愛のつるし一回転飛行機

けん玉姉のけん玉普及活動日記。
2008年秋、転移性乳がん患者となる。
病気のこと、日々の生活なども。

更なる菅の隠蔽暴露に加計補助金詐欺も報道

2017年07月12日 | スピリチュアル

 驚いたことにあの連中は閉会中審査で新しいネタが出なくて喜んでたとかで、どこまで国民の空気が読めてないのか愚かすぎる。

 相変わらずいばりくさった態度で自分たちに都合のいい事だけ言って全くまともに詫びる対応が見られず、逆に、問題が何もない人にありもしない関係のない難癖をつけて自分の事をせめさせないようにだけしようとしてるとてつもない汚さ、卑怯さだけが際立った会見にどれだけ国民の怒りが増大したのかまるでわかってないようだ。

 あれは彼らにとって最悪の流れを作り出したのだ。

 もう、二度と彼らがほんのわずかでも良く見てもらえる可能性の全てが打ち消されたのだ。

 どれほどの悪党でも改心する可能性があるものだがどれだけ自分らが私利私欲で人を虐げてきても悪状況は何でも人のせいにだけし続けてきたあれらだけはそんな可能性は微塵もないと天下にその醜さをさらけ出した狂気の沙汰だったのだ。

 あの閉会中審査によって国民の空気は単なる怒りを通り越して今の生活の厳しさはこいつらが全部、好き勝手やったせいで作り出されたんだなというこれまでにない深い理解を得させ、とほうもない憎悪感も生み出されたと言える。

 もちろん、しんぞうがその全てを作ったのも明快で、その上、まだ罪を重ねて領収書公開を隠蔽してお金を使いまくった状況をごまかそうとしたり、加計の森友どころではない巨大補助金詐欺もばれだしたり、加計当人についての調査報道も始まってる。

 ごまかそうとすればするほど国民の怒りが高まり、さらにまずくなることがどうしても理解できない愚かさが彼ら自身を追い込んだ。

 ずっと卑怯な事やって悪事を働いてきた者はどうしてもごまかしたい気持ちに勝てないのだ。余計な事をしてはさらに追い込まれるわけだ。

 そのままどこまでもひどくなってしんぞうともども、その協力者の全てが滅ぶ現実が観測できる状態かと思います。

 その観測感が集団観念動力とも言うべき巨大な意識エネルギーとして今、働いています。

 しっかり意識して念じてやっていて下さい。

 

 

 今日の順位は?あなたのクリックでランキング上昇中
1日1回お願いします~~ポチっと押してください。

広島情報は広島ブログでばっちり

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エネルギーバランス調整と終... | トップ | 審議受け入れに新潮の新たな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スピリチュアル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。