カプアン通信

カプアンとは
なんちゃっテリア
カプアとアンジェロのコンビのこと
カプアンたちの日常と
犬好き親爺の犬話閑話

平成28年度犬猫殺処分データ図解(犬猫合計編)

2017年11月09日 23時28分32秒 | Change

図解シリーズ最終回です。

きょうは、犬猫合計のデータをお見せします。

まずは、都道府県のエリア別ワーストランキング。

比較のために最新データの平成28度版と平成27年度版
を掲示します。




犬、猫とも、殺処分数が減ったため、明らかに日本列島の色が違います。

まず、前年度ではワーストクラスだった
4,000頭〜のクラス(深緑色)のエリアがなくなりました。

次のクラスの3,000頭〜3,999頭のクラスは前年度
「茨城県」「大阪府」「兵庫県」「香川県」「愛媛県」「山口県」
の6エリアありましたが、28年度は「長崎県」エリアのみです。

全体に薄い色分けになったと思います。

なお、殺処分が少ない0頭〜199頭のクラスは
1エリア増えて、「福井県」と「岡山県」になりました。


実際のデータを掲示します。
まずは殺処分数、少ないエリアから多いエリアのランキング



続いて、生存率のランキング



なんとなんと、わずかですが千葉県が東京都を追い越しています。
しかも、次にランキング表をお見せしますが、
千葉県は全国的に見て引取数が多いエリアなんです。東京エリアの4倍以上です。
これで、生存率がリードしているのはすごいことです。

なお、全国平均の生存率は49.55%。
収容された動物のおよそ半数は殺処分されているのです。
残念なことです。

収容された犬猫の多くを譲渡するのは大変なことです。
むしろ、センターに収容させないほうが殺処分を減らす近道だと思います。

一番確実なのは、不妊去勢手術を普及させて
不要な犬猫を増やさないこと。
そして、一度飼った犬猫は終生大切に飼育して、
センターに処分を依頼したり、野山に捨てたりしないこと。
これにつきます。

引取数のランキングは以下のとおりです。




さて、
東京都の犬猫たちを多数救っている著名な動物愛護家の方が
自分の団体のブログで
「センターの殺処分ゼロを目標にするのは反対」と表明しました。

えっ!? どういうこと? と思われるかもしれませんが
以下のような理由です。

センターに収容された犬猫は
高齢で衰弱していたり、事故で大怪我をして亡くなっても
「処分数(死亡数)」にカウントされます。
センターでの処分ゼロ(=死亡数ゼロ)にこだわり過ぎると
大怪我をして治療が難しい場合でも、安楽死を躊躇することになり
苦しむ犬猫が増えることになるのでは。と心配されているのです。

ただし、これは、東京都の事情だと思います。
平成28年度の東京都の殺処分数は環境省の発表では
犬については5頭です。

あと数頭で「ゼロ」となると、もしかしたらそういうこともあるかもしれませんが
そもそも、飼い主の都合などでセンターに収容された
健康で譲渡することが適切な犬猫の命を殺処分することと
高齢や重病で衰弱していたり、事故で大怪我して、命を救うことが難しい犬猫を
安楽死させることは意味合いが違います。

同じ「処分数」としてカウントすることは間違っていると思います。

もちろん、高齢犬猫をセンターに処分を依頼することや
放し飼いや迷子になった犬猫が事故に遭うことは無くしていかなければなりません

さらに言えば、究極は、ドイツのティアハイムのように高齢でも病気や怪我でも
全ての動物を施設で保護することが最終的な目標になりますが

まずは、健康で譲渡できるはずの犬猫が、引き取り先がないということで
殺処分されるという現状を無くさないとならないと思います。


長くて写真もない記事を最後まで読んでいただき
ありがとうございました。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんイベントのお知らせ

関東各地で開催されている保護犬猫の譲渡会、いぬ親会ねこ親会にぜひお越しください。
どの会場も予約不要・見学自由・入場無料です


明後日開催!参加にゃんこなど詳細は↑バナーをクリック!
終了間際に私も顔を出す予定です。


こちらも今週末開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!
こちらも参加します。(カプアンは参加しません)


11月19日(日)開催。詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!


詳細は後日発表します。


詳細は後日発表します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2018ちばわんカレンダー発売のお知らせ



詳細は↑バナーをクリック!
各地いぬ親会ねこ親会会場で発売中です。
ちばわんチャリティグッズショップでも発売中です。
カレンダーの売上金は、製作費を除く全額を保護した犬猫の医療費など、
ちばわん活動費として大切に使わせていただきます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「犬に名前をつける日」関連DVD発売のお知らせ



イギリスの動物愛護事情がよくわかる記録DVDです。詳細は↑バナーをクリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2018ブランカレンダー発売のお知らせ



今年も、猫カフェブランさんのカレンダー制作のお手伝いをさせていただきました。
モデルの猫さんたちは、みな、ちばわんで保護された猫たちです。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします!

店頭または以下のサイトにて絶賛発売中!
http://bloom.ocnk.net/product/322
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度犬猫殺処分データ... | トップ | 11月の赤坂ねこ親会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Change」カテゴリの最新記事