフ(アンジェロ、左)とエランちゃん。

ところが、なんと!
暮れに、れもんちゃんのママさんが、カプアン通信を発見して
コメントをくださいました。
話によると、9.5キロ台とアンジェロより小さい(アンジェロは約14キロ)
ですが、容姿がよく似ていて、性格まで似ているとのことです。

どうしても現在のれもんちゃんを見たくなって
無理を言って、写真を送っていただきました。
ブログに「載せてもかまいません」と承諾をいただきましたので
何枚かご紹介します。

アンジェロとどれくらい似ているのか比較のために
似たポーズのアンジェロの写真を小さくして添えました。
(最近のアンジェロは短毛なので古い写真が多いです)

↓どうぞ!






アンジェロのほうが毛色がすこし明るいですが(もともと黒かったくせに!)
トリミングのせいだと思います。
耳や目の形や色、鼻黒具合はソックリです。






アンジェロは短くトリミングしてますが、元々長毛です。
やっぱり毛色は似てますね。三角マナコも!






れもんちゃんも、食が細く、食べさせるのに苦労したそうです。
アンジェロの偏食ぶりは「本」が書けそうなほどタイヘンでした。
そして、最近食べるようになったのもアンジェロと一緒!






白・黒・茶が混ざった色合いはアンジェロも一緒。






ぺたっと平たくなるポーズも一緒。






アンジェロは白いソックスを履いているように足先が白く
茶色いブチがあるのですが、そこもアンジェロと一緒。






散歩のときは匂い嗅ぎまくりだそうです。そこもアンジェロと一緒。
そして、最近すこし攻撃的なときもあるそうです。
なんで離れて暮らしているのに同じなんでしょう!






この表情なんてほんとソックリ!

れもんママさんが、エランちゃんを希望して預かりさん宅でお見合いしたとき
ルーフもいて、選ぶのに悩んだそうです。

もし、アンジェロが、れもんちゃんのうちの子になっていたら
れもんちゃんがうちに来ていたかも(笑)

つい人間の姉弟と比較してしまいますが
犬は同時に生れた子なので、三つ子だったり五つ子だったりするのですよね。
でも、専門家の話では、一卵性双生児になる割合は
哺乳類動物の中では人間が一番高いんだそうです。

そういえば、小学校のときも一卵性双生児がいましたし
芸能界でもおすぎとピーコみたいに一卵性双生児の双子はけっこういますね。

というわけで、犬は二卵性双生児と同じで
毛色や斑など、いろんな子が生れてきますが
アンジェロとれもんちゃんは、姿も性格も似ているようです。

れもんちゃんが元気に暮らしていると知って安心しました。
いつか、キョウダイで再会できれば、と思います。

れもんママさん、ありがとうございました!







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第194回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

明日!1月19日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!
参加予定わんこなどの詳細は↑上記バナーをクリック!


●古新聞紙については
お手数ですがチラシの混入のないようにお願いいたします。
●化繊の毛布は使用後の処理が困難なため、
綿毛布もしくは厚手のタオル等を募集しています。
※綿毛布については、1頭またはひとつのケージにそのまま使えるよう、
適当なサイズにカットしていただけるととても助かります。
・薄手のものでしたら新聞紙見開きページサイズの大きさ
・厚手のものでしたら新聞紙サイズ
(ブランケット判サイズ、縦約54cm x 横約 40cm)の大きさ

各いぬ親会会場へお持ちください。引き続きご協力よろしくお願いいたします。
*ちばわん問合せ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(担当:しろた)
(★を@に変換して下さい)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

アンジェロの変化

2014年01月16日 23時47分47秒 | アンジェロの紹介



今朝のカプアンです。

カプアは、あまり性格や行動が変わったと感じることはありませんが
アンジェロは、シニア世代になってずいぶん行動が変わってきました。

とくに、この年末年始にびっくりするような出来事がいろいろありました。




其の壱 甘えの術

最初に変化があったのは、年末年始の休暇に入ってすぐの頃でした。

ある早朝、アンジェロがベッドの脇に立っていたのです。

我が家はあちこちに段差があるのですが
アンジェロは慎重な性格で、段差のあるところには入ってきません。
アンジェロたちの寝床と我々の寝室は同じ部屋ですが、間に段差があるので
アンジェロが自分から寝室に入ってきたことは一度もありません。

カプアは何度もあります。とくに、お腹を壊したりして
ウ●チをしたいときにやってくることが多いです。

なので、このときも、ウ●チをしたいのかと思い
カプアンママがリビングに連れていきました。
でも、しません。こんなことが2回続き、これはウンではない。
と気付いた頃には、ベッドに登ってくるようになりました。

寝ている我々を上から舐め回し、枕にお尻を押し付け、やりたい放題です。
そして、アンジェロがベッドに乗るとかならずカプアも乗ってきます(汗)

この行動は、お正月休みが終わりカプアンママの通勤がはじまったら収まりました。




この写真は、もうひとつの「甘えの術」の決定的瞬間です。

アンジェロは散歩中、急に歩かなくなることがここ数年増えています。
最初は具合が悪いのかと心配しましたが
散歩のときだけなので、単なる我がままのようです。

さらに、年末年始の頃には、「抱っこしてくれ」と懇願するようになりました。

アンジェロのように大きい犬が私に抱きつく様子は
往来の通行人の笑いのタネになるのでよして欲しいです。




其の弐 雲隠れの術

散歩から帰るとまず足を拭きますが
アンジェロはまっさきに「消えます」

実は、カプアの後ろの植え込みの影に隠れるのです。




横から見るとこのとおり。

年末年始の頃には、引っ張り出そうとすると
唸りながら、咬もうと攻撃するので弱りました。

いまも、毎朝毎晩隠れますが、カプアの足拭きが終わったら
出てくるようになりました。




上の写真は昨年6月の頃ですが、昨年あたりから
屋上にひとりで登るようになりました。
これも、「雲隠れの術」の一種でしょう。
カプアの足を拭いている間に、階段を登って屋上に隠れます。

やはり、年末年始の頃は、屋上に呼びに行くと
唸りながら咬もうとしました。
でも、カプアンママが連れ戻しに行くと、素直に降りてきます。
ママには逆らえません。最近は寒いせいか登ることは減りました。




其の参 般若の術

最近はちょっとしたことで、恐い顔をして咬もうとする仕草が多くなりました。
足拭きのときも、「伏せ」の格好で、足を拭かせまいと唸ることもありました。
いまは、治ってます。
いつまでも治らないのは、洋服を着せるとき、足を掴むと「シャーッ!」と
猫のように威嚇することです。
もう我々も慣れたもので「ハンニャくん」と名付けて、笑いのタネにしています。




良い方に変化したこともあります。

それは、ごはんを食べてくれるようになったこと。

いままで、本当に食べさせるのが大変でした。
ごはんを半分以上残すことが多く、もったいないので
食べ残しをカプアに食べさしたこともあり、カプアの体重が心配でしたが
もう、カプアにあげることは減りました。
カプアも少し残念でしょう。




これは、おやつも食べなかった頃の写真。

いまも、がっついて食べるほどではないですが
残さず食べてくれるので、最初は、今週は「犬週間?」なんて笑ってましたが
ついに犬になったようです。




歳をとって気難しくなったのか、
長年の甘やかしで、とうとう性格の変化として開花したのかわかりませんが、
もうちょっと、若い頃のアンジェロみたいに
紳士的わんこに戻ってくれないかな、と願っております。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第194回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

今週末1月19日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!
参加予定わんこなどの詳細は↑上記バナーをクリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2014年最初のねこ親会(品川)

2014年01月14日 18時27分26秒 | ねこ親会



前回の続きになります。
いぬ親会は2階の2部屋で開催されることが多いですが
1階はねこ親会会場となります。

今年最初のねこ親会は、参加猫16匹と若干少ない参加数でしたので
会場はゆったりした雰囲気でした。
ネットで覆われた「ふれあいコーナー」も設置されました。

参加猫が少ないにもかかわらず、全匹の撮影はできませんでした。面目ございません。
また、お休み中の猫さんも多数。にゃんこは夜行性といいますしね。

名前をクリックすると、預かりさんのブログにリンクします。




シフォンちゃん
シフォンちゃんは元気いっぱい。特製ハンモックで愛嬌をふりまいてました。




アビーちゃん
美人さんです。お顔はツンとしてますが甘えん坊の一面もあるそうです。




甘(かん)くん
睡眠中ZZZ。大きく見えますが5キロとのことです。




拓(たく)くん
拓くんもちょっとお疲れ? ほんとは元気いっぱいらしいですよ。




エミーちゃん
エミーちゃんが背中に背負っているのは「ベッド」
ベッドの下には姿が見えないけどラスクくんが・・
ベッドの使い方間違ってない?




チャッシーくん
ちょっと怖がりだそうですが、がんばって参加しました。




みかんちゃん。後ろ姿は、結衣(ゆい)ちゃんと剛(ごう)くん
みかんちゃんは好奇心がありそうですね。真ん丸いお目目でまわりを観察しています。




剛(ごう)くん
私が見に入ったとき一番元気だったのは剛くん。
会場のメンバーが猫じゃらしを入れるとずっと遊んでました。
人慣れも抜群らしいです。




クロエちゃん、サブリナちゃん、ティファニーちゃん
井戸端会議をしているように見える三匹。
預かりさんが風邪をひいていたので心配しているのか
うつさないで欲しいと言っているのか(人間の風邪はうつりません)。


寒い中、ちばわんのねこ親会いぬ親会にいらした皆さま
ありがとうございました。

品川ボランティアメンバーのseiさんから老舗芋問屋さんの「大学芋」をいただいたのを
ご紹介するのを忘れてました。食べてしまって写真がありません(汗)
おいしかったです。ありがとうございました。


次回ねこ親会は、来月はお休みで、3月2日(日)に同会場にて開催されます。
次回は12時から15時の開催となります。

次回いぬ親会は、今週末1月19日(日)江戸川河川敷での定例いぬ親会です。
詳しくは下記バナーをクリックしてください。暖かい格好でお越しください。


明朝は東京にも「雪」の予報が出ています。
インフルエンザも流行っているようです。どうぞお気をつけください。






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会のおしらせ

第194回ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)

今週末1月19日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!
参加予定わんこなどの詳細は↑上記バナーをクリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年最初のいぬ親会(品川)

2014年01月12日 22時19分14秒 | いぬ親会



きょうは、今年さいしょのちばわんの譲渡会となる
品川いぬ親会ねこ親会にお邪魔してきました。

室内開催なので寒くはなく
たくさんのわんこたちが元気に参加しました。

今回は、(たぶん)全ての参加わんこを撮ることができました。
名前をクリックすると、預かりさんのブログに飛びます。
いぬ親会では緊張してしまう子もいますので
ぜひ、ふだんの様子もご覧ください。

上の写真の子は、らぴす・らずりちゃん
元気なテリア系の子犬さんです。




あこちゃん
毛の短いアンジェロみたい。




さこちゃん
アンジェロのキョウダイの栗乃介くんの小さいときにソックリ。




Puma(プーマ)くん
すごい友好的。




実菜(みな)ちゃん
人間大好き。




優眞(ゆうま)くん
ちょっぴり怖がりさん。




ファロくん
甘えん坊さん。




アースちゃん
はじめてのいぬ親会で、ちょっぴり緊張。




ももいちゃん
元気な子犬さん。




いすずちゃん
人懐っこい子犬さん。




Dio(ディオ)くん
すごい個性的。何が混ざっているのか想像するのが楽しい子。




イブちゃん
今回は、起きている時間が長かったです。新年の意気込みを感じます。




チェルシーちゃん
毛色がおしゃれ。個性的なわんこさん。




マーヤちゃん
性格抜群なのに常連のわんこさん。そろそろ良縁を期待します。




ウニ美ちゃん、コギ美ちゃん
ウニ美ちゃんは、人間好きだけれど、ちょっぴりびびりさん。
コギ美ちゃんは、ブリーダーレスキューの子。いつも朗らか。




ほのかちゃん
怖がりさんですが、毎日とっても頑張っています。




ほのかちゃんとウニ美ちゃんに姉妹疑惑が・・。
色柄ソックリ。仕草もクリソッ。




リルちゃん
可愛い子犬さんですが、大きい子にも「がうっ!」(汗)大和撫子。




リンダちゃん
お転婆さんらしいのですが、内弁慶?




シリウスくん
人間が好きだけど怖がりさん。うちのカプアと同じタイプ。




シャコタン君
性格二重○。容姿は超個性的。




マリアちゃん
アンジェロのダックス版みたいな素敵な子(笑)




エクレアちゃん
引っ込み思案の美少女。




ルーくん
成長が楽しみな大型新犬の子犬さん。




睦希(むつき)ちゃん
ツンとした印象と違い、人間も犬も大好き!。ツンデれちゃん?




プリンセスちゃん
高貴な名前と裏腹に人懐っこい社交犬。




たぬぽんちゃん
和犬の良いところを一杯持っている女の子。




かくまくん
ザ・子犬さん。どんな子に成長するでしょう。




とちおとめちゃん
のんびり、おっとり、穏やかな時間が流れています。




坊(ぼん)くん
すごく知性を感じさせるわんこさん。大人の魅力。



長くなったので、ねこ親会の様子は次回ご紹介します。スミマセン。

品川いぬ親会にいらした皆さま、ありがとうございました。
今年もちばわんのいぬ親会をよろしくお願いいたします。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっぴりふりかえって

2014年01月10日 23時57分03秒 | カプアとアンジェロの紹介

年末年始のカプアン家の様子で
まだお伝えしてないことがありました。

昨年いろんな物が壊れた
という話をしましたが、暮れにもっとも大きな物が壊れました。




ここは、我が家の屋上で、正面のガラスは浴室の天井です。

夜空を見ながら風呂に入るのも風流なものだろうと
家を建てるとき、透明なガラス屋根にしてもらったのです。

実際には湯気で曇ってしまって星なんかは見えません。
月明かりはかろうじて見えます。
しかし、隣に背の高いマンションが建って、
上から見下ろされるようになったので、不本意ですが
ガラスの内側にブラインドをつけてます。

この写真、わかりにくいですが、ガラスにひびが入っています。




暮れに「雹(ひょう)」が降ったときがありますが
そのとき割れたのか? カラスが石でも落したのか?

「ヒビ」なんてレベルではなく完全に割れてますが
「飛散防止フィルム」を貼ってましたので
かろうじてフィルムに乗って居る状態です。
危ないので、テープで固定しました。

浴室内にガラスが降ったら・・・悲惨なことになってましたので
「飛散防止」じゃなくて「悲惨防止フィルム」でした

新年早々、くだらないことを書きました(汗)




話変わって、暮れも押し詰まった28日
カプアとアンジェロは赤坂動物病院に行きました。
今度は、病気ではなく・・




トリミング&シャンプーをしてもらいました。
お正月をきれいな身体で過すようにです。




アンジェロがもっとも頑固になっていた頃ですので
トリマーさんもたいへんだったと思います。




病院の立体駐車場が壊れてしまい車の中で待っていて、
お母さんが迎えに行ったので、
お迎えのときの写真はありません。

上の写真は、翌朝の散歩。お尻がきれいになりました。
カプアのしっぽは、もっと細くしてもらいたかったです。




またまた話は変わり、年末年始の東京ミッドタウン芝生広場の様子。

クリスマスの日まで、イルミネーションで混んでました。
上の写真は空いていた11月頃です。
12月中旬以降は通り抜けるのも困難でした。




これは、イルミネーションが終わって2日後27日の夜です。
もうイルミネーションも機材も何もありません。
人もほとんど通りません。




さらに2日後の29日。あっという間にアイススケートリンクが現れました。
ここの広場は、奥に行くほど高くなってますので
足場を組んでからスケートリンクを作ります。




年末年始も突貫工事だったようです。
お正月のオープンに間に合わせるためか?と思ってましたが




一昨日の8日にオープンしました。都内最大級の屋外スケートリンクだそうです。
ダイナースクラブ アイスリンク in 東京ミッドタウン

オープニングセレモニーに浅田真央ちゃん・・・
のお姉さんの舞さんが初滑りしました。

東京都・六本木の屋外アイススケートリンクに浅田舞が登場!(マイナビニュース)

犬はスケートはしません。スケート靴もありませんし(笑)




おまけの動画1

きのうの夜の東京ミッドタウンガーデン
わかりにくいですが、雪が舞ってきました。
カプアンも見ていますよ。




おまけの動画2

お母さんが帰ってきて、カプアが大興奮。
アンジェロもお母さんに近寄りたいのに
カプアが邪魔だと怒っています。
カプアも、ほんとはアンジェロが怖いのにがんばっています(笑)


さて、明日から3連休の方も多いでしょうね。
東京はきのうから急激に冷え込んでます。
夜の散歩に行く東京ミッドタウンの隣の公園は全面地面が凍ってました。
人間のみなさんも犬の皆さんも風邪をひきませんように。

私は、日曜日の品川ねこ親会いぬ親会に応援に行きます。
室内開催なのでよかったです!
詳しくは下記バナー下のURLをクリックしてください。






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会ねこ親会のおしらせ

1月のちばわん品川ねこ親会いぬ親会(保護犬猫の譲渡会)

今年最初のちばわんねこ親会いぬ親会です。
参加にゃんこの詳細はこちら→http://shinagawac.exblog.jp/
参加わんこの詳細はこちら→http://shinagawad.exblog.jp/
ウエルカムセンター周辺への路上駐車・駐輪はご遠慮ください

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新年会

2014年01月08日 23時25分39秒 | 犬じゃない話



順番が前後しましたが、3日の日に、
近所のゆきちゃん一家を我が家にお呼びして新年会を開きました。
カプアンたちはいつものとおり大騒ぎしましたが
写真はしばらくして落ち着いたところ。




本年もどうぞよろしくお願いいたします。の乾杯!




カプアンママが、暮れからメニューを考えて
がんばって10品くらいお料理を作りました。
しかし、犬のおやじは、大半を撮り忘れたり(ワインに夢中で)
テーブルセッティングを撮ってなかったので叱責されました(汗)

上の写真は、ごまわさびを使ったマグロのカルパッチョ。




さいごの1本以外は、すべて近所のイタリア食材店にて
カプアンママが料理に合うワインを求めました。
なので、お出しする順番を間違えないように。と
きつく言われてました。
ワインのコルクを開けるのは私の仕事です。

フリウラーノ サン・ピエトロ 2010 (白ワイン)




カプアはさっそく、フランスパンを狙っています。




アンジェロはいつのまにか、ゆきちゃんパパとゆきちゃんの間に入って
人間のように座っています。




いつもは(ピッツア以外の)人間の食べ物には興味を示さないのに
ゆきちゃんのパンを狙い・・危ない危ない・・




とうとう、ゆきちゃんに「くれ」と手をかけはじめました(汗)

アンジェロも、カプアも自分たちのごはんを、もらったあとなんですが・・




ワインの順番がわからなくなったので
カプアンママに聞いたら・・・
「どうでもいい」と言われてしまいました。(汗)

マントニコ IGT カラブリア 2010(白ワイン)




アンジェロはゆきちゃんに乗ったり




あいかわらず食べ物にガン見したり(汗)




カリフラワーやポテトのグラタン




豚肩ロースにパンチェッタを巻いた香草焼き。




カステッロ・ディ・ヴォルパイア
キャンティ・クラシコ 2009 (赤ワイン)




犬たちは何かもらえるものはないか、と待機しています。




そのうち、ゆきちゃんに肩を揉ませはじめました。




これは、何でしょう?




じゃん! カプアブランドのシャンパン(嘘)




去年のクリスマスの頃、あちこちの酒屋で見かけた
「シロクマ スパークリングワイン」

札幌市円山動物園とのタイアップ商品で
売上の一部は円山動物園に寄付されます。
2000年以降、日本で唯一シロクマの繁殖に成功している動物園なんだそうです。

このお酒は、シャンパンと同じ製法でつくられたスペインのカヴァです。
スペインのクロ・モンブランという蔵元で造られた本格派で
かわいいボトルデザインに似ず、
中身は辛口のスパークリングワインでした。




我が家のシロクマちゃんはもうおネム。




チャイロクマも・・・ZZZ

ゆきちゃんファミリーからもワインやケーキなど
たくさん頂いたのに、ワインの飲みすぎで時間が遅くなってしまい
デザートもお出しせずにお開きになってしまいました。

今後は、パーティのペース配分を意識しないと・・・
ゆきちゃんファミリーの皆さまありがとうございました。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会ねこ親会のおしらせ

1月のちばわん品川ねこ親会いぬ親会(保護犬猫の譲渡会)

今年最初のねこ親会いぬ親会です。
参加にゃんこの詳細はこちら→http://shinagawac.exblog.jp/
参加わんこの詳細はこちら→http://shinagawad.exblog.jp/
ウエルカムセンター周辺への路上駐車・駐輪はご遠慮ください

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんTNR活動のおしらせ



皆様からのご支援により、
みなしご救援隊との協働手術にて昨年1年間で
犬145頭、猫1080頭、合計1,225頭
犬猫の手術をすることが出来ました。
これからも全国各地でTNR活動を行ってまいります。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

神田明神

2014年01月06日 23時28分20秒 | 犬じゃない話



昨日、神田明神に初詣に行ってきました。
もう20年くらい続けている習慣ですが妻は行きません。いつもひとりです。
例年3日か4日頃行きますが、あまりにも混んでいるので(昨年の様子)
今年は、日曜日のきのう行ってきました。




そしたら、まあまあ混んでましたが、昨年行ったときの一割くらいの人出でした。
神田明神は商売の神様として有名で、会社員の参拝がとても多いのです。
だから日曜日の人出が少なかったのでは、と推測してます。

きょうはすごかったようです。
「仕事始めに商売繁盛祈願 東京・神田明神、3千社超参拝(朝日新聞)」

さて、神田明神は、神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・
築地魚市場など108町会の総氏神であり、
カプアン家の氏神様ではありませんが
江戸時代には、江戸総鎮守として尊崇されてましたので、
地元の氷川神社は普段お世話になっている支社(?)
神田明神は本社参り(??)のような気分でお参りしております。

本社と支社は冗談ですが、
実は、神田明神と赤坂氷川神社は関連もあるのです。
どちらも、明治天皇指定の旧准勅祭社である「東京十社」の一社です。
また、神田明神も赤坂氷川神社も祭神に
「大己貴命(おおなむちのみこと)」が入っておられます。




いつもの参拝のときより混んでなかったので、境内を散策できました。

本殿向って右の狛犬さま。
アンジェロが怒るポーズにソックリ(汗)




左の狛犬さま。
どっしりした雰囲気はカプアそのもの(汗)




商売の神様なので、熊手の種類が豊富です。
弊社も毎年購入しております。




「獅子山」
親獅子が子獅子を谷底に突き落とし、はいあがってきた子をはじめて我が子とする
という内容を造形化したものだそうです。
文久2年(1862)製作。関東大震災で子獅子が紛失しましたが、
今上天皇陛下即位を奉祝し、子獅子を新調したとのことです。
なので、子獅子のみピカピカです。




「銭形平次の碑」
銭形平次が近所の長屋に住んでいた。との設定だったため
作られた碑です。しかし、銭形平次は架空の人物です。




「小唄塚・小唄作詞塚」
小唄のお師匠さんがどうしたこうした
という話をテレビなどで昔聞いたことがあります。



昭和30年代に一世を風靡し、当時は「三ゴ」といわれ、
「碁」「ゴルフ」「小唄」が現代紳士のたしなみとして大流行したそうです。
しかし、残念ながら昭和30年代生まれのおやじには、
どういう唄かよくわかりません。お座敷遊びもしたことがありませんし・・




「末社の石鳥居」
ここは末社7つの石鳥居があり珍しいところだそうです。
末社とは、本社に所属する小神社とのことです。
地元の氷川神社にもありますが、神田明神の末社は皆立派です。




厄払いの茅の輪くぐりをする者たちの行列。




「隨神門」
昭和50年に昭和天皇御即位50年の記念として建立されました。




門の外左手の像(反射で見にくくてスミマセン)
櫛磐間戸神(くしいわまど)の像だそうです。
仏教の阿吽一対の金剛力士像に匹敵する門前の守護神だそうです。




台座には幸之助さんの名が・・・
幸之助さんは、東京のいろんな神社仏閣に寄付をしています。
浅草の浅草寺雷門の大提灯も、幸之助さんの寄贈です。




門の本殿側の神馬の像
午年だから飾ってあるわけではありません。




こちらは、生きている「神馬」あかりちゃん。
「さくらの里山科」に遊びにくる馬は「あかねちゃん」
こちらは、あかりちゃん。
りんごの汁をずっと舐めている様子はアンジェロにソックリ(汗)
あかりちゃんは今年3歳になるメスのポニー。
午年ではなく卯年生まれでした。(汗)
毛並みは「あし毛」といわれ、歳をとるごとに白毛が増え白馬になるそうですが
いまのところ白い毛は見当たりません。




神田明神鳥居脇に建つ「天野屋」
初詣には甘酒を求める客でにぎわいます。
弘化三年(1846)創業。
初代店主は、弟の仇討ちのために京都から江戸に出た剣士で
当時、神田明神が江戸総鎮守だったため、
ここにいれば仇に出会えるだろうと茶店を出しましたが、
結局、仇には会えず、店が家業になったとのこと。
なんという創業理由!




「糀室の解説看板」
この店の地下には、200年を越えるとの鑑定がある土室(むろ)があり
現在でも、甘酒や味噌などの糀(こうじ)製造に使用しています。
写真右下に明治37年当時の全体像が描かれてますが、
全体で90坪の広さがあったそうです。近年、近隣のビル建設により
一部だけ残し、大部分は壊されてしまったそうです。
千代田区指定有形文化財(建造物)ですが
実用しているため一般公開はしていません。
ただし、たまにテレビ番組などで公開されることがあります。




毎年、熊手と商売繁盛のお札、あと、じじばばの家の破魔矢を
買って帰りますが、昨年、車関係のトラブルが多かったので
「交通安全のお守り」も追加購入しました。
とりあえず、運転席に貼付。
今年は事故のないようにしたいものです。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お正月

2014年01月04日 23時44分02秒 | カプアとアンジェロの紹介



あらためまして、明けましておめでとうございます。

写真は、東京ミッドタウンの隣の公園から見た東京タワーです。




今年は、カプアンママの年賀状書きが遅れたため
大晦日の深夜、年が改まって午前2時半過ぎくらいに
氏神さまの氷川神社に初詣に行きました。

例年の0時過ぎの頃より参拝客は少なく
あまり並ばずにお参りできました。




毎年、新年に飾られる「氷川山車」の人形。
今年は「神武天皇」でした。

ちょっと調べると、棒の先に「鳥」がいるこの姿は
「神武天皇」のポーズとして「定番」らしく
豪族と闘っている決戦の場面で一羽の金色に輝く「トビ」
が飛んできて、神武天皇の弓の先にとまり
稲妻のように光り、敵軍の目をくらました。
という言い伝えをあらわしているそうです。

神武天皇はご存知のとおり日本の初代天皇ですが
即位は新暦で2月11日とされ、この日は現在でも
「建国記念の日」の祝日となっているのですよ。知ってました?




お参りのあと、かがり火で暖をとります。
暗くてわかりにくいですが、左下にまっ黒いテリア犬がいます。
うちの犬たちはとっくに寝ています。




翌朝、遅めの時間に、新年の初散歩です。




行き先は、前夜も訪れた氷川神社。
犬はお参りはしません、




あらためておめでとう!

元旦の朝は、ちぽマーさんに作っていただいた「正装」。




もうじきじじばばが来るよ、というと外を気にする犬たち




お昼過ぎにみんなで揃ってお節をいただきます。

ジジは大晦日の年越しそばを食べには来れませんでしたが
元旦には集まることができました。




お屠蘇で乾杯。

4人と2頭、家族揃って年を越すことができました。




今年のお節。毎年カプアンママの手作りです。
手前は大根に海老そぼろのあんかけ。




お雑煮も食べましたが、写真を撮り忘れました。

実は、お雑煮のもちを食べている最中
私の奥歯の被せ物が土台ごと2本も取れてしまい
元旦早々、休日診療歯科のお世話になったのでした(汗)




カプアもおめでとう。




アンジェロはさっそくジジの顔を舐めました。




ババにもチュ。




翌二日には、私の姉と、
姉の次女と孫(男の子ふたり)がやってきました。




両手に犬。




下の男の子は今年小学校入学だそうですが
アンジェロのほうが大きいです。




なんと、階段から降りてきたその子に
アンジェロが興奮して歯を当ててしまいました。
チビちゃんは泣きもしないで「かまれちゃった」と笑ってました。
サッカーを習ってるので、強い子です。
お兄ちゃんは野球をやっています。

アンジェロは最近わがままがひどくなり
昔は、我々の寝室やベッドには入らなかったのですが
先月30日頃から、朝、ベッドに飛び乗ってくるようになりました。
アンジェロが乗ると、カプアも追いかけてきて、ベッドに飛び乗り
二頭に押し潰されます。うぐぐ・・・

甘やかして育ててしまったツケでしょう。




話かわって、年末の28日、ようやく
iphoneを、iphone5sに機種変更しました。
指紋認証センサーがついていて便利そうなので「s」にしたのですが、
このセンサー、指が乾燥してたり、汗をかいていたり
ちょっとした角度の違いで反応しません。
しばらくコツを掴むのに慣れが必要そうです。




年末年始、毎晩、晩酌をしていてワインボトルがあくあく(汗)
体重の増加も恐ろしいです(汗)


こんなカプアンのおやじですが
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2014賀正

2014年01月02日 02時00分00秒 | カプアとアンジェロの紹介



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加