Una voce poco fa・・・

日々のつぶやき、舞台の記録など。。

芸文「フィガロの結婚」1回目

2017年07月15日 | 舞台
兵庫県立芸術文化センター 大ホール 14:00 3階3LA列2番 ¥3,000

楽しかったよ~♪
ワークショップで聞いていた通り、安心仕様の「フィガロの結婚」でございました。
フィガロが「セビリャの理髪師」と同じ人物だから、こっちでも髪を扱うというのは少し前の映像で観たグラインドボーンのを思い出しました。

同キャストのゲネプロを見た人の感想があまりよくなかったから心配していたけど、そんなに悪くなかったよ?
第1幕はアリアや重唱に入るところでなんかテンポが悪かったり、オケがばらついたり、流れが止まっちゃう感じがあったけど・・・後半は気にならなかったな。
今日の席は佐渡さんを上から見下ろす感じだったけど、佐渡さんって殆ど歌手にキューを出さないのですねぇ。
気になったのは、スザンナ役の中村恵理さんは・・・暗めの声なのですねぇ。期待していたのだけど、声量が無くて聞こえないところも結構あったり。私の席のせいかしら?
フィガロは低音が全然出てなくて、こうなるともう私の頭の中ではダーリンの歌声に自動変換
特に序盤はフィガロもスザンナも単調な感じだったけど、どちらも第4幕に向けて調子を上げてきた感じでした。
伯爵とマルチェリーナが良かったな。高田さんは「セビリャの理髪師」のフィガロ役もブラボーだったもんね。
ケルビーノが外人さんだったのがちょっとビックリ。そういえば最初に発表されたキャストの中にケルビーノは入ってなかったねぇ。

3階バルコニー席、それも舞台にものすごく近い席では照明や美術はあまり味わえなかったけど、それはまた来週のお楽しみね~。
今日は変なところで拍手をしたりブラボーを叫びまくる人が居なくて平和に見ることができました。


歌劇「フィガロの結婚」(全4幕/イタリア語上演・日本語字幕付き/新制作)

アルマヴィーヴァ伯爵: 髙田智宏
アルマヴィーヴァ伯爵夫人: 並河寿美
スザンナ: 中村恵理
フィガロ: 町 英和
ケルビーノ: ベサニー・ヒックマン
マルチェリーナ: 清水華澄
バルトロ: 志村文彦
バジリオ/ドン・クルツィオ: 渡辺 大
アントニオ: 晴 雅彦
バルバリーナ: 三宅理恵

合唱: ひょうごプロデュースオペラ合唱団
管弦楽: 兵庫芸術文化センター管弦楽団
チェンバロ: ケヴィン・マーフィー

指揮: 佐渡 裕
演出: デヴィッド・ニース
装置・衣裳: ロバート・パージオラ
照明: 高沢立生
声楽コーチ: ケヴィン・マーフィー, 森島英子
合唱指揮: 矢澤定明
演出助手: 飯塚励生
プロデューサー: 小栗哲家
舞台監督: 大洞邦裕
【上演予定時間 第1幕:50分/第2幕:50分/休憩:25分/第3幕:40分/第4幕:40分】
(合計 約3時間35分)

『マエストロ佐渡裕が贈る大人気オペラ・シリーズ!
今年はオペラの魅力満載、モーツァルトの天才弾ける傑作「フィガロの結婚」です。
1幕のフィガロのアリア“もう飛ぶまいぞ、この蝶々”、2幕で伯爵夫人が失われた愛を嘆く“愛の神よ、安らぎをください”、少年ケルビーノが歌う“恋とはどんなものかしら”など、まさに全編が聴きどころ!スザンナ役のリディア・トイシャー、中村恵理、伯爵夫人役のケイト・ロイヤル、並河寿美をはじめとする、豪華歌手陣が紡ぐ至福の時間にご期待ください。
演出・美術は、2014年「コジ・ファン・トゥッテ」を手掛けた、メトロポリタン歌劇場首席演出家デヴィッド・ニースとロバート・パージオラのコンビ。精緻でエレガントなデザインとウィットに富んだ演出で、現代における王道演出の決定版と言える舞台をお贈りします。』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« りつこさんとデート | トップ | テレビでスタレビ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。