シングルマザー・母親が子供と自分について考える森

シングルマザー・既婚者(夫がいつも外で、ひとりおや同様の方)・主夫の方へのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

失敗を恐れない

2010年06月14日 | 日記
昨日は、私の呆れたお話を書きました。
どちらかというと私は仕事に対しては異常に細かいにもかかわらず、普段の生活は大雑把なほうです。っま、いいか。。と大抵の事は済ませてしまう。人に迷惑をかけたり、死ぬわけじゃなければっま、いいか。。。

*********

完璧な人間は、この世にいるでしょうか?
私はいまだにそういう方にお会いしたことはありません。 一見完璧に見える方でも、時々「っえ?!」という行動をとることがあると思いませんか?
でもそのギャップが、親しみを抱かせ、可愛らしく見えることがありませんか? 

自分も含め大人が完璧ではないのに、子供に完璧を求めてしまっていることがありませんか?

言う事を聞かない、ドンくさい、泣き虫、物を壊した等など。。。それに腹を立てて叱ってしまうことはありませんか? いらついてしまっていることはありませんか?
それって私達のエゴだとも言えるかもしれません。

子供達は私達の生きてきたまだ何分の1しか生きていないのです。
私たち自身も完璧ではないのに、まだ生き方を知らない子供達に完璧を要求し、失敗したら叱るというのは「ちょっと待ってよ~」と子供達からすれば言いたくなるかもしれません。

私はいつも失敗したら、次は二度とこの失敗を繰り返さないと決めます。
それでも繰り返したら、次はもう繰り返さないと決めます。
こうやって意識することで、自然と改善されていくものだと信じています。

そして子供達にも、同じ失敗を繰り返しても、次は同じ失敗をしないよう気をつけるよう言っていました。 それでもまた繰り返したら、また繰り返さないよう気をつけるよう言っていました。
自分でもなかなかできないので、子供に1回で学べというのは私からしてみれば、ちょっと酷かなという意識があったからです。

礼儀は正しく、人を故意に傷つけない、迷惑をかけない、警察のお世話にならない、人の嫌がることを言わない、しない。 これだけは大変厳しくいいましたが、その他のことには結構のんびり構えていたものでした。

また、失敗を余り厳しく叱ると、失敗することに「恐れ」がでてきて、何もできなくなってしまうことを考えました。 失敗からしか学べないことも沢山あります。 失敗を恐れていては、前に進めなくなります。 失敗を恐れず、あらゆることに挑戦していく人間になってほしかったという気持ちもあります。 そしてこの生き方は、私達にも必要だと思います。

最近読んだ本の中で、このようなことが書かれていました。
「成功した人と凡人の違いは、成功者は失敗を失敗とみなさない。 一時の後退、もしくは停止と考える。」と。 この考え方は、自分自身にとって大変よい考え方だと感じます。

失敗したら、そこから何かを学べばよいのです。 そうするとそれは「失敗」ではなくなるのです。  

こういう気持ちで生活すると、毎日が少し軽くなるのではないかと思います。
失敗しても、自分自身を責めないこと、子供が失敗しても責めないこと。 それよりもどこが悪かったのか、どうして失敗に終わったのか話し合って、2人で改善策を見つけていくほうが楽しく、建設的だと思われますがいかがでしょうか?

毎日を子供と一緒に、笑って過ごしましょう!

マイケルジャクソン&チャップリン作詞 スマイル:
http://www.youtube.com/watch?v=kmw1yYRdDOM&NR=1
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お馬鹿な話(2) | トップ | 考えました »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。