Angela Garden

~笑顔で幸せの引き出しをいっぱいに♪~

Welcome

2022年12月01日 | ★日記

 

いつもご訪問下さり、ありがとうございます


(ローテンブルク ケーテ・ウォルファルト)


「Angela Garden」のアンジェラは私が好きなバラの名前です。
美しいもの、綺麗なもの、可愛いもの、エレガントなもの、
ちょっと面白いものが大好きです。

大好きな、うさぎ、お花、古くて美しい洋館建築、
アイボリーホワイトでつくるエレガントなインテリア、クリスマス、
少しずつ集めているアンティークやヴィンテージなモノのこと。
日々の中での楽しいこと、嬉しいことなどを綴っていきたいと思っています。

              

2007年2月に夫の転勤に伴い、
約○○年暮らした神奈川、東京を離れ、初めて関西生活を始めました。
大好きな関西での生活、楽しんで過ごしていきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

2014年6月より再び東京生活始まりました。
2015年5月から、大人から始めるクラッシックバレエを習い始めました。


 

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

旧開拓使函館支庁書籍庫と旧北海道庁函館支庁庁舎

2018年02月20日 | ★ヴォーリズ&その他近代美建築(東日本)

 

 

 

羽生君と宇野君、素晴らしかったですね!!
日本が金、銀を獲るなんて
2人とも気迫、自分の力を出しきるぞというものを感じました。
羽生君はケガの後ということもあってか、鬼気迫るものを感じ、
ゾクゾクしました。
素晴らしい滑りと演技を見せて頂きました

 

 

 

さて、美しい旧函館区公会堂を一段下がったところにも
見るべき建物が並んでいます

こちらは赤レンガ建ての書籍庫。

1880年(M13)築。
近辺の建築を焼失させた大火の被害も受けずに残っています。
さすがは赤レンガ!

防火扉も付いているそうで、貴重な書籍を失わずに済んだそうです。
あまりに雪が多いので近寄りませんでしたが、
赤レンガが、函館近郊で作られたことを示す、刻印があるものが見られるそうです。 

 

 

書籍庫の横には、現在観光案内所となっている、旧北海道庁函館支庁庁舎があります。


札幌で見た赤レンガ庁舎の函館支庁庁舎です。
4本の円柱が威厳を感じさせます。
こちらは観光案内所になっているので、気軽に中に入ることが出来ます。
少し暖をとりました。

 

 

この辺りは、元町公園となっています。 良い眺めです~

 

旧函館区公会堂が一番上に構えています。
北海道庁支庁庁舎よりも上なんですよね~ 

 

階段などは、雪かきされていますが、滑ります。
結局、この山の手の斜面は雪が積もっている部分に足をかけるように歩いたので、
かなり疲れました~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

旧函館区公会堂

2018年02月16日 | ★ヴォーリズ&その他近代美建築(東日本)

 

 

 

 

 

立春を過ぎてから日差しが春めいてきたように感じます。
春は待ち遠しいのですが、今年はバレエの発表会があるから、
ちょっと気が重いと思うことも。。。
今月の上旬には、ストレスからか急に頭皮に湿疹がば~と出てしまったり、
胃が痛くなることはあっても緩くなることはほぼないお腹が緩んだり、
気が滅入ることもありました。
でも、悩んでも仕方がない、とにかく体を動かし、音楽を聴こうと
奮い立たせて頑張っています

たった3分ほどの踊りなのに、なんでこんなに大変なのか??と
可笑しくなってしまいますが、
この年齢になって、こんなに夢中になれるというのは楽しいです。

 



さて旧ロシア領事館からここまではタクシーでやってきました。


今回函館で一番見たかった場所はこちら

函館山に堂々とたたずむ、美しい旧函館区公会堂です 

 

 

 

この建物は、1907年(M40)の函館の大火により、
住民の集会所が焼失したために、1909年(M41)に、あらたに建てられたものです。 

 

焼失後、住民の有志が、当時の豪商、相馬哲平氏から多額の寄付を取り付けて、
1910年(M43)に竣工しました。 

 

設計は函館区の技手、小西浅次郎氏、監督は函館区技手の渋谷源吉、
請負は村木甚三郎氏という、すべて地元の人間によって建てられました。 

 

そして、民意が強かったためか、この建物は、
すぐ下にある、旧北海道庁函館支庁庁舎よりも高い位置に建てられたのです。
民間の力がずいぶんと高かった現れですね。 

 

内部。平日で雪もまだ多く残っていたせいか見学者は少なく、
歓迎して頂けました。 

 

どことなく日本的ですね~。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧函館区公会堂は、大正天皇の行啓の宿舎として、また昭和天皇にも使用されたため、
高貴な雰囲気のお部屋がいくつかあります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椅子の布地はすべて高級シルクを織ったもの 

 

壁や天井には外国製壁紙が使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大広間からテラスへ
函館の街を見渡せる、いい眺めです 

 

 

 

耐震用の柱も同じ色に塗られてさりげなく。

 

 

 

大広間に戻ります。 

 

現在はコンサートホールとして使われています。 

 

今年は明治150年と言われ、明治時代の様々な良い所を見直そうという動きがありますが、
建築物を、こういう明治時代の素晴らしい建物が増えるといいな~なんて思います。
もちろん機能面などは現代バージョンで 

 

浴室です。なんだか寒々しいブルーの色が使われています。

 

天井も高いんですよね。寒くなかったのかな~  

ずっと見たかった旧函館区公会堂を見ることが出来て、大満足です~

つづく♪ 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

函館 旧ロシア領事館

2018年02月13日 | ★ヴォーリズ&その他近代美建築(東日本)

 

 

 

 

韓国での冬季オリンピック、日本もメダル獲得しましたね
過酷な寒さの中で、実力を発揮することはとてもすごいこと。
人間ってすごいな~とただただ感動します。


オリンピックの話の後に自分のことを書くのは、とってもおこがましいのですが、
バレエの発表会の練習も追い上げに入ってきました。
なんとか形がまとまるようになり、少し安心。
でも油断は禁物。ひたすら練習して振りを身体に叩き込ませなくては。。。

 

 

さて、北海道編の続きです。
しっかり朝食を頂いて、ホテルからタクシーでこちらに来ました。

前夜の北島三郎ファンのタクシーの運転手さんに、
まずは高い位置までタクシーで行って、それからジグザグに歩いて回るといいよ~と
教えて頂いたとおりに行きます♪


この旧ロシア領事館は、函館山の斜面の洋館群の中でも
少し離れた場所に位置するので、こちらからスタートすることにしました。
塗り壁のように見えますが、赤い部分はレンガ積みされています。白い部分は漆喰。 

 

函館の最初の洋館建築は、1859年(安政6)に建てられた
函館ハリストス正教会と伝えられているのですが、
その敷地内に建設されました。

玄関の屋根が唐破風で、東洋的です。
函館の洋館は、和洋折衷のタイプが多いことも特徴です。

建築主はロシア帝国で、設計者もロシア人。
施工は函館の棟梁、佐藤誠氏です。


函館は、寒く火を使うことからか、昔から火事が多かったそう。
1907年に、この領事館も正教会も、函館の大火で焼失してしまいました。
そして、現在の位置の旧領事館は、1908年(M41)に建築されました。

残念ながら、内部は非公開です。
若干、痛みが目立ちます。せっかくの建物ですから、
行政なり、民間なりで修復、有効活用されるといいなと思っています。 


門柱のレンガの色合いが2種類。
傾いて見えるものもあります。
門扉も閉められているので、敷地の中に入ることも出来ません。

 

なかなかお洒落な雰囲気が漂っています。
日本に現存する、ロシア帝国時代の在外公館建築で、貴重な建物です。

見学が出来なかったので、待っていてもらったタクシーに乗って次のお目当てへ~  

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ラビスタ函館ベイ☆(ver.1)

2018年02月09日 | ★おでかけ & お食事(東日本)

 

 

 

 

昨日は関西で知り合えた友人とテーブルウエアフェスティバルにお出かけするする予定でしたが、
友人のお子さんが高熱を出されたので、残念ながら一緒にお出かけできませんでした
今は、インフルエンザが大流行しているので、心配です。。。
どうしようかなと思いましたが、時間を空けていたので、出かけてきました。
今年は、へぇ~と思うような食器があり、食器も進化するんだな~と思いながら、
たくさんの美しい食器を見ながら楽しむことが出来ました
また画像の整理が出来たらUPしますね

 

 

 

さて、北海道旅行編の続きです♪
朝早くに家を出て、札幌に寄って、美しい赤レンガ庁舎を見て、
クリスマスマーケットでケーテウォルファルトのオーナメントも購入出来て、
そして函館に着いてからは、とってもキラキラとした美しい夜景を見て、
美味しい海鮮と日本酒を楽しんで、
ようやくホテルに戻ってきました

ホテルもクリスマス仕様  

 

 

 

 

 

お部屋は和モダンなテイスト。
この低いベッドがかなり良くて、ゴロゴロしました
手前のソファの横に大きな窓があり、函館山とベイエリアのクリスマスツリーを
眺めることが出来ました
何枚か写真を撮ってみたのですが、防寒用の分厚いガラスのせいか、
満足な写真が撮れませんでしたので、割愛させて頂きます。。。


ホテルの最上部には温泉と露天風呂があり、夫はそちらへ。私はお部屋のモダンなお風呂に。


翌朝、朝食はレストランでのビュフェ式
夫は、夕食か?と思うような定食を平らげていました。 

 

私は洋食で。ちょっと色合いが悪く映ってしまいましたが。
ヨーグルトが、ギリシャ風ヨーグルトで、これが美味
毎日これを頂きたい
牛乳も甘くて濃くて美味しい~
パンもモチモチ
そしてプリン ホテルオリジナルのプリンですが、とっても優しい甘味の味で、
美味しかったなぁ~

 

牛乳はこれでした
ボトルも素敵 

 

展望フロアからの眺め
お部屋からも、同じような景色が見られます。
雪が降っていなかったので良かった!
今日も頑張っていっぱい歩きま~す 

ものすごい量の朝食を頂きましたが、この日は、なんと雪道を2万歩歩きました~

いよいよ、函館ベイエリアの洋館巡りスタートです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

函館 海寿で夕食♪

2018年02月07日 | ★おでかけ & お食事(東日本)

 

 

 

 

函館山の夜景を見てから、ホテルの方に教えて頂いた、おすすめの夕食処へ向かいました。
タクシーの運転手さんも、そこは美味いよ~と言っていたので、楽しみです♪

実は、友人に美味しかったお店を教えてもらっていたのですが、
函館駅まで出ないとならなくて、さすがに疲れてしまったので
ホテルの近くで食べたいなと思って。

ホテルからすぐ近くのお店。
店内に生け簀があります。画像は撮っていないけれど。

まずは、サッポロビールで乾杯~美味しい
普段はビールは飲みませんが、その土地のビールはなかなか美味しいですね

お刺身を少しずつ  月並みな言い方だけれど、甘くてとろける
そして、函館と言えばイカ イカ刺し、美味でございます~(古い^^!)
ニシンの燻製、だったと思う、これもまた日本酒に合います 

 

お店の方にお勧めされた日本酒を頂いてから、飲み比べセットを
最北の酒造の「国稀」が、最高に美味しかった
カニチャーハンも美味しかったなぁ~ちょっと食べすぎた感がありますが、
いいお店を教えて頂けました 

 

食後は、赤レンガ群を見ながらホテルへ 

 

 

 

ホテルのお部屋からも、このツリーが見えるお部屋を予約しておきました
やはり、クリスマスの時期はいいですね 

 

つづく~♪ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

美しい!!函館の夜景☆

2018年02月06日 | ★おでかけ & お食事(東日本)

 

 

 

 

先週は、時間さえあればバレエの発表会の振りを練習していました。
踊りの内容、順番などは覚えられたのですが、
いざ音楽が鳴ると気があせるのか、きちんと動けていません。
ただ、先生にもメンバーにも、すごい練習したでしょ~!と言ってもらえました。
それでも一番出来が悪いので、発表会当日まで、とにかくひたすら練習するのみ!!
今は、来月に予定している庭の工事やら、他にもいろいろ考えなくてはいけないことが
あるのですが、バレエのレッスン中は、本当に無心になれるので、
すっきりします。すごいなぁ~バレエ

 

 

 

さて、北海道旅行の続きです。
ホテルに到着してから、タクシーを呼んでもらって函館山へ~
日本人はいるのか?と思うほど中国、韓国の人たちが多い。
多いのはいいのだけれど、本当に声が大きいなぁ~
ロープウエイに載っている時、眼下にこんなに綺麗な夜景が見えるのに、
怒鳴り散らすかのような会話が・・・気分が台無しになるわ。。。

展望台からは本当に、美しい夜景が
函館の独特の地形がいいですね~
街の両側が海なんて!
何枚か画像を撮りましたが、これが一番綺麗かな

 

夜景を見てから、またタクシー乗り場へ。
函館は坂道の街なので、雪がなければ歩いて行きたいところですが、
雪に軟弱な東京人ですので、旅行初日に坂を転げ落ちたくはないので
タクシーに乗って

そしたら、乗ったタクシーの運転手さんがとってもいい方で!
旅行で来たというと、まだ函館のベイエリアは回っていないなら、
少し回ってあげようかと

函館のベイエリアの洋館群の夜のライトアップの様子も見てみたいと思っていたのですが、
翌日の夜は来られるかわからなかったので、是非!!とお願いしました。

いろいろな解説と、翌日日中に来る時の、回り方なども親切に教えて下さり、
写真を撮りたいと思った所は、降ろしてくれて、本当にありがたかったです

こちらはカトリック教会
夜の教会の姿ってけっこう好きです。 

 

 ここ!!一番見たいと思っていた函館区公会堂


素晴らしい~

 

函館区公会堂を少し下ったところから。 

 

この坂は有名な八幡坂
道路にヒーターが埋め込まれているそうです。雪がありません!

 

降りてくると、宿泊するホテルが見えました。
この運転手さんのおかげで、だいたいの距離感や場所が掴めて、
翌日の洋館巡りがとっても周りやすかったです
この運転手さんが本当に良い方で良かったなぁ~本当にありがとうございました 

まだまだ北海道編、続きます~宜しければお付き合い下さい 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

函館に着きました♪

2018年02月01日 | ★おでかけ & お食事(東日本)

 

 

 

昨夜は皆既月食でしたね。
夜10時ごろ2階の南側の窓をあけて見てみました。
普段の月の色と違った赤銅色が不思議でした。
天文はなんだか不思議でロマンがありますね~

 

 

 

辺りが真っ暗になったころに函館に到着
札幌に比べると、少しこじんまりとした雰囲気です 

 

駅前にも雪がしっかり  イルミネーションも綺麗 

 

地図でホテルの場所を頭に入れていたはずですが、
現地に着くと、え?どっち??となってしまいます。
夫は野生の感があるのですが、たまに大外れすることもあるので、
念のため、駅の観光案内所で行き方を確認して外に出ました。 

 

タクシーで行くのは簡単ですが、せっかくなので函館の市電に乗りたいと思って市電乗り場へ 

 

十字街という駅で降りて、しばらく歩きます。
かなり雪が積もっていたので、スーツケースをあらかじめホテルに
送っておいて本当に良かった。
最低限の手荷物を持っているだけなのに、
えっちらおっちらと歩いてホテルの近くまでやってきました。
見える赤レンガの建物は、有名な明治館です

 

やっとホテルに着きました。
クリスマスツリーがロビーに飾られていてワクワク 

 

つづく~ 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

札幌 時計台を見て、函館へ  

2018年01月30日 | ★おでかけ & お食事(東日本)

 

 

 

バレエの発表会まであと1か月。。。
前回より、通常レッスンのあとに1時間延長レッスンを先生が行って下さることになり、
これまで以上に真剣にバレエ漬けに、身体を引き締めるように頑張らなくてはいけません。
でも。。。一番出来の悪い私。。。なんだか1テンポずれてる気がする
先生、メンバーの皆様、すみません・・・精一杯がんばります。。。
練習するのみですよね。悩むより

 

 

 

ミュンヘン・クリスマスマーケットを後にして、JR札幌駅へ向かいます。
途中、有名な時計台が出てきます。
見るのは3回目かな? 

 

 

1878年(M11)に北海道大学の前身、札幌農学校の演武場として建てられました。 

 

北海道開拓使工業局の安達喜幸氏の設計です。
開拓使が関わっているので、赤い星が付いていますね。
時計台には、全部で赤い星が17か所付いているそうです。

赤い星の付き方は、単なるデザインに寄るものなのか、意味があるのか、
良く分かりません。

 

函館に向かう特急スーパー北斗の時間が迫っているので、内部は見ずに駅へ。
大急ぎで駅弁を購入し、乗り込みます
北海道ならではの駅弁とお酒 

 

そして、とっても惹かれた「焼きとうきび」
これが、なかなか美味しかった~
欲を言えば、もうすこしトウモロコシの粒をもう少し固めてくれているといいなぁ~
一粒一粒がパラパラしちゃうと食べにくかった
でも味は美味しかったです~おつまみにもなります ♪

 

せっかく北海道に来たのだから、雄大な景色も見たいと、
函館まで電車で、車窓から景色を見る予定にしていましたが、
案の定、爆睡しました。
時々目が覚めた時に、雪景色を見ることが出来ました 

 

札幌から函館までの電車は、ほぼ太平洋側を走るので、海が良く見えます。
時間は4時間くらいかかりますが、時間に余裕があれば、のんびり良い景色が見られそうです 

 

 もうすぐ函館に着きます~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2018 札幌 ミュンヘン・クリスマス市でケーテウォルファルト♪

2018年01月23日 | ★クリスマス

 

 

 

 

雪、降りましたね~積もりました~!
玄関ドアの前にも、雪が吹き込むので、夜積もって、朝ドアが開かないかもと思い、
昨夜、ドアの前を雪かきしておきました。
今朝も心配で、起きてすぐにドアを開けてみたら、
雪かきした後は吹き込まなかったようで、スムースにドアが開いて一安心。
夫が出るまでに、お湯を沸かし、歩く部分の雪を溶かしました。

門扉も念のために開けておいたのですが、開けておいて良かったです。
外はそれなりに積もっていたので、門を閉めていたら大変だったと思います。
駅までの道も、凍っているかもしれないので、
夫は北海道で結局使わなかった、雪道用アタッチメントを靴に取り付けて行きました。

今日も、お昼ごろになったら、雪かきの続きをしなくては~

 


 

さて、北海道庁旧本庁舎を見た後は、札幌大通り公園へ向かいました

 

分かりますでしょうか^^?
ミュンヘンクリスマスマーケットが開かれているのです
札幌とミュンヘンは姉妹都市で、こうやってクリスマスマーケットが
毎年開かれています 

 

ドイツのように、小さな小屋のお店が並んでいます。
平日の昼間なので、ちょっと閑散としていますが、
夜は、イルミネーションも光、とても綺麗で賑やかだそうですよ~ 

 

朝が早かったので、こちらで白のホットワインと、ニュルンベルグソーセージを頂いて、
気力と体力とを回復 

 

こちらのクリスマスマーケットでのお目当ては、もちろん、
ケーテウォルファルト
六本木のクリスマスマーケットで購入出来なかったオーナメントを追加で購入

木馬と 

 

クリスマスツリーのオーナメント
本当に素敵~
もうひとつ欲しいものがあったのですが、そちらは日本に入荷していないとのこと。
来年入荷するように楽しみに待ちます
まだプライスが付いていますが、この後丁寧に取り外しました

 

ケーテウォルファルトの出店は、六本木と札幌、羽田空港(こちらも、もちろん寄りました)
だけだそうで、札幌のお店にも寄れて大満足
まったく行列もなく、お客様の少ない時間帯だったので、ゆっくり楽しみました。

札幌には、北海道庁と、このクリスマスマーケットのために寄ったのですが、
夫が、随分高いクリスマスオーナメントだな~と言っておりました
いいじゃないの~大満足なんだから 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

北海道庁旧本庁舎 赤レンガ庁舎内部

2018年01月18日 | ★ヴォーリズ&その他近代美建築(東日本)

 

 

 

昨日1月17日は、23年前に阪神淡路大震災が起きた日でした。
23年前。今もあの日に朝起きてテレビに映っていた映像を思い出します。
昨日の朝のニュースで現地での黙祷の時間に手を合わせました。 

今、NHKのBSで「平成細雪」が放送されています。
「細雪」は大好きで何度も読み、過去の再放送なども見たことがありますが、
今回は、バブル崩壊後の平成に時代を移してとのこと。
お話そのものより、私が楽しみだったのは、舞台である阪神間の景色が見られるかな~
と思っていました。
阪急芦屋川駅や夙川が出てきて、なんだか懐かしく、嬉しく思うとともに、
もう2度と、素晴らしいあの街に災害が起きませんようにと祈りました。

 

 

 さて、北海道庁旧本庁舎。 赤レンガ庁舎に入ってみます。

 

入り口を入ると正面に3連アーチ。
階段も裾の方がカーブを描いていて優雅な感じです

 

 

 

 

 

 内部は、いろいろな資料が展示されています。

 

こちらは旧北海道長官・知事室です。 重厚な雰囲気です。

 

 

 

 

 

表に出て、建物の左手に回ってみました。 


綺麗な青空に赤レンガが映えています 

 

除雪された雪がこんなにあったのですよ~ 

 

 

 

お天気が良かったので、雪道用のアタッチメントは付けずに歩きましたが、
やはり、慣れていないので、恐る恐る・・・
けれど、同じ道を歩いていた、札幌のサラリーマンやOLさんたちは、
普通の靴やパンプスで小走りしていてびっくり~ 

慎重に、でも早めに次の目的地へ~

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

北海道☆北海道庁旧本庁舎 赤レンガ庁舎

2018年01月16日 | ★ヴォーリズ&その他近代美建築(東日本)

 

 

 

 

今日からは、昨年12月に出かけた北海道旅行のことを、
記録を兼ねてUPしていきたいと思います。
宜しければお付き合い下さい

朝早くに家を出て飛行機で新千歳空港へ~

前日まで北海道のお天気は荒天で、まず飛行機が飛ぶか、が不安だったのですが
当日は晴天 神様が味方してくれました

雪が結構降っているとのことだったので、モコモコの防寒ブーツに、
雪道用のアタッチメントも準備、貼るカイロ10枚入りを3袋用意していきました!

上空からの景色もきれいです。 富士山も見えていますよ~ 

 

こちらは青森県上空だと思います。
八甲田山かな・・・?調べていないので不明です 

 

新千歳空港に着いたらすぐにJRに乗り換え。
札幌で寄りたいところが2か所だけあったので、札幌に寄ったのですが、
お昼過ぎには、函館へ向かう予定にしているので、時間を無駄には出来ません。
普段のんびり歩いていますが、旅行中はテキパキ早歩きです。
車窓から見た、初の雪景色です
なんだか気持ちがいいです~ 

 

札幌で見たかった所は、そう、こちらです
北海道庁旧本庁舎、赤レンガ庁舎です。

 

札幌には、過去2回来ていますが、まだ近代建築に興味を持っていなかったので
じっくり見ていなかったのです。
前回、近くを通りかかった時に、何か、赤レンガの綺麗な建物がある、とだけ記憶していたので、
ゆっくり見たいと思っていました。

 

 

 立派な門柱ですが、表札が、一般家庭の表札のような感じで、なんだか可愛らしい~ 

 

こちらも、中国の方がとっても多かった~!! 画像に映っている人たちはみんな中国の方でしたよ。

 

記憶では、とても大きかったと思っていたのですが、こじんまりと小ぶりで素敵です 

 

夜はライトアップや、クリスマスイルミネーションが灯るようです。
カメラのレンズに指がかかっていてスミマセン 

 

赤レンガに銅板葺きのドーム、いいですね~
ドームは、当時のアメリカで独立と進取のシンボルとしてよく用いられた建築様式なのだそうです。
換気塔の、赤レンガの組み合わせも、とても凝っているんですよ~ 

 

設計は北海道庁の平井晴二郎技師。
アメリカ風のネオ・バロック様式のレンガ造りです。 

 

青空に赤レンガが映えます 

 

ドーム下の三角屋根の下の赤い星のマークは、北海道の開拓使のシンボルマークだそうです。
確か、サッポロビールにも用いられていますよね。

 

使われている約250万個の赤レンガは、北海道で製造されたものだそうです。 

 

広大な北海道の大地に根付くような、どっしりとした石造りのアーチが素敵です。
 

 

北海道に明治政府が開拓使を設置したのは、1869年(M2)。
札幌に開拓使本庁舎が設置されたのが1873年(M6)。
その後焼失し、1888年(M21)に赤レンガ庁舎が完成しました。 

 

寒い北海道で、今よりもモノを運ぶのも大変だった時代に、
こんな素晴らしい建物を造るなんて、並大抵のことではありませんね。 

明治時代の赤レンガ庁舎も火災にあい、復元工事が完成したのは、1967年(S42)。
1969年に国の重要文化財に指定されました。 

 

つづく~

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

お正月花

2018年01月13日 | ★お花 ・ フラワーアレンジメント

 

 

 

 

玄関に飾ったお正月のアレンジメント。
ここ数年はネット注文しています。 

 

 毎年お馴染みの鏡餅、神戸の友人から頂いた、京都の石鹸屋さんのぽっくり、
これは、今年も元気にお出かけ出来ますようにとの願いを込めて、
鶴岡八幡宮の干支の木彫り。戌というより小熊に見えてしまうのですが。。。

もう1つの戌は、母のお手製、ソープカービングのスヌーピー。
ちょっと顔が、スヌーピーって、こんな顔だったかな?とも思いますが、
ご愛敬ですね。

今はお花はガラスの花活けに移し替えています。

折敷の下に敷いたものは、随分前に、ご実家が呉服屋さんの友人の結婚式での
引き出物で頂いたもの。
しっかりとした生地に、おめでたい絵柄が描かれています。
頂いた当時は、なかなか思うように使いこなせないと思っていて
大切に保管していました。ようやくお披露目できました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

初詣 鶴岡八幡宮

2018年01月12日 | ★おでかけ & お食事(東日本)

 

 

 

 

寒いです~家の中は暖かいのですが、いつになく頭が痛いです

 

さて・・・初日の出の光の中で、お節料理を頂いてから、弟夫婦を逗子の家まで送り、
そのまま葉山へ行き、車を置かせてもらい初詣へ出かけました 

 

ホテルの中は、綺麗なお花がたくさん飾られています 

 

 

 

お正月の間は、鎌倉は車が基本的に入れないので、電車で行きます。 

 

 4回くらいロープ規制にかかりましたが、思ったより早くお参り出来ました。

 

食べすぎのお正月なので、境内を歩きました。
鶴亀石。どっちがどっちなのでしょう~? 

 

小町通りや、その近辺を1時間くらい歩いてから、予約していたイルシレーネへ。
何度か利用していますが、正直いうとお店のスタッフの愛想が良くない。
昨年はシェフ以外に女性のホールスタッフのみで、女性スタッフがにこりともしない方で・・・
今年はどうしようかと思っていたのですが・・・
が・・・お料理の味は、ものすごく好みなのです



今年は、女性スタッフが感じの良い方でした。
厨房にも女性が1人いらして、その方は優しそうなかた。
ただ、お店に一生懸命な雰囲気が漂っていて、
イタリアンに欲しい、陽気さがなかなか感じられない・・・お正月だからかな?
でもね~やはり、美味しい
パスタは、ニョッキと黒キャベツのゴルゴンゾーラソース、これが頂けて大満足
グラスワインの赤と良く合いました

お正月の食べ納めも無事にすみました

 

 

若宮大路に、豊島屋の洋菓子のお店がありました。
新しく出来たのかな?

 

ゆるきゃらも 

 

駅前は、人出は多いのですが、なんだかのんびりとした雰囲気があって、いいな~ 

 

八幡様では、家に置く強運掴み矢と、車のお守り、それから両親に身体守りを購入しました。
夫もお揃いで購入した、オリンピックの限定柄ですお守りにぴったりの柄ですね~

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2018 初日の出☆

2018年01月10日 | ★おでかけ & お食事(東日本)

 

 

 

3月のバレエの発表会に向けて、もう少しルルべで、安定して移動できるように、
昨日から、家の中でもルルべで歩くようにしています。1日中ではないですが。
小さなことでも、すぐに出来ることはすぐやるようにしていきます

 

 

 

今年も初日の出を見ることが出来ました
前日の天気予報では、曇りがちとのことだったので、どうかな~と思っていましたが・・・
 

 

今年は3階のテラスから見たので、街灯が入ってしまいました。
綺麗ですね~海面に続く光の道って、なんだか良いことが先に待っている、
良いことへ続く道のように思えて、胸がドキドキします
 

 

美しい初日の出を見てから、朝食へ 

 

 

 

今年は、両親が自宅で静かに過ごしたいというので、
弟夫婦と4人だったので、個室ではなく、初日の出の光の差し込む窓側のテーブルです。
優しい光の中で、1年で一番最初の朝食を頂けるなんて 

 

こんなに素敵なおせち料理を、テーブルに着いただけで出して頂けるなんてありがたいですね 

 

 

 

デザートは鶴亀のお餅でした(餡子が入っていて美味しい) 

 

もう一度~
初日の出が上がった瞬間です 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加