machi姫

美しさと健康を あなたへ
 
  
漢方療法師



メモメモ。。。借りて来ました。

2017年02月22日 | スピリチュアル




仏陀は、釈迦族の王子であり
将来その王国を継ぐことを約束されていました。


それでも、仏陀が王国を捨てたのは

王国よりももっと大切な真理を求めたからです。

たとえば死後、この世のものは
すべて残していかなければなりません。

学歴であるとか財産は
死後の魂には関係のないことなのです。


であるならば
生前も死後も変わらぬ大切なものを
今から求めるほうがよいというわけです。


その大切なものは

霊的なポイント=徳です。


学歴や財産、この世の地位を
否定するものではありません。


それどころか

霊的なポイント=徳を高めるために

そうしたものが必要であれば

道具として大いに活用してください。


目的は徳を高めること。

その他のものは、道具に過ぎないのです。



孫 将人さんより















死ぬ前に、物欲を捨てる事が出来たら

楽な生き方が出来る。

今、持っているものは 与えられたもので、

現世を去る時は すべて置いていく。

自分の身体さえ無くなってしまう。

魂だけは 永遠に生き続ける。

まだまだ、生きる修行が中途半端な 私です


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の映画は、サバイバルフ... | トップ | 我が家の 美人姉妹 アルバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。