カプアン通信

カプアンとは
なんちゃっテリア
カプアとアンジェロのコンビのこと
カプアンたちの日常と
犬好き親爺の犬話閑話

小野リサ with ブラジリアン・フレンズ2017

2017年11月01日 14時43分32秒 | オトナの音楽



もう2週間以上も前の話になりますが
早めの時間にカプアンたちとお散歩をしたあと・・・




カプアンママとこんなところに行きました。
ブルーノート東京
都内屈指のジャズ・クラブです。

本当は、自分の誕生祝で行くことにしてたのですが
うっかり結婚記念日を失念してしまい、
2か月遅れで(汗)この日、祝うことになりました。

えーっと、黄玉(トパーズ)婚式だそうです。
結婚記念日は20年目までは毎年名前がついているのですが
それ以降は5年おきになります。
(*イギリス式では15年目以降は5年おき)
20年もたてばおめでたくなくなるのでしょうか(汗)
最も有名なのは「銀婚式(25年目)」と「金婚式(50年目)」です。




この日のライブは・・
小野リサ with ブラジリアン・フレンズ2017

もしかしたら、リサさんの名前を知っている人でも
流行りでボサノヴァを歌う歌手くらいに思われてるかもですが
彼女はサンパウロ生まれで、10歳までブラジルで育ちました
心はブラジル人みたいな女性です。
若く見えますが、音楽生活40年。我々夫婦と同世代です。

今年は、アントニオ・カルロス・ジョビン生誕90周年、サンバ100周年
なんだそうです。
リサさんは、ブラジル音楽普及の功績が認められて
2013年にブラジル政府から、ブラジル最高の勲章のひとつ
「リオブランコ国家勲章」を受章しています。
このライブも駐日ブラジル大使館の後援でした。

彼女のステージを観るのは初めてですが
私と小野さんには、直接的ではないですがささやかな関係があるのです。


長い話になるので、かいつまんでお話すると
学生時代「サンバ愛好会」という同好会に所属してました。
中学・高校時代から、ジャズやフュージョン、ラテン音楽が大好きだったのです。

80年代はじめ頃、サンバが盛んな大学は限られてました。
早大、上智大、東京藝大、そして私が通っていたムサ美などです。
ある年の夏、上智大の文化祭に出るために、
各大学のサンバ好きが上智大に集まってパレードの練習をしてました。
そこにいたのが、いまや世界的なパーカッショニストのヤヒロトモヒロくんでした。
彼は同い年で、上智大学の学生でした。たしかポルトガル語学科だったと思います。
彼らに、上智大のそばにサンバを聴かせるライブハウスがあると教えてもらったのが
小野リサさんのお父さまが経営されていた、サッシ・ペレレでした。

そして、リサさんのお父さまは、パンデイロというブラジルの楽器を作ってくれる
と聞き、ある日、リサさんのお父さんを訪ねて作ってもらいました。




これがその楽器です。30数年前に作られたものです。
タンバリンに似てますが、演奏法は全く違います。
以下の動画を見てください。皮をミュートすることで、いろんな音が出せます。
この楽器1個でドラムスの代わりになるくらい多彩な表現力がある楽器です。




最近知ったのですが、リサさんのお父さん、小野敏郎さんは20代半ばでブラジルに渡り
ブラジルで音楽ビジネスを成功させ、日本にブラジル文化を紹介したパイオニアでした。

帰国後、ブラジル料理のお店サッシ・ペレレをオープンさせたあとは
ラテン音楽のプロモーターとして、多くの著名ミュージシャンを日本に紹介しています。
サッカーの王様ペレをブラジルから連れてきたこともあったそうです。
ジャズミュージシャンの渡辺貞夫さんは、ブラジル音楽の演奏も有名ですが、
1968年に小野さんの招きでブラジルへ行き、
現地のミュージシャンたちと長期間セッションを続け、レコーディングまで行いました、
このことが、現在も貞夫さんが演奏しているラテン音楽のベースになったと思います。
私がサンバの楽しさを知ったのは、貞夫さんのコンサートをラジオで聞いたのが
きっかけでした。

残念ながら小野敏郎さんは5年前に88歳で亡くなりました。




ブラジルの渡辺貞夫(1968年 ブラジル録音)


まだまだ書き足りないですが、話をブルーノートに戻します。




メンバーは以下のとおり

Lisa Ono(vo,g)
小野リサ(ヴォーカル、ギター)
Febian Reza Pane(p)
フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)
Armando Marçal(per)
アルマンド・マルサル(パーカッション)
Jefferson Lescowich(b)
ジェファーソン・レスコウィッチ(ベース)
Rafael Barata(ds)
ラファエル・バラータ(ドラムス)
David Silvah(vo,g)
デビッド・シルヴァ(ヴォーカル、ギター)

フェビアン・レザ・パネは日本で長く活躍するピアニスト
アルマンド・マルサルは、パット・メセニーのワールドツアーなどで有名な
ベテランパーカッショニストです。
そして、たまたま、最近注目していたドラマーが、メンバーに入っていたのでビックリ!

ラファエル・バラータは、大好きなイリアーヌのメンバーになってるのを
YouTubeで見つけたのですが、まずユニークな容貌に驚きました。
世界には、こんな顔の人がいるんだ、と思いました(汗)
ステージで小野さんが、ラファエルのことを1歳のときから知ってる
と紹介したのにも驚きました。
その演奏はドラムスというよりラテン・パーカッションを叩いているようです。




さて、ブルーノートの楽しみは、音楽と料理です。



写真は、マッシュルームのフライ ひよこ豆のディップ

この日は、開場19時、開演20時でしたが、厨房とウェイターは大変です。
ここは300席あるそうですが、この日はほぼ満員。
すべてのお客様に、できる限り開演前までに料理を出さなければなりません。
そのため、会場には何十人もウェイターがおります。




ガーデンサラダ




チキンのオリエンタルピザ
これは冷凍ピザでしたが、おいしかったです。




メインの、ガリシア栗 豚のパートブリック包み 栗のニョッキ
これが出された直後、演奏が始まりました。
最初は、ブラジルの有名な曲のメドレー・・・




開演中の撮影は禁止されてますが、アンコール終了後のワンショット。




音楽の余韻を楽しみながら
りんごのパフェ




実に楽しい演奏と歌でした。
やはり、ブラジル音楽はいいです。今度は、サッシ・ペレレなど小さなお店で
サンバを聴いてみたくなりました。




お利口でお留守番していてくれた二頭。
退屈しないように、テレビがつけっぱなしです(笑)




お母さんは? とアンジェロ。

お母さんは1階で、隠れています。
いつも最初はお母さんの脇を素通りして、気がつき、お母さんに飛びつく二頭です(笑)




そして、この日3度目のお散歩です。

私は、ワインを飲み過ぎてしまい、みんなに追いつきません(汗)

えーっとこの日は、シャンパン1杯と白ワインのカラフェ(ピッチャー)を2つ、
赤ワインのカラフェを1つ飲みました。
ワインはひとりで飲んだんじゃないですよ(汗)
ま、飲めるうちが華、ということで・・








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんイベントのお知らせ

関東各地で開催されている保護犬猫の譲渡会、いぬ親会ねこ親会にぜひお越しください。
どの会場も予約不要・見学自由・入場無料です


今週末開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


参加にゃんこなど詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!


11月19日(日)開催。詳細は後日発表します。


詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!


詳細は後日発表します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2018ちばわんカレンダー発売のお知らせ



詳細は↑バナーをクリック!
各地いぬ親会ねこ親会会場で発売中です。
ちばわんチャリティグッズショップでも発売中です。
カレンダーの売上金は、製作費を除く全額を保護した犬猫の医療費など、
ちばわん活動費として大切に使わせていただきます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「犬に名前をつける日」関連DVD発売のお知らせ



イギリスの動物愛護事情がよくわかる記録DVDです。詳細は↑バナーをクリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2018ブランカレンダー発売のお知らせ



今年も、猫カフェブランさんのカレンダー制作のお手伝いをさせていただきました。
モデルの猫さんたちは、みな、ちばわんで保護された猫たちです。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします!

店頭または以下のサイトにて絶賛発売中!
http://bloom.ocnk.net/product/322
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 速報!「平成28年度犬猫殺処... | トップ | マリーちゃん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おかもと)
2017-11-03 13:00:03
小野リサさん、私も好きで昔良く聞いていました。 音楽を聴くとその当時の思い出が蘇ったりしますね。20代の頃だったので、随分懐かしいです。今も活躍されているとは嬉しいです。ライヴも素晴らしいでしょうね。

私は今年結婚20周年でした。20年も頑張ったのに磁器(婚式)とは・・トパーズの方が余程良いですね。うちは結婚記念日を祝うシキタリはとうに消え失せているのでどうでもいいですけどね。
おかもとさん (カプアンパパ)
2017-11-03 18:10:44
他の方からも小野リサさんを良く聴いていたとききました。皆さんご存知なので意外でした。
好きなことをしている方の特徴なのか、とっても若く見えます。おかもとさんも若々しいですよね。

磁器婚式おめでとうございました。
10周年で「スイートテンダイヤモンド」だそうですから、ご主人からダイヤモンドを2個プレゼントされたのでは。

コメントを投稿

オトナの音楽」カテゴリの最新記事